舞台におけるボイストレーニングと基礎体力の重要性

ボイストレーニングを行っているのは歌手や声優のような、主に声で仕事をしている人たちだけではありません。役者、舞台俳優などの観客に演技を見せる人たちも、同じようにボイストレーニングをしています。どちらの職業も動きと発声を同時にこなさなければなりません。それが歌手との違いです。ドラマや映画などはシーンごとに撮影をするので所々に休憩がありますが、舞台で観客の目の前で演技をする舞台俳優は、どれだけしんどくても演技を続けなければなりません。それをやり続けられるのが素晴らしいところだと思います。

舞台での演劇では宝塚歌劇団や劇団四季などが有名です。どちらもミュージカルということもあって歌の上手な役者さんを重用しています。彼らはプロですが発声練習や歌い方、話し方の練習などは私たちでもできるような練習をしています。

劇団四季では舞台では一文字一文字をハッキリ発音すること、特に母音を意識することを心がけています。そうしないと後ろの方の観客までハッキリ聞き取れないからです。これは日常生活でも意識できるトレーニング方法です。何を話しても聞き返される人や滑舌が悪い人は母音をハッキリ発音することを心がけてください。聞きとってもらいやすくなり日常の会話がよりスムーズになるはずです。同時に声も大きくするとより効果的だと思います。

動きながら話し続ける、または歌い続けることは体力的にとてもしんどいことです。マラソンをしながら会話をすることを想像してください。修練を積んでいなければとてもできません。いくら声を鍛えたところでそれを活かせる環境になければ無意味です。などでプロの人たちは自分の体をその環境にするために練習します。演技はもちろんまず基礎体力をつけることが肝心です。これはカラオケで歌う場合も関係があります。特に喉が鍛えられているかどうかは重要です。何曲も歌わない場合は別ですが、大抵何曲か歌うと疲れてきて喉も痛くなってくる場合があります。カラオケを歌うために基礎体力をつけようなんて思わないかもしれませんが、最高のパフォーマンスを演じ続けるには体力が不可欠です。さらに正しい発声方法を知っていれば喉も痛めることもなく何曲でも歌うことができます。

日々の練習は必ず報われる時がきます。ボイストレーニングをしたり発声練習をしたりして得た技術や、それをするために鍛えた基礎体力は、大きな目標が見つかった時や日常生活で役立ちます。今からでも意識して始めてみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s