Tag Archives: ハミング

ボイストレーニング〜ミックスボイスの練習方法

ミックスボイスとは、簡単に言うと地声と裏声や息などを混ぜたような声のことをいいます。このミックスボイスがなかなか出せないと悩む方も多くいます。ミックスボイスをうまく出すコツですが、まずあくびをしている状態を作ります。本当にあくびをしてみましょう。そしてそのとき発せられる声を出すようにしてみます。そして高い音からから少しづつ低く下げていきます。

最初は裏声でそ、だんだん音がを下げていく段階で、地声の音に入ってますが、いつもの地声とは違う感じがするでしょう。あくびで声を出すと、息も入ってきますが、地声と裏声も両方ミックスされています。この感覚が非常に大切ですのでまずは気軽にこの感覚を感じてみましょう。

そもそもあくびをしている状態の時は喉仏が下がり、逆に上舌から上あごまでは、上がっているといえます。簡単に言うと喉が大きく開いているので声を共鳴させることができる空間が存在するといえます。ここにミックスボイスが上手に出せる秘訣があります。そして先ほどのあくびの感覚に慣れてきたら実際に練習してみましょう。あくびを噛み殺したような状態を意識してハミングの練習をしましょう。んん〜のハミングから初めて、最初は「ラ〜」の音で練習するとよいでしょう。「んんラ〜」といった具合です。「ラ〜」の音は喉仏が下がりやすい音なのでよりミックスボイスが出しやすくなります。音の大きさは、大きめがよいでしょう。音の高さは、まず楽に出せる高さから、少しずつ音程を高くしておこないましょう。

「ら」行に慣れてきたら「ま」行、「は」行の発音でおこないましょう。「は」行のときは「ん」の発音からスタートができないので「んんまははははははははー」と、つなげるとスムーズにおこなえます。同様に「んんみひひ・・」「んんむふふ・・」「んんめへへ・・」というイメージでおこないます。徐々に地声の低い音から裏声の高い音まで音域を広げて発声練習をおこないましょう。ただ無理して音程の幅を急に広げないようにしましょう。自分の喉の調子に合わせて少しづつ音域を広げていきましょう。

以上のようにコツコツと地道に練習すると、グラデーションのように少しづつ声を変えることができるようになります。そうすると歌ったときに声がひっくりかえることなく、ミックスボイスが出て、なめらかに裏声へと移ることが可能になります。なめらかに音を変化できるようになればミックスボイスをマスターできたということになります。地道に頑張りましょう。

Advertisements

自宅でできるボイストレーニングの3つのポイント

ボイストレーニングは、決してプロのボーカリストだけに有効なトレーニングではありません。接待や楽しみで行うカラオケはもちろん、プレゼン時の発声にもボイストレーニングは役立ちます。さらに、お腹からしっかり声を出すということは全身運動でもあり、ストレス解消にもなります。明確な「歌う」という目標のある方から、運動不足が気になっている方まで、自宅で簡単にできるボイストレーニングをぜひはじめてみてください。

自宅でのボイストレーニング3本の柱は、「腹式呼吸」「正しい姿勢」「ハミング」です。ボイトレとしてはここに「発声」が入ると完璧なのですが、発声については「誰かにききとってもらう」ということが不可欠なため、自分1人でのトレーニングではどうしても限界があります。そこで自宅でのトレーニングは、先に3つに絞って、まずは時間をみつけて毎日続けることを目標にしてみましょう。

腹式呼吸は立った状態でも座った状態でも、坐骨からまっすぐ骨盤をたて、さらにそのうえに背骨を積み上げた状態で行います。はじめは座った状態のほうがわかりやすいと思います。コツは座面に坐骨をつきさすようにすること。胸がちぢまったり背骨が丸まったりしないように気をつけつつ、息を吐きながらお腹を凹ませていき、吸うときも同様に背骨がゆるまないようにしながらお腹をふくらませていく、を繰り返します。デスクワーク中の気分転換にもなるので、あまり回数にこだわらず、気づいたときに繰り返しやってみるくせをつけることが大事です。

歌うときの正しい立位の姿勢は、先ほどの座っている姿勢のまま、坐骨を土踏まずの上にのせるイメージです。脚は力まずに軽く開いておくくらいの意識で構いませんが、踏ん張りすぎて反り返ってしまったり、逆に猫背になって胸が閉じてしまっている状態はよくありません。また、部屋の中でも、はるか遠くを見渡すような気持ちでいると肩や首の力が抜けます。

ハミングはボイトレにおいて非常に重要なポイントです。ハミングはいわゆる鼻歌ですが、これが、喉ではなくお腹で歌うために欠かせないトレーニングになるのです。ハミングのやり方は簡単で、好きな歌を口を閉じて歌っていきます。ところが口を閉じると力んでしまって、せっかくお腹から鼻に抜くべきところを、鼻と喉の間あたりで歌ってしまう方も多いです。正しいイメージは、鼻の奥のほうではなく、鼻の先のほうがちょっとむずがゆくなる感じです。

ボイストレーニングを始めてみましょう

歌が好きという方は、当然「歌がうまくなりたい」と思っていることでしょう。歌のうまい人というのは、天性の才能を持っているように感じられるものですが、才能や素質は関係するものの、もっとも大きく影響するのはトレーニングといっても過言ではありません。うまく声を出すということは喉を傷めずに済むということでもあります。実際、素質のみで発声を行っていたようなプロの歌い手が、ある時点から限界を感じ、ボイストレーニングによって改善を行ったおかげで、喉をつぶさずに済んだ、といったケースは非常に多いです。

それは趣味で歌を歌う方にとっても同じです。楽に良い声を出せるようになれば、歌を歌う楽しみは広がりますし、普段の話し声にも自然とよい影響がでてきます。声でアピールする場面というのは、歌を歌う他でも意外と多いもの。ボイストレーニングは、人前で話すことが苦手な方の鍛錬にも効果があります。また、立った状態で腹筋を使って発声するので、ダイエットや運動不足解消の効果も。表情も明るくなる方が多いです。

さて、ボイストレーニングを効果的に行うには、やはりプロのレッスンに通うのが1番です。とはいえ「レッスンに通う時間がない」「いきなり1vs1のレッスンはちょっと」と思っている方も多いと思います。まずは自宅でできる簡単なボイトレに挑戦し、効果に納得できたら、レッスンに体験に行ってみる、といった順序をふむのもいいのではないでしょうか。

自宅でのボイトレは、「正しい姿勢でハミングを行う」から始めるのが基本です。姿勢でよくありがちな間違いは、顎があがりすぎてしまうことと、目線が一定しないことです。この2つは、歌っている間気づかないうちにフラフラしていることも多いので、録画でチェックするのもおすすめです。ハミングは、口を開かず、声を鼻に抜くようにして歌う歌唱法をいいますが、普段喉を使って歌っている人は、意外とハミングができなかったりします。ハミングは腹式呼吸で歌うということを身につけるのに最適な方法ですから、欠かさないようにしたいものです。

ハミングがうまくできない時には、腹筋が不足しているかもしれません。腹式呼吸を行うために必要な腹筋を空いた時間でトレーニングしておきましょう。腹筋を鍛える簡単な方法は、椅子に坐骨をつきさすようにして背筋をのばしてすわり、おへそを中心に片手の手のひらをあてたら、背骨のラインを崩さないように息を吐きながら、その手のひらが背骨に近づくようにお腹を凹ませていきます。息を吸うときにはお腹をゆるめてかまいませんが、背骨が一緒にゆるまないように注意しましょう。吸うのも吐くのも、ゆっくり3秒以上かけて行うようにします。

簡単に歌がうまくなるボイストレーニングの方法

簡単に歌がうまくなるボイストレーニングの方法をご紹介します。特に歌を歌うことを意識して歌を歌いながらできる簡単なトレーニングを紹介します。
まずは、鏡に向かい、口を大きく開けてアーと声を出してみて、舌がさがっているかどうか確認します。
もし、舌がさがっていなければ、空気の通り道がせまくなるので裏声がうまくだせませんので、舌をさげるようにしながら歌います。
次に、腹式呼吸ができるようにトレーニングします。
まずはお腹を出したり引っ込めたりして横隔膜を上下させることにより呼吸します。その時には鼻で吸い、口で吐き、また口で吐いてからゆっくりと吸うことを意識する必要があります。
さらに意識せずに日常的に腹式呼吸を行うことが出来るように、口でゆっくりハーと息を吐き、フッフッフッと息を吐き続けてフーとすべて息を吐ききるまで続けます。次に、鼻からなるべくゆっくり息を吸いこみます。
これで、腹式呼吸ができるようになります。
腹式呼吸ができるようになったら、舌を下がった状態で腹式呼吸を使って低い音から声をしっかりと長く出します。高い音だと舌が上がってしまう可能性があるので、まずは低い音から行うことが重要です。
あくびをするようなイメージで10秒間続けることが出来るようになるまで行います。
高音を出すには鼻に通り道を作ることが大事なので、口を閉じ、腹式呼吸で鼻孔に向かって強めに息をあてます。口を開けたまま声を出すとすぐ苦しくなるところが閉じた状態で鼻孔に強く鼻を当てて音を出すハミングを半音ずつあげていきながら行い、ハミングがうまく出来るようになったらハミングから口を開けた発声に変化させながらでもできるようになるまで練習します。
次に地声から裏声にうまく変えれるようにさきほどの腹式呼吸で鼻孔に向かって強めに息をあてる練習を、地声と裏声のさかいめの音階で繰り返し練習し、自然に地声と裏声を変えることが出来るまで練習します。
次に横隔膜を腹筋でハッハッハッハッとハンマーでたたくように動かし、短いブレスをとりこむことができるようになり、短い休符で息ができるようになるので、息が苦しくなるのを防ぐことができます。
以上で簡単に歌がうまくなるボイストレーニングの方法は終了です。ひとつひとつの練習のそれぞれが、歌を歌う際のそれぞれの場面で役に立つものなので、毎日練習後に課題曲を決めてその曲を歌ってみて違いを感じとることが成長につながっていくので、それもあわせて行なってみてください。

ファルセットをマスターすると感情に訴える歌が歌える

ファルセットとは、声帯を開き気味にし、息漏れさせた裏声のことです。
ファルセットが出せると、感情に訴える繊細な声を作ることができます。
息漏れが多く、ソフトで声量も控えめ。これがファルセットです。

高音の発声法と思ってしまいますが、音程とは関係なく、
開き気味になっている声帯の状態を指す言葉です。

ファルセットのとき声帯は、開き気味になっているため、多量の息が流れ込み、
声帯の端だけが振動しています。

ソフトな裏声なので、簡単に出来そうに思ってしまいますが、
実は歌うときに、かなりのパワーを必要とします。
横隔膜の筋肉の訓練が出来ていないと、ファルセットはうまくできません。
ファルセットを覚える前に、まず腹式呼吸法や丹田呼吸法をマスターすると良いでしょう。

ファルセットを歌うには、パワーが必要と言いましたが、
肩や喉に力が入っていては、ファルセットは歌えません。
全身をリラックスさせることが重要です。

ファルセットを出すときは、頭の後ろの方を響かせるようにしてください。
その際、喉は1本の筒のようなイメージで、そこを空気が通り抜けるような感じです。
その声を後頭部に当てるようにして発声します。
その感じで「アー」と裏声で声を伸ばしてください。
そのまま徐々に力を抜いていき、声を息漏れさせていきます。
音が、頭を抜けて上空に舞い上がっていくようなイメージです。

声を息漏れさせるかさせないかは、声帯の開け閉めで調整されます。
声帯を閉じれば声は響き、力強くなります。
反対に声帯を開けると声は息漏れし、弱々しくなっていきます。

ファルセットをうまく出すには、
裏声の状態で声帯の開け閉めを自在にコントロールすることが肝心です。

喉や首、肩、お腹に力が入っていると、美しいファルセットは出せません。
ファルセットのとき声帯は、薄く伸びている状態になります。
声帯が縮んでしまっていたら、ファルセットを出すことはできません。
声帯を薄く伸ばすためには、全身をリラックスさせた状態でなければなりません。

裏声には、ファルセットのほかに、ヘッドボイスとホイッスルボイスがあります。

ヘッドボイスとは、芯がある強い張りのある声のことです。ヘヴィメタルの歌い方です。
ヘッドボイスは頭蓋骨に響く声です。叫び声とは違います。

ホイッスルボイスとは、超高音の声のこと。マライヤキャリーのような声をいいます。
声というより、声帯の隙間から出る音のイメージです。

声の響きを訓練するのにハミングの練習は最適ですが、
ハミングはファルセットではありません。

ファルセットが出来るようになると、より感情に届く歌が歌えるようになります。
声帯の開け閉めをうまくコントロールして、いろいろな声質を出せるように練習してください。

発声と言葉の関係

・ボーカルも言葉の練習は必要なのか。
言葉を話す仕事に就いている人は、自ずと言葉を話すトレーニングをしていますが、ボーカルの人たちは、得てして皆さんそのトレーニングを疎かにしがちです。
これではボーカルはただの楽器と変わらなくなってしまいます。
せっかく歌という言葉をメロディーとともに届けるのだから、言葉の表現力や、伝達力なども鍛えて、歌声をよりステキなものにしたほうがいいです。
しかし、歌いながら言葉を伝えようとしてもリズムや音程も一緒にとらなければならないため言葉の意味を感情に乗せて伝えるのはかなり難しいです。
ですから、まずは日本語の母音、子音、撥音、拗音を十分に体の中から出るように訓練して行きましょう。
また、英語などの外国語で歌を歌うときは、日本語の音で歌うのではなく、その国の発音で歌うように心がけましょう。

・言葉をはっきり発するようになるには
皆さんは自分の歌声をレコーダーに録音して聴いてみると自分でははっきり発音したと思っていたのに聞き取れないということはありませんか。
それは口を開けて発声していない、あるいは、無駄に口を開けすぎているせいで、これでは口からの音しか出ずにはっきりしない音になってしまいます。
口の前方で音を作るのではなく、口の奥で作るよう心がけてください。
練習は早口言葉がいいですが、体の中から言う感覚でやってください。

・ハミングを練習するには
ハミングは声帯を正しく振動させ自由にできるようにするには打ってつけの方法です。
しかも、ハミングは長時間の練習をしても喉を痛めることなく続けられるので、喉の調子がよくないときでもできます。
練習内容は次のとおりです。
1.なめらかに一音一音を出すことを意識していく。
2.最初は口を閉じながら、徐々に少しずつ開いていきます。
3.目は閉じずに開いて行い、視点を決めてましょう。
この練習はできるだけ小さい声で行い、眉間に響くように心がけましょう。

・舌が歌についていかない時
舌が歌についていかないとこれも何を言っているのかわからなくなる要因です。
舌を鍛えるとともにクチビルも一緒に鍛えましょう。
1.まず、鉛筆や割り箸を歯で軽く噛みながらにしてクチビルは、力を抜き開いたままの状態にします。
2.自分の好きな歌詞や文を、クチビルと顎を動かさずに発音しましょう。
このとき、クチビルを閉じなければ発音できない子音は閉じてかまいませんが、できるだけ閉じずに正確に発音するよう心がけましょう。
3.これができるようになったら、今度は何も噛まず1から練習を繰り返します。

歌を上手に歌うための基礎とは

歌を上手く歌うにあたっては、基本となる腹式呼吸を習得することから始まります。
歌手をされているプロの方や舞台俳優の方などは、腹式呼吸によって質の高い声量の素晴らしい声を出されています。
腹式呼吸といいましても、イメージがつかみにくいのが実情です。
腹式呼吸は息を吸った時にお腹をふくらませて空気をいれるような感覚を持つと良いでしょう。
空気を入れるための場所としては、お腹の中でも横腹や背中などの深い位置をイメージするとおすすめです。
日常生活において、ごく自然に腹式呼吸になりやすい場面として重たい箱などを運ぶときがあります。
一呼吸おいて、「んー、どっこいしょ」というように身構える時には、腹式呼吸が使われていることが多いものです。
腹式呼吸の練習としては、仰向けに寝転がってみてお腹の上に手を置いてみると実際に呼吸と連動してお腹が動いている感覚を感じられるのでおすすめです。
仰向けに寝転がった場合には、横腹の下へ手を入れてみて、息をした時に膨らんだ部分を覚えておきましょう。
そこの部分を意識して息を入れることによって、立っている時にも確実に腹式呼吸しやすくなります。
息を吸う深さはなるべく深く、しっかりと呼吸をすると、よりお腹と呼吸の動きがわかりやすくなります。
腹式呼吸のことがわかるようになれば、次は脱力することを覚えましょう。
歌を歌うにあたっては、ストレッチによって身体の筋肉のこわばりをほぐしておき、身体全体が動きやすいような状態でいることが重要なのです。
実際の歌手の方などもコンサートやライブの前には、必ずウォーミングアップの一環としてストレッチをされています。
歌唱するということは、身体全体のパワーを使うことなのです。
首をゆっくり回したり倒して伸ばしたり、肩や首を伸ばして動かすなど、簡単なストレッチを心がけておくと良いでしょう。
ストレッチが終わると、小さな声でハミングして息の通りや声の響きを一通り確認しておいたり、声の響かせ方などを練習して確認しておくとおすすめです。
声を響かせるためには、歌っている時の感覚がポイントです。
よく響く声を出すためには、先ほどおこなったストレッチが活きています。
肩や顎など、喉や舌などの上半身の力を抜いてリラックスして歌うことで、声に響きや伸びが生まれてきます。
そして、歌うときには口の中にピンポン玉が入っている感覚で歌うと、声が大きくなりやすく喉が開きやすくなります。
また、高音の時には喉に筒が入っていることをイメージすると、喉を締めにくくなるのでとてもおすすめです。