Tag Archives: ソプラノ

ヘッドボイスと使いこなしていくためのボイストレーニング

歌は裏声が特に重要なものになります。
裏声を使いこなせませんと、下手に聞こえてしまうようなこともあるのです。
下手に聞こえてしまうような裏声はよろしくありません。
ただし、裏声にもいくつかの種類があります。
そのいくつかの種類をボイストレーニングで手に入れていくべきです。
それを曲の中が使いこなしていくようになさるべきです。
それほど難しいものではありませんので、
しっかりとチェックしてみるといいのではないでしょうか。

そこで裏声の一つですが、ヘッドボイスというものがあります。
ヘッドボイスというものですが、裏声の出し方の一つになっています。
特にクラシックといったものなどで使われる裏声の出し方となっているのです。
ソプラノ歌手などがよく使いこなしているのです。
高音域を奏でる方法として使う一つの声の出し方となります。
そのようにプロの方が利用しているものですが、
何もプロだけが習得しているものではありません。
一般の方も利用していくことができます。
そもそもボイストレーニングでしっかりと身につけることもできるのです。
最初は難しく誰しも思ってしまいます。
ただし、身につけるためのボイストレーニング方法もあります。

まずトレーニングのテーマとしまして、息漏れをしていないということが重要になります。
そして喉が開いているという特徴も必要です。
以上の二つに注目をしまして、
ボイストレーニングをしていくということがどうしても必要になってきます。

息漏れにつきましては、マイナスも多いです。
息漏れしていると、息が漏れたような音がします。
すーっというものが聴こえてしまうことがあるのです。
結果的に、息も長く続かなくなります。
長い時間、高音を出していくことができないこともあり得るのです。
息漏れに確実に対処していくことがヘッドボイスにはどうしても必要です。

また、喉が開いているという部分ですが、
開いていますとふくらみのある裏声が出るようになります。
まさにクラシックのソプラノ歌手のような声になっていくのです。
高音域でも喉を開けるように練習を繰り返していくことが大切になります。
例えば、男性でしたら女性の曲を何度も練習していくといいのではないでしょうか。
女性の曲を確実に歌えるようになりますと高音の練習にもなります。
そして喉の使い方も熟知していくことができるのです。
喉が閉じていてはなかなか女性の曲を男性は歌えません。
また、女性でありましても、
特に高音が多い曲を練習していくことで喉の使い方がしっかりと理解できるようになります。

Advertisements

ソプラノのボイストレーニング

ボイストレーニングといいますと、クラシックからゴスペル、ポップス、カラオケ、演歌、民謡、役者、はたまた魅力的な話し方まで、いろいろ種類があるかと思います。

わたしは学生時代にボイストレーニングに通っていたことがあります。クラシックのボイストレーニングです。合唱サークルに入っていまして、そこに指揮者としてお願いしていた先生のところに行ってました。もちろん、自主練習やサークルでの練習も行なっていました。パートはソプラノです。

だいぶ昔の話になりますが、思い出しながら書いてみますね。

わたしたちの場合、腹式呼吸で学びました。でも女性って、なかなか腹式呼吸が難しいんですよね。日常生活で心がけるのが一番いいのですが、どうしても胸で呼吸していますね。わたしたちは、腰の後ろに浮き袋がついていると思って、そこに空気を入れるように、と教えてもらいました。まるでカエルかなにかみたいですが、大きな浮き袋を想像するんです。で、そこに息を吸い込んで入れる。そうすると、腰を触っていると、ウエストが膨らむのを感じます。お腹の前のほうじゃなくて、腰の後ろのほうを意識するんです。そうすると、息が深く吸えているのが感じられるんじゃないでしょうか。

高い声を出すためのコツですが、口の上のほうを奥まで触っていくと、軟らかくなったくぼみがあるかと思います。そこは軟口蓋と言いまして、そこを上げて発生するように学びました。そうすると、口の中も大きく開き、頭に共鳴したいい音が出るようになります。最初は感覚がつかみにくいかと思いますが、触ったりして意識してみてください。ちょっとオエッってなりますが…それから、舌は反対に口の舌のほうへ下げます。いわゆるあくびの口ですね。喉から口へ出る息の障害物をなくすと、ダイレクトに声が出てくるようになります。練習していくと、自分の意志で上げ下げも出来るようになりますよ。内科に行って口の中を見せるとき、よく見えるとほめられちゃいます。

歌っていると、喉仏が動いているのが分かると思います。特に高い声を無理して出そうとすると、喉仏に力が入り、上に上がって来て、詰まった感じになるかと思います。喉仏は脱力して、上に上げないようにしてみてください。反対に低い音を出していくと下がっていきます。位置が下がると、声の音色が変わります。ですので、なるべく位置が変わらないよう、発声するのが地声にならないコツです。まあこれは、ソプラノの発声法ですね。アルトだと、常に下に下げておくんだと聞いたことがあります。