ボイストレーニングの基本はインナーマッスルを鍛える

ボイストレーニングの基本中の基本は声をしっかりと発生させるということになります。所謂声量というものが足りないと、いくらしっかりとした音程が取れている歌声でも、聞く人にとっては物足りない歌声に聞こえてしまいます。なので、音程のトレーニング、声の出し方など基本的なことを行うと同時にインナーマッスルを鍛え、声をしっかりと出せる体を作り上げなければなりません。

その方法として一番なのが、ウォーキングです。インナーマッスルを鍛えるといっても、おもりなどを用いてストイックに筋肉を鍛えるという方法は用いません。それは何故かというと、ストイックなトレーニングではインナーマッスルを鍛える事は出来ないからです。所謂筋トレでは体の表面についている筋肉のみしか鍛えられないのです。

声を出す際に必要なインナーマッスルは、主に腸腰筋と呼ばれる骨盤の上にある筋肉のことをいいます。この部分を鍛えると声を出す際に体全体を使ってパワフルな声を出せるようになるので、ボイストレーニングに非常に有効なのです。よく、歌手の方で声を振り絞って歌っているような時に、多少前かがみになって歌っている姿を見ますが、これは体全体から声を絞り出している時に自然となってしまう体制であり、その時声を振り絞るのに一番有効に働いているのが「腸腰筋」なのです。

その腸腰筋を鍛えるのに一番有効なのが、先ほども書きましたが「ウォーキング」です。しかし、ただウォーキングをしているだけで腸腰筋が有効に鍛えられるものではありません。歩き方にはコツがあります。まず普通に歩くのではなく、太ももを意識して普通に歩くよりも高めにももを上げて歩くようにします。更に、意識としては脚の付け根を意識して、足の付け根から足を振り出すようにします。なるべく膝を曲げずにダイナミックにモデルにでもなったように足を振り出して歩くようにします。又、背筋はしっかりと伸ばし、頭のてっぺんを糸で吊るされている感じを意識して歩くようにします。

以上を意識したウォーキングを一日30分*2回ほど行うようにするといいでしょう。特別時間を作ってやらなくても、通勤通学などでも行えるので便利だと思います。

この方法を実施すると必ずインナーマッスルが鍛えられるので、次第に全身から声を出せるようになっていきます。全身から声が出ると声量が増すので音程も取りやすくなり歌自体も格段に上達していきます。是非参考にして下さいませ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s