自宅でできるボイストレーニングの3つのポイント

ボイストレーニングは、決してプロのボーカリストだけに有効なトレーニングではありません。接待や楽しみで行うカラオケはもちろん、プレゼン時の発声にもボイストレーニングは役立ちます。さらに、お腹からしっかり声を出すということは全身運動でもあり、ストレス解消にもなります。明確な「歌う」という目標のある方から、運動不足が気になっている方まで、自宅で簡単にできるボイストレーニングをぜひはじめてみてください。

自宅でのボイストレーニング3本の柱は、「腹式呼吸」「正しい姿勢」「ハミング」です。ボイトレとしてはここに「発声」が入ると完璧なのですが、発声については「誰かにききとってもらう」ということが不可欠なため、自分1人でのトレーニングではどうしても限界があります。そこで自宅でのトレーニングは、先に3つに絞って、まずは時間をみつけて毎日続けることを目標にしてみましょう。

腹式呼吸は立った状態でも座った状態でも、坐骨からまっすぐ骨盤をたて、さらにそのうえに背骨を積み上げた状態で行います。はじめは座った状態のほうがわかりやすいと思います。コツは座面に坐骨をつきさすようにすること。胸がちぢまったり背骨が丸まったりしないように気をつけつつ、息を吐きながらお腹を凹ませていき、吸うときも同様に背骨がゆるまないようにしながらお腹をふくらませていく、を繰り返します。デスクワーク中の気分転換にもなるので、あまり回数にこだわらず、気づいたときに繰り返しやってみるくせをつけることが大事です。

歌うときの正しい立位の姿勢は、先ほどの座っている姿勢のまま、坐骨を土踏まずの上にのせるイメージです。脚は力まずに軽く開いておくくらいの意識で構いませんが、踏ん張りすぎて反り返ってしまったり、逆に猫背になって胸が閉じてしまっている状態はよくありません。また、部屋の中でも、はるか遠くを見渡すような気持ちでいると肩や首の力が抜けます。

ハミングはボイトレにおいて非常に重要なポイントです。ハミングはいわゆる鼻歌ですが、これが、喉ではなくお腹で歌うために欠かせないトレーニングになるのです。ハミングのやり方は簡単で、好きな歌を口を閉じて歌っていきます。ところが口を閉じると力んでしまって、せっかくお腹から鼻に抜くべきところを、鼻と喉の間あたりで歌ってしまう方も多いです。正しいイメージは、鼻の奥のほうではなく、鼻の先のほうがちょっとむずがゆくなる感じです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s