滑舌練習の前の、基礎の基礎トレーニング

滑舌をよくするために、「早口言葉を速く言う練習」にすぐにとりかかってしまう方がいらっしゃいますが、滑舌をよくするには、基礎としてまず「音を調える」必要があります。
滑舌をよくするためのトレーニングを一度も行ったことのない方は、早口言葉を活用する前に、まずはひらがなの50音表をつかって「調音」を行いましょう。「調音」とは、文字通り、音を調える(ととのえる)こと。50の音と、濁音、鼻濁音、撥音など、日本語で使用されるすべての音が、正しく発音できるようになるための練習からはじめましょう。
50音表の使い方はいろいろあります。「あいうえお かきくけこ」と順番に読んでいってもよいですし、「あえいうえおあお かけきくけこかこ」などの順に読んでいった方が、口をよく動かさなければならない分、口のまわりの筋肉を鍛えることができて、より効果的かもしれません。

◎一音一音、しっかりと口をあけること。
口のまわりのどの筋肉を使用されているのか、つねに意識しながら「筋肉をトレーニングしているのだ」という意識をもって、しっかり口を動かしましょう。日常会話では絶対にそんな不自然な話し方はしない、というくらい、しっかり動かした方が、トレーニングになります。たとえば、「う」の音を発音する場合には、これ以上口が前に飛び出す事はないだろうというくらいまで、しっかり口をすぼめて前に突き出すようにします。
滑舌の練習は、「慣れ」ではうまくなりません。「筋肉」を鍛えなければ、上達しないのです。

◎速く言おうとしないこと。
筋肉が鍛えられていないうちは、速く言おうとしないようにしましょう。その音を発音するのに必要な筋肉が鍛えられていない段階で速く言う練習をしてしまうと、筋肉に変な「クセ」がついてしまい、正しい発音からは遠ざかってしまいます。一音一音、きちんと発音できているか確かめながら、はじめは「ゆっくり」音を出す練習をしましょう。

◎毎日練習すること。
他の運動と同じく、筋肉は、継続的に訓練しなければ鍛えることはできません。毎日少しずつ、調音のトレーニングを行うようにしましょう。歩きながらでも、他のことをしながらでも、調音のトレーニングはできるはずです。歩きながらの練習が恥ずかしい時は、マスクをするとよいでしょう。

◎可能であれば、他の人と一緒に練習すること。
自分では正しく発音できているつもりでも、実はできていない、ということがよくあります。可能であれば、誰かと一緒に練習をしたり、聴きとりにくかった音を指摘してもらうなどするといいでしょう。他の人の発音を聴き、指摘をすることは、耳の訓練にもなり一石二鳥です。

口の周りの筋肉が疲れたな、と感じませんか。それは、調音のトレーニングをしっかり行えている証拠です。継続していくうちに筋肉が完成してくると、何も感じなくなります。そうしたら、早口言葉にとりかかってみましょう。調音のトレーニングと同じ方法で、まずは一音一音ゆっくり発音するところからはじめるとよいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s