ボイストレーニング〜ロングトーンの練習法

ボイストレーニングでなかなかうまくロングトーンがでないという相談を受けることがあります。ロングトーンをしてもすぐに声が震えてしまいうまく響かないという悩みです。この場合舌が長いために声が震えてしまう場合もありますが、多くの場合練習すると安定したロングトーンができるようになりますのでぜひ行ってみましょう。

基本的に歌を歌う時と話すときは出している音の長さに決定的な違いがあります。当たり前ですが話すときは、声を伸ばし続けることはほとんどありませんね。掛け声をかけるときやヤッホーというときは声を伸ばすかもしれませんね。しかし歌を歌う場合は、どうでしょうか。ほとんどが、話すときよりも、声を長く伸ばしていることが多くなってきます。ですから普段は伸ばすことがないので意識して声を伸ばす練習がボイストレーニングでは必要になっていきます。

発声練習法の一つとして下の母音から行ってみることが大切です。「ア」は難易度が高いので「ウ」や「オ」からおこないます。まずは裏声でも地声でもいいので自分の出しやすい音でウーーーーー、やオーーーーーと10秒ほど出してみましょう。これは立った状態でも座った状態でも良いです。慣れてきたらアーーーーーをおこないます。これを、裏声、地声両方交互に行ってみます。大切なのは、声の響きなので響きを意識しておこなうと良いでしょう。頭の中で響くイメージを考えながら、楽な姿勢でおこないましょう。この練習を15分くらいおこなうと声が出やすくなり、震えなくなり安定してきます。

またロングトーンの安定させるには発声時の声を安定させることに等しいといえます。震えてしまう場合は発声時の息を鍛える運動も大切です。息を安定させるということは、吐き出す際の息の量を均一にするということです。

その効果的な練習方法をお伝えしましょう。まず口の前に、人差し指を出します。その人差し指に対して、強さが一定になるように息を吐き続けます。だいたい30秒間、一定の強さで吐き続けることができるようになればロングトーンは必ず安定します。

注意点ですが、ロングトーンの練習はやりすぎると貧血をおこしたり具合が悪くなることもありますのでムリのならない程度に少しづつ練習を行いましょう。また鼻炎の持ち主は、声の響きを保ったり安定感を出すことを多少妨げることもあります。ロングトーンにも、影響することも考えられますので、認識しておくと良いでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s