Tag Archives: カラオケ上達

ボイストレーニングは我流でできるかどうか

ボイストレーニングと聞くと、我流でもできるのではと思いがちです。とくに歌う所として代表的なのが身近なところで、カラオケボックスです。1時間1人何百円、ワンドリンク制、昼時間帯が安くて夕方以降はちょっと高くなります。練習することが目的なら一人で何曲も歌いこむ、歌っているうちに曲も覚えていきますし、自分にキーが合うかどうかについても知って調整できます。一緒に来ている仲間に気を使わず、無理に盛り上げなくても次々と自分の好きな曲をセッティングしていけます。

そうして歌うことも実践的なカラオケ、娯楽や宴会に向けての練習の場とするのは良いですが、実質的なスキルアップにはやや不足がちです。意外と知られていないのが、ボイストレーニングの仕方です。どうしても我流になってしまって、それで十分と思ってしまいます。それももちろん一時凌ぎにはなりますが、適切なトレーニングを学べば後々の練習にも活かせるのでとても有効な方法です。

あくまでも我流でやっていったときのデメリットとして、曲も変わらないというのがあります。最新の曲がアップされていないから、やや時期が過ぎた曲がようやくカラオケに出てくるという時期の遅れがまずあります。歌いたいときに歌えるディスクがないので歌う間もなく歌われずに過ごすことがよくあります。そうするとだんだんと自分の歌える曲というのが古くなっていって、いったい何年前の曲を追っかけているのと不思議に思われることがあります。

たとえば、福山雅治、Bz、Mrchildrenのファンで、曲が歌いやすくて歌っていた人も、なかなか最新の曲がアップされずに結局は数年前の曲しか歌えないということがあります。いまだに歌うのが桜坂とか、bad communicationとか、innocent worldといったような進歩がない曲目をセレクトしてみたり。そうすると数年前に止まったままになっているのに気付きますが、それでも最新の曲をなかなか歌えない場面に直面しています。

我流での練習はこういうふうに思ったように進まないことが多々あり、ボイストレーニングの初心者が練習するにはセレクトがいまいちなことがあります。初心者向けの曲目をセレクトして練習していくほうが上達するのが早く、また我流ではなかなか覚えなかった曲目についてもどんどんチャレンジしていけるのがボイストレーニングです。自分の歌えるレパートリーがしだいに増えてくると、歌うのもどんどん上達していくので受講するのをおすすめします。

カラオケでの声質と歌の選び方

カラオケで歌を上手く歌いたいと思う方はたくさんいらっしゃるんではないでしょうか。少なくとも下手だとは思われたくはないでしょう。そんな時にアドバイスとして知っておいてほしい事があります。それは自分の歌いたい歌と自分にあった歌は違うと言うことです。
例えば、洋服や髪型で考えてみましょう。
自分の顔立ちやスタイルに流行りの髪型やファッションが必ずしも合うかと言われた時にそうでは無いはずです。
そう思った時に声の質と自分の好きな曲が絶対的に合うかと言われるとそれは前に挙げた様に違うと思います。
なのでカラオケで歌を上手く歌いたいと思う方は自分に合う曲を選ぶとうまく歌える近道になるでしょう。

さて、自分に合う曲と言うことでいろんな声質があると思います。
声量がたっぷりある人は迫力のある音楽がぴったりでしょう。バラードでもしっかりとした声を出すことを意識して歌うことが出来ます。そして声量をもっと活かせるように声量を伸ばすボイストレーニングをしていくとより素晴らしい歌声を手に入れることができるでしょう。
逆に声量が少ない人が迫力のある音楽の曲を歌うと音楽に声が音に負けてしまったり息切れをしたり途中で声が切れてしまったりします。そういう方はなるべく楽器の少ない楽曲を選びましょう。そうすることで声が細くても無理をしないでしっかりと歌い切ることが出来ます。そしてボイストレーニングの一つとしてワンポイント、大きく印象付ける歌い方をしましょう。声の細い方はサビの部分に大きな波が来るように歌うことがとても効果的です。サビ以外の部分は少し小さな声でトライします。そしてサビの部分で大きな波を持って来ます。そうすることで全く印象が変わります。そして鳴き声の様な歌手の人の楽曲を選ぶ事がいいでしょう。練習としては歌う時の抑揚を意識するようにしましょう。
そして、音程の取れない人もいると思います。そういった方にはラップがオススメです。ラップは基本、リズム体で歌います。なので音程を多く要求されることがないので音程を取れない人にはオススメな楽曲になります。そして練習としては、リズム体から練習して簡単な音程を取る曲から初めて音楽に慣れることがいいですね。ラップが入った曲なんかだったら上手く練習も出来るのでいいです。
そうやって、自分にあったボイストレーニングや選曲があります。なので是非いろんな見方で自分の曲選びをしてみてカラオケを楽しんで貰えればと思います。

ボイストレーニングには基礎体力作りを

歌手になりたい、声優になりたいという方ならボイストレーニングというものを行っているかと思います。でも高いお金を払うのはちょっとな・・・という方に自宅でできるボイストレーニング方法というのをご紹介します。

まずは体のコンディションを整えましょう。体調が優れないとその日の体力や声の調子に大きな影響がでてしまいます。
朝晩が逆転しているという方は頑張って生活のリズムを整えましょう。朝起きたら太陽の光をたっぷりと浴びることが大切です。

毎日体を動かす習慣をつけましょう。運動が苦手という方でも簡単にできるウォーキングなどからはじめましょう。室内でできる運動ではラジオ体操がおすすめです。いきなりハードな運動をしては体が悲鳴をあげてしまいます。最初は少しの運動でとにかく毎日体を動かすという習慣をつけるというのが大事です。

発生に必要とされているのが腹式呼吸と言われているほどお腹の筋肉というのはボイストレーニングを行う上で非常に重要な部分です。普段から腹筋を鍛える習慣をつけましょう。これはプロの声優さんも行っていることです。

これらのことを行っていると基礎体力や腹筋が鍛えられてようやく発生練習の段階に踏み出すことができます。いきなり技術を上げるのではなくて最初はとにかく体力作りに徹底しましょう。

さて、ここからは少し話題を変えてカラオケ上達方法をご紹介します。一般的にカラオケの採点機というのはきちんと音程通りに歌わないと高得点がでないと言われています。よくテレビなどでご本人が歌っているのに得点が低いというのは歌い方をアレンジしてしまっているからだそうですよ。
話が逸れましたが、私がご紹介するカラオケ上達方法は高音を綺麗に出す方法です。高い声を出そうとすると、どうしても
体に力が入ってしまい思ったように声が出なくなってしまいます。
むしろ高音を綺麗に出すコツは力を抜いてリラックスすることが大事なのです。後は高音を出すときに上を向いて歌う方が多いですが、これはむしろ逆効果です。上を向いてしまうと喉を塞いでしまうので高音が出にくくなってしまいます。高音を出すには逆に下を向いた方が無理なく高い声が出ます。今度カラオケに行く機会があるという方は是非とも試してみてください。声の出しやすさが全然違うことにビックリします。高音が綺麗に出ると歌える曲のレパートリーも当然増えますし、高音が綺麗だと「この人歌が上手いな」と思わせることも可能ですよ。

初心者向けのボイストレーニングをしてカラオケの点数アップ

“歌がうまくなりたいと思っている方はどんどんと増えてきています。
しかし、なかなかカラオケがうまくなるということが難しいことも多くなっています。
なかなか独学で歌がうまくなるということは大変な事です。
例えば、自分で音程がずれていることに気づかないようなこともあるのです。

そこで注目していくものとしましては、ボイストレーニングというものがあります。
そのボイストレーニングについてですが、きちんとしたスクールというものがあります。
そういったところには専門の講師の方がいらっしゃいますので、
基礎から教えていただくことが可能です。
カラオケを上手く歌える専門のコースもあります。
一方で、プロを目指すようなプロフェッショナルなコースも存在しているのです。
基本的にカラオケを上手くなりたいという方は、
初心者向けのボイストレーニングコースを選択していくことになります。

初心者向けのボイストレーニングですが、
特に目的がカラオケだとしますと裏声についての練習を行っていきます。
実はカラオケを上手く歌う秘訣というものは、裏声にあるのです。
歌を歌ってみると分かるのですが、必ず曲には盛り上がりというところがあります。
高音で歌うような場面があるのです。
いわゆるサビという部分が存在をしています。
そこはかなり高い音を出していかなければいけません。
しかし、高音を使いこなせていませんと、そこで声が裏返ってしまいましたり、
かすれてしまうということもあるのです。
気持ちよく歌いたいのにそれでは非常に残念なことになってしまいます。
ですので、ボイストレーニングの初心者コースでは、
裏声を出していく練習をしっかりと行っていくのです。

特に上達するかしないかはその高音の出す時に、
その高音の領域で音程を上下できるのかということです。
裏声で、音程を合わせていくようなことも必要になってくるというわけです。

このトレーニングは、ピアノなどで音程を変えながら、
その音程に合わせて高音を出す練習方法が効率的です。
また自宅でテープなどで録音をして、
高音がしっかりと出せているのかの復習も行っていくとさらに効率的です。
結果としまして、いい声が出せるようになりますと格段にカラオケがうまくなります。
そして自分でも楽しめるようになります。
高音はそれだけ大事なものですので、
初心者ボイストレーニングコースを選択して、
確実に良い音程が出せるように練習をしていくべきです。
高音で音程を上下できるようになりますと、カラオケの点数もアップします。

カラオケ上達の近道、音域の広げ方。

カラオケ上達法は色々とありますが、やはりもっとも手っ取り早いのは、声域を広げるということでしょう。
声域というと難しかもしれませんが、高い音を出せるようになると言えばわかりやすいでしょう。
カラオケで人気がある曲は、どれも、高い音をロングトーンで出すものが多いです。
これは、そうすることによって、盛り上がる「見せ場」を作ることができるからです。
逆に言えば、その他の所が少し外れていても、見せ場をうまく歌うことができれば、外れたところもその人の「味」ということで認められたりもするのです。
まずは、高い音を出すために、自分の音域の広げ方を学んでいきましょう。

高い音といっても、声質がそれぞれ違うように、その人その人の声域は、千差万別です。
まずは、自分が、どの音まで出るのかを知ることが重要になってきます。

姿勢を正して、まずは自分が無理をせずに出せる一番高い音を出してみてください。
この時「あー」と声を出すと、意外とのどに力がかかりやすいため、「まー」か「なー」などでやってみるのが良いでしょう。
そうして、一番高い音がわかったら、その音を高いドと決め、ドシラソファミレドと下のドまで下りてきてください。

もちろん、アカペラでなく、何か楽器で伴奏できるといいのですが、ここでは、自宅で出来る練習法を念頭に置いているので、
音のずれは一旦気にしなくていいでしょう。

下のドまで下りてこれたら、今度は、「まー」か「なー」で「まままままままま」と上のドまで上がってみてください。
一気に駆け上がれば、さっきより楽に上のドが出るはずです。
そして、その勢いで、もう一音上がってみてください。
どうでしょう。
さっきこれが限界と思って決めた上のドより一音上のレが出たのではないでしょうか。
この要領で、何度か繰り返していくと、おそらくはじめの限界の音よりも、3~4音ぐらい上のおとが出るようになったと思います。

くれぐれも注意しなければいけないのは、高い音を出そうと意識するあまり、不必要にのどに力を入れないようにすることです。
身体の力を抜きふわーっと息を押し出すことで、腹式呼吸をすることができます。

また、姿勢や立ち方も重要です。
肩に力を入れず、肛門に力を入れることで、より高い音域が出るようになることでしょう。

始めのうちは、か細い声しか出ないかもしれませんが、髪の毛を引っ張り上げられているようなイメージで、毎日一音ずつ上を目指そうという意識を持ち続けることが大切です。

もともと、人の音域は1オクターブくらいしかないけれど、練習次第で、3オクターブくらいまでなら出るようになるという説もあります。
まずは、カラオケで上手に歌える自分の姿を想像しながら、音域を広げる努力をしてみるのが効果出来です。

楽しめるボイストレーニング方法

ボイストレーニングですが、主に歌を楽しむために行う方も多いでしょう。
せっかく楽しむわけですので、
トレーニングといいましても楽しめるようなボイストレーニングを行っていくべきです。
特に初心者の方はまずは楽しんでいくべきです。
ある程度歌がうまくなってから本格的なボイストレーニングをはじめていくことがお勧めです。

ではその楽しめるということですが、カラオケの採点機能があります。
カラオケの採点機能ですが、かなりしっかりと曲を判断してくれるようになっています。
高性能になってきているのです。
昔は大きな声を出せば良い点がとれるということもあったのですが、
最近は音程などもしっかりと採点してくれるようになっています。
音程を操っていく練習にもその採点機能がなってくれているのです。

その採点機能ですが、曲の音程と自分の声の音程を出してくれるものがあります。
それは自分の音程のずれを確認できますので、しっかりと見て歌っていきましょう。
そして音程がずれていると分かりましたら、それを修正しながら歌っていくべきです。
そうすることで実際にどの音程がマッチングするのかを確かめながら歌うことができます。

またカラオケには、実は録音機能がある場合もあります。
その録音機能も同時に利用していくべきです。
歌っていると自分の音程がどこまであっているのか確認できないこともあるのです。
それではいつまでたっても上達ができません。
採点機能と録音機能を両方とも使いこなしまして、
歌を歌っていくことが一つボイストレーニングになってくれます。

またカラオケの採点機能ですが、歌い出しが大事になります。
きちんと歌い出しをタイミングよく発生していけるのかも重要です。
好きな曲がありましたら、まずは何度も聞いて覚えておくことが必要です。
歌詞を全部覚えてしまうくらいの間隔で、何度も聞いていくと良いでしょう。
カラオケで最も下手に聞こえてしまうのが、うろ覚え状態の曲です。
曲を覚えていなくて途中で詰まってしまい、恥ずかしい思いをした経験がある方も多いでしょう。
ボイストレーニング以前の問題になってしまいますので、
歌い出しをいしっかりと歌っていけるように頭に叩き込んでおきましょう。

また、ビブラートやこぶしといったようなテクニックをに身につけるとカラオケの採点機能は伸びます。
初心者には難しいと思われるかもしれませんが、
初心者のボイストレーニングでもそういったテクニックは身につけていくことが可能です。
歌手の方などの歌い方を真似していくとカラオケの採点機能でも判定してくれますので、
注目をしてみていかれると良いでしょう。

カラオケで注目をあびるコツ

カラオケで上手に歌うコツ、それは何よりも、しっかりと音を出すことです。
曲にもよりますが、しっかりを音を出せるようになると、歌に緩急や強弱をつけやすくなり上手に聞こえるようになります。
では、しっかり音を出すということはどういうことでしょう。
それは、何よりもお腹から声を出すことです。
よく、腹式呼吸、といいますが、いきなりだとちょっとハードルが高いかもしれません。
そして、歌によっても腹式呼吸を最大限活かせるもの、活かせないものがあります。
なので、まずは腹式呼吸をしよう!というのではなく、その一歩前の段階から挑戦する方法を紹介します。
まずはカラオケを歌う時、当然片手でマイクを持つと思いますが、もう反対の手はさり気なくお腹を触っておきます。
場所は胃のあたりです。
そして歌が始まりいざ歌うという時、手でお腹が硬くなっているか確認しながら歌いましょう。
お腹が硬くなっている、ということは、肺そしてお腹で空気を送っている証拠になるからです。
ここで、どうやったらお腹を硬くして歌えるのか、という話になります。
お腹でも歌う、ということはお腹からも息を送らなければ歌い手の求めている声量を出すための息が足りなくなる、ということなのです。
ということは、普段会話したりするときよりも息の出入り口を開けばいい、ということになります。
要するに、喉を普段以上に開くということです。
喉が開けば、それだけ息の通り道が増え、お腹からも呼吸する必要が出るのです。
喉を普段以上に開くためには訓練が必要ですが、これはなるべく自分の歌いやすい音域の歌ですることをおすすめします。
無理の無いキーで力いっぱい試せるからです。
喉を開くコツとしては、例えば、遠い場所に居る人を呼んだりするときには叫びますよね。
喉を開いたまま歌うということは、音程のある叫びということになります。
しかし、これでは歌にはなりません。
しっかりメロディを聞いて、一音一音を叫ぶ時と同じくらいの声量で音程として発する意識を持つことが重要です。
こういうことを繰り返していると、喉が開く感じがわかってくるかと思います。
私の体験談ですが、カラオケ初心者の頃は何がなんだか理解らなくて、音痴にならないよう歌うのが精一杯でした。
しかし、カラオケも慣れたある頃、ストレスを発散させるがごとく大きな声で歌うようになりました。
それと同時に、喉を開いてお腹から声を出すことを意識するようになりました。
喉の開閉がある程度自在になってくると、ビブラートなどの小技も少しずつ使えるようになっていきます。
カラオケ上達を目指す方々も、がっちり構えず、カラオケそのものを楽しみながら、その中でお腹のチェックをさり気なく行い少しずつ感覚を知っていただければなと思います。