Tag Archives: オペラ

華麗なオペラ歌手と現代のボーカルスクール

長い歴史とともに人々に愛されるオペラは、現代日本でも男女問わない根強い人気を誇っていて、音大やボ−カルスクールでオペラ歌手を目指したり、似たようなミュージカル劇の俳優を目指したりする人たちも多いようです。
日本では歌劇とも呼ばれるオペラは、音楽と劇によって構成された、舞台芸術の一種です。
イタリア語のオペラは、作品、仕事といった意味を持っていて、同じ意味合いだったラテン語に由来しています。歌唱が進めていく演劇であり、音楽的作品です。
ヘンデルも、モーツァルトも、オペラのために楽曲を提供しました。

ルネサンスが終息に向かおうとする16世紀の終わり頃、イタリアの花の都・フィレンツェにおいて、古代ギリシャ演劇を復興しようとするムーブメントが起き、アイスキュロスなどによる著名なギリシャ悲劇を模範とする、『歌うような台詞』を大胆に使用する演劇が考案されました。
このようにして、1597年に、オペラとして広く今に知られている最古の音楽的作品である、ペーリによる「ダフネ」がつくられました。
1600年以降には、同じくペーリの音楽的作品「エウリディーチェ」が作曲され、こちらは現存する最古のオペラ作品として現代人に広く知られています。

そういうわけで、あらゆるボーカリストの源泉なのが、この時期のペーリの楽曲に合わせて歌った人たちです。
初期ロマン派時代まで、オペラには、2つの歌唱様式がありました。
1つ目は、会話を表現する朗唱です。通常の文章朗読に近い抑揚で歌われます。
2つ目は、ソロで歌われるアリアと、複数人が歌う重唱と、大勢による合唱を総称する通常の歌唱です。
2つともに伴奏が伴われました。
つまり、現代のロックやJ−POPにおけるサビ系部分と、抑揚の少ないフレーズ・メロディー系部分のような区別がありました。

フランス革命直前の1778年に完成したイタリアのミラノにあるスカラ座は、最も有名なオペラのための場所です。ミックスボイスを含むロマンチシズムの甘美な発声法は、市民革命の波の中で現実主義のアクート発声へと移り変わっていくなど、時代により発声法には変化がみられたといいます。堂内いっぱいに響かせるための発声は、劇場中の人々に声を届かせなければ、という思いが原動力となっているに違いありません。

声楽レッスンは音楽大学でとは限らず、ボーカルスクールによっては、基礎的な発声や呼吸法だけでなく、楽曲に合わせた身体の動かし方も教えてもらえて、このような本場のオペラ、音楽作品の醍醐味を堪能できます。
興味があるのに音大に行けなかった、といった経験をお持ちの方は、諦めずに無料体験レッスン等を試して、自分に合ったインストラクターがいて取っ付き易いかどうかなどを見極めてみてはいかがでしょうか。

歌唱力を上げるために知っておきたいこと

楽しい人生を過ごすにあたって、カラオケや飲み会など歌を披露する機会は何かと多いものです。
そこでもっと上手に歌が歌えればな、と考えられている方が多いことでしょう。
そのような方はぜひ、ボイストレーニングにチャレンジしてみましょう。
ボイストレーニングは敷居が高そうに感じられる方が多いですが、ほんの少しの知識と練習によって、素敵な声や歌唱力や音感など大きな価値を得ることが出来ます。
まず、ボイストレーニングや歌を上手く歌うために知っておいた方が良い知識を紹介させていただきます。
皆さんはカラオケなどでどのような声で歌われているでしょうか。
普段使っているしゃべり声とあまり変わらないといった方もいらっしゃると思いますが、実はボイストレーニングの世界ではそれは良くないこととされているのです。
歌を歌うためには、しゃべり声とは別物である、「歌声」を用意する必要があります。
なぜかと申しますと、喉を痛めやすいことや、声の美しさや音域が劣るということが挙げられます。
カラオケですぐ喉が枯れてしまったり、声が悪いと嘆いている方は、ぜひボイストレーニングに取り組んでみましょう。
歌声はお腹から声を出すようなイメージで、腹式呼吸をすることによって、美しく引き出すことが出来ます。
練習を重ねるうちに、上達するので最初から綺麗に声を出しすぎなくても大丈夫です。
歌声には、音の高さに応じて声区と呼ばれる概念があります。
声区を一つずつ紹介しましょう。
まず、普段会話するときに使われている音域であるような声区であれば、チェストボイスや地声と言われます。
練習を積まなくても出しやすく、しっかりとした太い声であることが多いです。
チェストボイスは、歌を歌うにあたって土台となってくるような基本的なものです。
続いて、チェストボイスよりも高い音を出そうとしたら、裏声を使うことになります。
裏声は、普段の話し声とは違って、高くやわらかい印象を受けることが多いです。
裏声の声区は、ミックスボイスとヘッドボイスとファルセットという、三種類もあります。
ミックスボイスは、地声と裏声が混ざり合った(ミックス)されたような声質で、聞いてみると裏声ですが力強く、地声と質がよく似ています。
一般的な歌手などでもよく利用されているので、なじみ深い存在です。
ヘッドボイスはそれよりも高い音であり、声楽やオペラなどでよく使われています。
地声ほどパワフルではありませんが、やわらかな高音です。
最後に、ファルセットとは、息が漏れている弱い裏声です。
裏声は、最初は誰だって出せないものですが、練習によって鍛え上げることが出来ます。