Tag Archives: ダイエット

ロングブレスはボイストレーニングにぴったり

今ダイエット業界を席巻している、三木良介さんの「ロングブレスダイエット」というのがあります。本当に効果があるようで、関連書籍の売れ行きはとても良好なようです。そのロングブレスダイエットの方法はというと、お腹を意識して息を吸い、そして長く思いっきり出し切るという事を繰り返すというものです。それを見ていて思ったのが、コレはボイストレーニングと同じだということです。

そのボイストレーニングとは、常に呼吸を意識して息をゆっくりと吸い、そしてお腹からその息を出しきるという方法です。このトレーニングにより、体の体幹部に付いている筋肉を鍛え上げる事が出来るのです。歌を歌う時というのは、大きな声を一定に保ちながら出さなければなりません。その時にその発声を維持させるのが体の体幹部にある「インナーマッスル」という筋肉なのです。このインナーマッスルを鍛えることにより、声に幅が出て、更にその声を一定に保つことが出来るようになるのです。

もう一度、そのインナーマッスルを鍛えるのに有効な「ロングブレスダイエット」のやり方のおさらいをします。まず最初に息を吐ききるという事を行います。ヘソ下を意識して、その部分をへこまして思いっきり肺から空気を出し切ります。出し切ったら、その反動で空気を吸い込みます。空気が肺に満ちたのを確認できたら、今度はその空気を先ほどと同じようにヘソ下をへこませるのを意識しながら空気を出し切ります。それを大体一日に10分くらいから始め、段々と時間を増やしていくようにします。

たったのこれだけでインナーマッスルが鍛えられ、声が大きくなり安定して出せるようになるのです。声が安定して出せるようになると、今度は歌う時に余裕が出てきますので、音程をとることが出来るようになるのです。音程がうまくとることが出来なくても、インナーマッスルが鍛えられていると、声量が調節できるようになるので、声量である程度音程をカバーできるようになり歌がうまくなるのです。

運動は大事だといいますが、なかなか時間をとって運動を行うのは難しい方もいると思います。しかし、このロングブレスだと歩いている時や入浴時、テレビを見ている時など、ながらトレーニングが出来るので時間がない方でも気軽に行う事が出来ます。更に効果の方もかなり期待できるので、是非ボイストレーニングの一環として行うようにして下さいませ。私も毎日欠かさずに行っているトレーニングです。

ボイストレーニングは、誰でも始めることができるトレーニングです

「生まれたときから音痴だから」とか「声が元々小さくて」などというように思っている方も多いのではないでしょうか。
さらに「歌や声はいまさら治らない」というように思っている方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、それは大変な間違いです。
声や音痴に問題があると思っているほとんどの方が、声を正しく出す方法を知らないだけなのです。
生まれてから誰にも教わらなくても、話して歌ってきたのですから、必ず音痴は治るのです。
ボイストレーニングは、年齢・職業や性別などに関係なく、誰でも始めることができるトレーニング(習い事)です。
ボイストレーニングは、全般的な「発声」について行なわれます。
口の開き方、呼吸の仕方、喉や舌の使い方、身体の使い方、発音のトレーニングなどのように分野が幅広く含まれています。
上手に歌うためのテクニックや歌の上達のためのリズムの取り方や高い声の出し方なども、もちろん含まれています。
ボイストレーニングのいろいろなトレーニング方法や考え方・手法は、身体にとってはいずれも健康的な要素を持ったものばかりです。
近年では、美容・アンチエイジングやダイエットなどの健康を増進することにもつながります。
本当かなと思う方も多いと思いますので、一例を紹介しましょう。
歌を歌う時の「腹式呼吸」という呼吸法があります。
今まで一度は耳にしたことがある方もあるでしょう。
発声のトレーニング(ボイトレ)を腹式呼吸で行なうことによって、横隔膜が発声するたびに動かされて、お腹の一番奥の方にある腹横筋が鍛えられます。
そのため、下腹部を引き締める効果があります。
このような発声法や呼吸法を使うことで、内部の筋肉を鍛える効果につながります。
また、大きな声を出すので、ストレスの発散ができ、体調が良くなるという声も多くあるそうです。
大きな声を出すために、口を大きく動かすこと・大きな口を開けること・顔の筋肉を使います。
そのため、顔のたるみが取れて小顔効果にもつながります。
また、表情も大変豊かにもなり、より健康的な状態になることが出来ます。
このようにボイストレーニングは、歌が上手になる、声がよくなるというようなことだけでなく、ダイエット美容効果や健康的な身体作りというようないろいろな効果が期待できるのです。
ボーカルトレーニング(ボーカルレッスン)、ボイストレーニング(ボイトレ)は、最初は声のために始めようと思っても、非常に多くのものを手にすることができるのです。

ボイストレーニングとは?

 ボイストレーニングと聞くとプロの歌手やアナウンサーなどになりたいと夢を持っていたり、そういう職業の方だけの特別なトレーニングだと思われがちですよね。ボイストレーニングに行けば音痴が治るのかな、歌がうまくなるのかなと思っても一般の方だとちょっと歌がうまくなりたいくらいでなかなかボイストレーニングに通おうと思う方はいないでしょう。
 しかし、ボイストレーニングは歌をうまく歌えるようにというだけのトレーニングではありませんし、歌手やアナウンサーなどの職種に関わる方だけのトレーニングではありません。どんな方でもボイストレーニングを受けることによってメリットはたくさんあります。
 例えば会社で働く方。会社内外でのプレゼンや商談で今一つ上手に出来ていないな、話せていないなと思われる方やもっともっと上手になりたいと思われる方にボイストレーニングはかなりのメリットがあります。はっきりと聞き取りやすい声、話し方をトレーニングするだけで同じ内容を話していても受ける印象はまったく変わります。声一つで相手を納得させたり信頼させたりとビジネススキルの一つになります。電話ならなおさら声の印象は大事ですよね。
 声が小さく自分にコンプレックスを持っている方でもボイストレーニングを受けるだけでメリットはたくさんあります。声が小さいため相手に聞き返されるのが辛い、コミュニケーションを取るのが苦手だから小声でボソボソ喋ってしまうという方でもボイストレーニングを受けることで相手との会話も人間関係もより良くなる一つのきっかけになるでしょう。
 また、声や話し方は別として正しい腹式呼吸を習う事で健康にも効果が得られます。腹式呼吸はヨガや気功などにも取り入れられていますし、最近はロングブレスなどダイエット効果も得られると人気ですよね。腹式呼吸で腹筋背筋が鍛えられる上に、内臓の働きや血液循環を良くしたりとメリットはたくさんあります。声を出す事でストレス発散にも大いに役立ちますし、口をあけてのトレーニングは顔の表情筋の運動にもなって美容効果もありそうですね。
 このようにボイストレーニングは歌の上達だけを目指した特別なトレーニングではなく、どんな方でも行うだけでたくさんのメリットが得られるトレーニングです。声や話し方に自信をつけたい方、健康や美容目的の方、ストレス発散の方、もちろん歌がうまくなりたいと思われる方までボイストレーニングはおすすめのトレーニングです。

ストレッチから始めるトレーニング〜土台作りからはじめよう〜

まずボイストレーニングというものは歌手の方が劇場でうまく声を出すためにやるトレーニングのことでアマチュアの方からその道のプロフェッショナルの方までさまざまな人がこのトレーニングを行っています。また歌手だけではなく役者やお芝居の語り役の人まで大勢の前で声を発する人ならだれしもがやるトレーニングのことです。
また劇場に立つ人でなくても社会人だったら会議などでわかりやすい説明をするためによく伝わりやすい声で話したり、女性の方でもカラオケで友人らにいいところを見せるためにボイストーレニングをして声の調子を合わせたりと様々な人がトレーニングを行っています。
またボイストレーニングは声を良くするだけではなく腹式呼吸を行うことによっておなか周りが引き締まり体がスリムになるということでダイエットにも効果があるといわれています。
それでは具体的にボイストレーニングについて軽く説明していきましょう。
まず具体的なレッスンの前に体をほぐす運動から始めましょう。
まず首を前後左右に5回ぐらい動かしてそのあと三回ぐらい首を回して首のコリを無くしたり調子を整えましょう。
次に首や顔の筋肉(特に頬のあたりの筋肉を重点的に)ほぐしてマッサージをしてリラックスしましょう。
次に体全体を動かすストレッチについて説明しましょう。まず両腕の手のひらを地面にくっつけて両足を開いて股関節と背中、腰の筋肉を伸ばしてリラックスしましょう。こうすることによって自然と姿勢や立ち方が綺麗になって自然とトレーニングに適した体勢になります。そのあと今度は腕をつかずに立ったまま足を左右に開いて、股関節を重点的に伸ばしましょう。やはりトレーニングを行うためには姿勢をしっかりすることが大切です。
これらのストレッチが終わったら肩や足の関節など気になる点をしっかりと回してチェックしましょう。次はいよいよ実際に行うトレーニングについてです。
まず一番最初に自分が普段話す声で普通に声を出し続けましょう。初めのほうは10秒ぐらいで十分です。のちのち繰り返して最終的には25秒ぐらいを目指せるといいですね、次にまず声を大きく出してから徐々に小さくして、その次は徐々に声を大きくさせるやり方、その次は大きくして小さくしてまた大きくする山型、それの逆の谷型、これらを3回ぐらいループする方法です。
次は声を出すときの呼吸法です。ボイストレーニングを行う時の呼吸法は腹式呼吸が一般的に使われていますが、腹式呼吸ってどうやればいいのかわからないという人も多くいるでしょうが、普段行っている呼吸をいつもより大げさにやるというか息を吸うときにおなかが膨れる、息を吐くときにおなかがへこむ、この運動を繰り返しているだけで自然と身につくというわけです。
今回私が紹介したことはボイストレーニングの本当に最初のほうだけです。実際にレッスンを受ければ歌う中でのトレーニングも受けられます。ぜひとも皆さん体験してみてください。