Category Archives: 練習法

ボイストレーニングの基本、腹式呼吸と発声練習

ボイストレーニングをしようと考えるなら、腹式呼吸は大切な要素です。
まずはボイストレーニングの基本となる、腹式呼吸について書いていきたいと思います。

背筋を伸ばし足を軽く開いて、姿勢を作ります。
お腹に手を当てながら、お腹の空気を出すように意識して、息を吐きます。
その時に、お腹が凹むのを感じて下さい。

息を吐ききったら、今度は鼻からゆっくりと空気を入れていきます。
お腹の中に、たっぷり新鮮な空気を送り込むイメージです。
お腹が膨らむのを感じて下さい。
十分に吸ったら、数秒間とめて、その後自然に息を吐き出します。
これを10回程繰り返します。
一日数セット行う事で、腹式呼吸のトレーニングになります。
時間がある時に、こまめにするように心がけましょう。

複式呼吸ができるようになれば、その呼吸法を利用して発声練習をします。
ゆっくり大きく息を吸い込み、「あー」と出せるところまで声を出し続けます。
この時のポイントが、声が揺れないように、一定に出せる声の大きさを心がけます。
「あ」が終われば「い」「う」と言う風に、ア行を全てやります。
腹筋が鍛えられ、だんだんと長い時間声が出せるようになります。
これがロングトーンという発声練習です。

ロングトーンと同時にスタッカートも練習しましょう。
スタッカートは、「あっあっあっ」と声を短い間隔で切りながら発声します。歯切れ良く、リズムにのって発声しましょう。

基本のロングトーンとスタッカートに慣れてきたら、クレッシェンドとデクレッシェンドで、変化を付けてみましょう。

クレッシェンドは「あー」言う時に、段々と声を大きくしていきます。
最初は10秒ぐらいかけて、慣れてくれば、30秒ぐらいかけて行います。
デクレッシェンドはその逆で、段々と声を小さくしていきます。
これを混ぜながら、何度か繰り返します。
どちらかを短くしてみたり、長くしてみたり、色々とアレンジもできます。

最後が、これらの腹式呼吸、発声練習に加えて、リップロールとタングトリルも加えていきましょう。
リップロールは、唇を軽く閉じて声を出し、唇をふるわせる事です。
唇が濡れていた方が上手くいきます。

タングトリルは、「ラ」の発声の状態に舌先を巻きます。
その状態で息を吹くと、舌がふるえます。
慣れてきたら、タングトリルをしながら声を出すようにします。

リップロールもタングトリルも、発声練習には欠かせない要素です。
最初は難しいかもしれませんが、練習して習得できるように頑張りましょう。

発声練習は準備運動

水泳の前や陸上競技の前に必ずウォーミングアップするように、歌う前にも準備運動は必要です。
歌う前に筋肉をほぐし、声が出るようにするための準備運動が、発声練習です。

いきなり大声を張り上げたり、高音で歌うと喉に負担がかかります。
そんなことのないように、発声練習しておきましょう。

ボイストレーニングと発声練習はほぼ同じものと考えてよいと思います。
ボイトレの中に発声練習が入っているということでしょうか。

発声練習を行うときは、腹式呼吸で行ってください。
腹式呼吸と発声練習をセットにすることで、よりボイトレの効果が高まります。
同時にやることが難しければ、まず腹式呼吸のトレーニングをしてみてください。
腹式呼吸は、お腹に手を当て、横隔膜を上下させるようにしながら、
息を大きく吸ったり吐いたりします。

発声練習をするときには、できれば大きな鏡の前でやるようにします。
鏡の前で練習することで、姿勢や口の開け方の悪いところがわかります。

発声を行うときは、イメージが重要です。
高音を出すときは、頭のてっぺんから声が天に抜けるように、
低音を出すときは、腹筋を響かせるようなイメージでやってみてください。
自分で、どんなイメージのときにいちばん声が出るか、いろいろ試してください。

発声練習で広く取り入れられているのは、「アエイウエオアオ」とア行から順に繰り返していく方法です。
このとき母音を意識しながら、大きく口を開き、喉に力を入れずに発声してみてください。

もう一つ発声練習の方法をご紹介しましょう。
1. まず自分がいちばん出しやすい高さの音を、何秒間出し続けられるか、やってみてください。
このとき、常に一定の音量になるように気をつけてください。
喉は締め付けないように。
最初は、10秒がやっとかもしれません。

2. 次は、だんだん声を大きくしていきます。いわゆるクレッシェンドです。
これを30秒。

3. 今度は、だんだん声を小さくしていきます。デクレッシェンドです。
これも30秒。

4. 声をだんだん大きく出していったあと、今度は途中からだんだん小さくしていきます。
10秒、20秒、30秒とそれぞれやってみましょう。

5. 声をだんだん小さく出していったあと、途中からだんだん大きくしていきます。
10秒、20秒、30秒とそれぞれやってみましょう。

6. 今度は声を大きくしていく方と小さくしていく方の時間を変えます。
声を大きくしていくのに10秒、小さくしていくのに15秒というふうに、
それぞれ異なる時間で、自分で設定してみましょう。
それぞれ最大で30秒の範囲で時間を設定して自由にやってみてください。
大事なことは、喉を開いて声を出すこと、声の大から小、小から大は滑らかに行うことです。

時間があれば、1〜6を繰り返してやってみましょう。

発声練習をすることで、声量と音域が飛躍的にアップしていきます。
喉が広がり、声が楽にでるようになります。
表現の幅も広がります。
基本となるトレーニングですので、地道に続けてください。

ボイストレーニングで自分の声を変えることができます

自分の声を録音して聞いてみると、おぉーいい声じゃないかと思うのは稀です。というのも、自分の声は、耳で聞いてるのではなく、骨の振動を通して直に聞いてるからです。経路が違えば音も違います。ボイストレーニングの第一歩は、自分の声を録音して聞いてみることから始めてください。自分の声をスピーカーで聴くのは、意外と恥ずかしいものです。
小学校から高校まで、コーラス部や演劇部にでも入っていないと、声の出し方というのは教えてもらうことがありません。音楽の歴史と音符の読み方だけです。声楽をカラキュラムに加えれば、専任教員が必要になるので組み入れないだけです。実際には、声の出し方を幼少時から教えて貰えれば、もっと人前で話したり歌ったりすることが楽しくなるし馴染めます。
次に行うのは、正しい姿勢を自然と行えるようにすることです。テクニックが上達すれば、踊りながらでも、横に寝転んでいても声を出すことは可能です。しかし、初心者は正しい姿勢で、つまり身体の正面と身体の向きを同じにして、胸を開くようにして立つ姿勢です。次に、腹式呼吸での発生です。ボイストレーニングを始めた人の多くがこのあたりで挫折します。手足のように思い通りに動かすことができない横隔膜を使って発声するですから無理もない話です。これは、トレーニングにより体に覚えてもらうほかありません。毎日、10分か5分でもいいので根気良く続けるだけが、上達のコツです。
次は、体力の育成です。体力は、個々の人の特性に関わるので、腕立て100回・腹筋100回で発声が良くなるというものではありませんが、体力と筋力があった方がないよりはいいです。アーノルド・シュワルツェネッガーのような、脳まで筋肉のような声楽家はいませんし、オペラのように何時間も歌い続けるわけでもないので、腹式呼吸の一助として考えればいいことです。
次は、発音練習です。発声に発音?と聞き直したくなりますが、発音です。歌詞の全てが発音しやすい語句で構成されているわけではありません。難解な言い回しも多くあります。その為にも、母音の発生から始まり、子音の発生を練習します。大きな声で発生するのではなく、一語一語丁寧に繰り返し発生するだけです。舌の使い方もここで養われます。最初のうちに大きな声を出す練習をすると喉を傷めてしまい、正確な音を出すのが難しくなります。声量はなくても、確実な音を出すことから始めるのが上達の近道です。次に、耳を鍛える練習です。耳に重りをつけて踏ん張る練習ではないです。ピアノやヴァイオリンで音を出せる人がいれば手伝ってもらえばいいのですが、一人なら単音が収録されたCDを使うのも一法です。ともかく、正しい音程を耳に馴染ませてください。
ここまでくれば、入門者から初心者レベルへとなります。この期間がどれくらい必要なのかは、人により様々です。1か月でこなす人もいれば2年たってもさっぱりという人もいます。しかし、毎日の積み重ねで前に進むことは事実ですので、あきらめずにボイストレーニングを行うことが一番大切です。

ボイストレーニングの基本について

“歌をうまく歌うために、あるいは役者さんがより声を届かせるためなどにボイストレーニングは行われます。
ボイストレーニングとはひとそれぞれに合った発声法を実現し行っていく発声練習のことです。

「声を出す」という発声全般についておこなわれ、より専門的に、喉や舌の使い方などのテクニックや発音そのものの訓練なども行ったりします。

ボイストレーニングにとって一番大切は基本はその呼吸法にあります。
まず「腹式呼吸」をマスターすることが重要です。
私たちが普段行っている呼吸法は「胸式呼吸」です。
「腹式呼吸」と「胸式呼吸」のちがいは、簡単に言うと、息の入り方に違いがあります。
「胸式呼吸」は肺の上のほうに息が入ってくる感じで、「腹式呼吸」は肺の下側に息が入るようなイメージです。
つまり横隔膜の動きを伴うのが「腹式呼吸」なんです。

ボイストレーニングをする時の腹式呼吸を行う姿勢は、なるべくあごを突き出さずのども窮屈にさせないようにすることが大切です。
胸を軽く張り、せなかも腰も伸ばすようにします。
頭のてっぺんを上から引っ張ってもらっているような感じで立てば、自然と背中が伸びて理想的な姿勢になると思います。

腹式呼吸はまず、体のちからを抜いて、先ほど述べたような姿勢で正しく立ちます。
一度軽く息を吸って、自然に吐きます。
お腹に手をやって腹式を意識します。

自然に息が出たら、次はお腹をゆっくりとへこませるようにしてもう一度口から息を吐きます。
その息を吐ききったところでさらにもっと息を吐き、十分に息を出し切ります。

次は息を吸いますが、吸うときは鼻から吸って口から吐くのが基本です。
コツとしては鼻から吸ってその息がおへそを通り下腹部まで入っていく感じで吸います。

充分吸ったら、数秒間息を止めます。
その後、力を抜いて自然に息を出し切ります。

これを10回くらい続けて行いワンセットとして、2〜3セット毎日行います。

毎日行うことが大切です。

次にボイストレーニングですが、専門的なトレーニングではなく自宅で簡単にできるトレーニングもあります。

歌う曲は自分の好きな曲でいいです。できれば歌詞も曲も暗記できているものが良いです。

まずその曲をハミングで歌います。
次に自分の一番小さな声で歌います。
だんだんボリュームをあげて歌っていき、最後は自分の一番心地よいと感じる声の大きさで歌います。
10分ごとにお水などでのどを潤してください。
30分くらい続けたら終わります。これは喉の調子のよくないときは止めましょう。

ボイストレーニングは基本の積み重ねでもありますのでリラックスして楽しく行うことが大切です。

初心者にお勧めのボイストレーニング、リップロール

ボイストレーニングを始めてしばらくすると、
次の様な悩みにぶつかる事があります。

「望んだように高音を出すことができない」、
「なんとか声が出る様になってきたんだけど、声にもう一つ深みがない」
などの悩みです。

初心者から上級者まで、
この様な悩みを持つ方は意外に多いのではないでしょうか。

この様な悩みを解消してくれる基礎的なトレーニングが通称、
リップロールと呼ばれるトレーニング方法です。

一言で説明すると、
唇を突き出して息を吐き、
上唇と下唇をプルプルと震わせるトレーニングです。

まだ小さな子どもだった頃、
よくやった事がある方も多いかもしれません。

しかし、このリップロールには様々なメリットがあります。

まず、子どもが本能的にする遊びと極めて形態が近い為に、
喉の筋肉がリラックスした状態で息を吐き、
発声を行う練習になります。

よくカラオケなど聞く
「頼むから止めて!」と言いたくなる様な、
無理をしている発声方法とは、
正反対の発声方法と言っていいでしょう。

言うまでもありませんが、
無理をして声を出す発声方法は、聞く方がつらいだけではなく、
本人も喉を痛めたり、苦痛を感じるなど、様々な問題があります。

従ってリップロールトレーニングに熟達することで、
声に深みが出るだけではなく、
自然な発声でそれまでよりも高い音域の発声が可能になるのです。

また、リップロールで声に深みが出るのは、医学的な根拠もあるそうです。

ボイストレーニングを少しでも行った事がある方なら、
誰もが喉頭(喉仏)を下げる様に注意された事がある筈です。

初心者はどうしても喉頭が上がりがちになってしまい、
無理をしている声質と言うか、
俗に言うキンキン声が中心の発声になってしまうからです。

ところが、自分の喉頭(喉仏)を触りながら、
リップロールによる発声を行ってみてください。
喉頭はずっと下に下がっていると思います。

つまりリップロールを繰り返し行う事で、
喉頭を下げて発声を行う習慣が身につくという訳です。

では、具体的なリップロールの説明です。

子どもの頃を思い出して、唇を前に突き出し、
息を吐きながらブルブルと唇を震わせてみます。

それができれば、今度は長く続ける練習をします。

子ども時代の遊びと違う事としては、
唇のブルブルと言う振動音が安定的に途切れること無く、
続ける事を心がける事です。

これが可能になると、次に発声と組み合わせます。

呼吸はもちろん、腹式呼吸で行い、
次に音階に合わせる様にステップアップしていきます。

このリップロールトレーニングは
発声前の準備運動としても役に立つので、
覚えておいて損は無いボイストレーニング方法だと思います。

自分で出来る簡単なボイストレーニング

●ボイストレーニングとは?
ボイストレーニングとは、歌手だけではなく、アナウンサーや役者など、
声を出す様々な職業の方が日々行っている、声を出す為の基本的なトレーニングです。

自宅で出来る簡単なボイストレーニング法と、
気をつけたい事柄などをご紹介します。
発声する前には、必ず柔軟運動などをして、
しっかりと体をほぐしておいてください。

●腹式呼吸について
腹式呼吸とは、良い発声をする為に必要な呼吸法です。
これが出来ていないと、無理な発声のために喉を痛めてしまうので、
良い声を出す為に、腹式呼吸を意識して声を出しましょう。

腹式呼吸は、特別難しいものではなく、
普段私たちが深い睡眠に入った時に、自然に行っている呼吸法です。

●腹式呼吸法
まず、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
この時、胸ではなく、お腹が膨らんでいることを確認してください。
少し息を止めてから、
ゆっくりと口から息を吐き出します。
お腹がへこみ、横隔膜が押し上げられる感覚が確認できたら、
きちんと腹式で呼吸できている証拠です。
分かりにくい時は、仰向けに寝転がり、お腹に手を当てて呼吸してみましょう。

●声を出す時の理想的な姿勢
足を肩幅程度に開けて、
頭から持ち上げられているようなイメージで、真っ直ぐに立ちます。
この時、胸を張りすぎたり、顎を引き過ぎないように注意してください。

●基本的な発声練習
姿勢や腹式呼吸が理解できたら、声を出してみましょう。
ただ、いきなり本気で声を出すと、喉を痛めますので、
最初は小さく、だんだん大きな声で発声をしてください。

息を吸い込んだら、
「アー」と息が続く限り発声してみましょう。
だんだん小さくならないように、
同じ太さと大きさの声で発声しましょう。
慣れてきたら、50音全部発声してみましょう。

次に、
「ア、ア、ア、ア、」
というように、短い発声をしてみましょう。
この時、スタッカートをつけて発声する度に、
横隔膜が上下していることを確認してください。
こちらも慣れてきたら、50音発音してみましょう。

●スタミナをつけるために
普通の発声に慣れてきたら、
スタミナをつけるために、ジャンプしながら短い発声をしてみましょう。
なかなかハードですが、声を出し続ける為のスタミナをつけるのに効果的なトレーニング法になります。

これを日々繰り返すことで、
魅力的な声に近づけることができます。
かつぜつ良く大きな声を出すことにより、
明るい印象を与えられるので、日常でも役立たせることが出来ます。

ミックスボイスの基礎知識と練習について

ボイストレーニングを習っていると、高い声を出すことの難しさに気付かされるものです。
高い音を出そうと思うと、喉が引っ張られるような感覚を覚えたり、声の大きさがガクンと下がったりと、違和感を感じられる人が増えます。
高音を克服するためには、ミックスボイスの習得が必要不可欠です。
ミックスボイスは、裏声の一種です。
地声と裏声が混ざり合った声ということから、一般的にミックスボイスやミドルボイスなどと言われています。
ミックスボイスは、多くの歌手に利用されています。
高音が魅力の男性歌手の曲のサビなどで、多用されていることが多いです。
声楽的なオペラやクラシックだけでなく、普段からなじみ深いJ-POPやロックなどでも使われているので、無意識のうちに耳にしている人がほとんどでしょう。
音が高いのに声量が維持できており声質に変化が無いということで、一見地声のように聞こえますが、実はそれは地声ではなくミックスボイスです。
ミックスボイスを習得すると、まるで地声並みのパワフルな声をキープしたまま、裏声の声域を歌いこなすことが出来ます。
一気に歌える音域が増えますので、歌唱力アップに大きく役立つことでしょう。
しかし、地声で高音を出すことが出来る方などは、ミックスボイスの習得が必要ないとお感じではないでしょうか。
地声を無理して張り上げなくなることによって、喉に負担をかけにくくなりますし、高音が綺麗に歌えるというメリットがあるので、地声に自信がある方もミックスボイスの習得がおすすめです。
ミックスボイスで出せる音域は地声と比べるとものすごく広いですし、女性歌手の曲をキーを変えずに歌うといったことも練習によっては不可能では無くなります。
そこで、いよいよミックスボイスを練習してみましょう。
ミックスボイスは、地声では無く、裏声の一種なので、まず裏声を出せるスキルを身に付けることから始まります。
裏声は、普段の生活で使っている話し声よりも高いので、高い声をやさしく出してみましょう。
「ホー」と叫んでみたり、アニメのキャラクターなどの声真似をするとわかりやすいかもしれません。
裏声は、練習によってどんどんと力強くすることが出来ます。
裏声をだいたい出せるようになったら、今度は声帯を閉鎖しながら声を出してみます。
声帯閉鎖といいますと、実感がわきにくいですが、呼吸に関連深いです。
息を吐いて、そこから息を止めた状態を維持するとイメージしやすくなります。
息を吐いているときは、声帯が開いていますが、息を止めているときには声帯が閉じている状態です。
喉の奥らへんに意識を注ぎ、イメージをふくらませると声帯が動いていることがわかりやすいです。
息を止めた状態で、声を出してみると、ミックスボイスの感覚をつかみやすいです。