ボイストレーニング〜ミックスボイスの練習方法

ミックスボイスとは、簡単に言うと地声と裏声や息などを混ぜたような声のことをいいます。このミックスボイスがなかなか出せないと悩む方も多くいます。ミックスボイスをうまく出すコツですが、まずあくびをしている状態を作ります。本当にあくびをしてみましょう。そしてそのとき発せられる声を出すようにしてみます。そして高い音からから少しづつ低く下げていきます。

最初は裏声でそ、だんだん音がを下げていく段階で、地声の音に入ってますが、いつもの地声とは違う感じがするでしょう。あくびで声を出すと、息も入ってきますが、地声と裏声も両方ミックスされています。この感覚が非常に大切ですのでまずは気軽にこの感覚を感じてみましょう。

そもそもあくびをしている状態の時は喉仏が下がり、逆に上舌から上あごまでは、上がっているといえます。簡単に言うと喉が大きく開いているので声を共鳴させることができる空間が存在するといえます。ここにミックスボイスが上手に出せる秘訣があります。そして先ほどのあくびの感覚に慣れてきたら実際に練習してみましょう。あくびを噛み殺したような状態を意識してハミングの練習をしましょう。んん〜のハミングから初めて、最初は「ラ〜」の音で練習するとよいでしょう。「んんラ〜」といった具合です。「ラ〜」の音は喉仏が下がりやすい音なのでよりミックスボイスが出しやすくなります。音の大きさは、大きめがよいでしょう。音の高さは、まず楽に出せる高さから、少しずつ音程を高くしておこないましょう。

「ら」行に慣れてきたら「ま」行、「は」行の発音でおこないましょう。「は」行のときは「ん」の発音からスタートができないので「んんまははははははははー」と、つなげるとスムーズにおこなえます。同様に「んんみひひ・・」「んんむふふ・・」「んんめへへ・・」というイメージでおこないます。徐々に地声の低い音から裏声の高い音まで音域を広げて発声練習をおこないましょう。ただ無理して音程の幅を急に広げないようにしましょう。自分の喉の調子に合わせて少しづつ音域を広げていきましょう。

以上のようにコツコツと地道に練習すると、グラデーションのように少しづつ声を変えることができるようになります。そうすると歌ったときに声がひっくりかえることなく、ミックスボイスが出て、なめらかに裏声へと移ることが可能になります。なめらかに音を変化できるようになればミックスボイスをマスターできたということになります。地道に頑張りましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s