意外にも簡単・短時間でできる、ボイストレーニング

歌手になりたい!というのは儚い夢かもしれませんが、もう少しだけ自分の歌唱力をUPさせたいと思う方は少なくありません。そんな方が簡単でしかも短時間でできるボイストレーニングを以下、ご紹介致します。

■寝る前にストレッチ&腹筋

歌唱力の一つキーポイント、それは体の柔軟性と腹筋です。体が柔らかいと怪我をしにくいと言いますが、効果はそれだけではありません。毎日のストレッチにより、効率の良い筋肉を保つことができます。歌を歌う時は、喉だけでなく体の様々な筋肉を使うので、効率よく働く筋肉が必須です。ですから、毎晩寝る前にストレッチをして下さい。段々歌唱力への効果が表れてくるでしょう。

また、歌唱力に腹筋は不可欠です。歌を歌う時、声は腹から出すのが基本です。その腹に力が入らないと奥深い声を出すことができませんから、毎日腹筋を鍛えることにより、さらなる歌唱力UPを図りましょう。

■ペットボトルの空気を吸い上げる

歌唱力と肺気量も深い関係にあります。オペラ歌手のほとんどは胸板が厚いことにお気づきかもしれませんが、実は肺気量が関係しているのです。そこで、1.5リットルのペットボトル(もちろん空の)の空気を一気に吸い上げる練習をしてみましょう。

これが意外に難しいのですが、これが一気にできるようになれば肺気量が高まり、質の良い声を出すことができます。一気にやると脳の酸素不足になるかもしれませんから、これは少しずつ、段階を踏んでの鍛錬と考えるとベストです。

■歌唱力のある歌手のものまねをする

意外な練習法ですが、歌唱力抜群と思える歌手、または自分が憧れる歌手のものまねをするのも歌唱力UPにつながります。言語力と歌唱力の共通点ですが、言語力に長けている人は往々にしてものまねがじょうずです。外国語を上手に話す人のものまねができるからなんですね。

実は歌唱力も同じ脳を使っていて、ものまねが上手にできる人は歌唱力の伸びが早いのです。歌唱力の高い歌手(例えば、美空ひばり等)のものまねをしてみましょう。どんなふうに歌っているのかよく観察し、まねして歌ってみるのです。そうすると、不思議と自分の歌唱力がUPしていくのを実感できますよ!

■カラオケボックスで練習

体と喉と腹の基礎ができたら、後は練習あるのみ。カラオケボックスに行って色々な曲を歌って練習しましょう。もちろん、公園やその他歌っていてもおかしくない場所での練習もありですが、カラオケボックスなら思う存分歌えますし、メロディが流れていますから歌唱力と同時に音感を鍛えることもできます。ですので、一番のオススメはカラオケボックスです。

以上の点を踏まえ、気合を入れて歌唱力UPの訓練を行うことにしましょう!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s