Tag Archives: ビジネス

ボイストレーニングの多様性

最近、その美容と健康効果が、俄かに世間の注目を集めているボイストレーニング。元々、アメリカが発祥地で、発声法の訓練として始まりました。あのケネディ大統領もプロのトレーナーの指導を受け、1960年の大統領選に臨みました。私たちの心に残る大統領就任時のスピーチは、ボイストレーニングの成果だったと言う訳です。他にも副大統領のリンドン・ジョンソン、スポーツキャスターCowdy、俳優のフェイダナウェイなど、著名な人々も名を連ねています。このようにアメリカでは、ビジネス界でも導入されている程、大変、ポピュラーなものです。日本では漸く、最近になり認知され始めました。歌手願望の人や既にプロとして活動している人、ビジネス人のためのレッスン教室など、それぞれ個人の目的に合わせて選択出来る場所が用意されています。又、自宅でも気軽に行える教材や、マウスピースなどのグッズも市販品からネット購入品まで、容易に入手出来るようになりました。ボイストレーニングの前の、身体を思いっきり伸ばす、首の軽い前後運動をする、この2つは心身の緊張を解すストレッチの役割がありますので、是非、試してみて下さい。ボイストレーニングを行う上で大事な事は、姿勢や立ち方です。真っ直ぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢で立って下さい。猫背気味の人は消化器、循環器、呼吸器など、内臓機能を低下させてしまいます。その猫背で歪んだ背骨の改善に役立ち、肩凝りや腰痛の解消にも繋がります。呼吸の仕方も日常、私達が行う胸式呼吸とは異なり、息を吸った時にお腹が膨らむ、腹筋を使った腹式呼吸が主体です。この方法は歌を歌う時の呼吸法で、息のコントロールが可能になります。タングトリル(巻き舌、ルーと発音します)、リップロール(息を出しながら、唇をプルプルと震わせる)、ロングトーン(同じ音を伸ばす)、ミックスボイス(ミドルボイスとも呼ばれる、地声と裏声の混合)、ファルセット(合唱で歌うソフトな裏声)など、多様に組み合わされた練習法がありますが、中でもリップロールとタングトリルは、特に発音の上達に貢献する練習法だと言われています。発声の練習によって歌の上達や、声の質を高めてくれるボイストレーニングの素晴らしさに、私たちは気付きました。アメリカ同様、芸能やスポーツ界なども含め、マスメディアや医療の現場など、多様なビジネスの分野で今後一層、ボイストレーニングの需要は高まっていくに違いありません。

Advertisements

ボイストレーニングで腹式呼吸を覚えて魅力的な声に

歌手やアナウンサーなどがよく行なっているとされる、ボイストレーニングは多くの効果があります。
ボイストレーニングは、声をたくさん使うような専門の職業の方以外からも、人気を集めているトレーニングであり、大いなる実用性が見込めるものであると言えます。
声という存在は、人と人とのコミュニケーションを手助けしてくれる大きな価値があり、円満な暮らしを楽しむ上において欠かせないものです。
声がもつ存在感や質感は、その人のイメージを大きく左右するような重大な役割を果たしています。
良い声を手に入れることによって、自分自身のイメージアップに繋がりますし、これからの人生においても一生役に立てることが出来ます。
ボイストレーニングをして、自分の声を向上させましょう。

良い声の出し方をするためには、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法をおこなうことが必要不可欠となってきます。
腹式呼吸を取得するための練習時間や感覚の得方は人それぞれによって変わってきますが、今から記すことを意識すればスムーズにこなせることでしょう。
腹式呼吸をする前に、一度深呼吸をしてみましょう。
呼吸をおこなうことで、人間の体は酸素を得て、リフレッシュすることが出来るのです。
同時に、リラックス効果も期待できるので、声を出す前には深く呼吸することを行なっておくことがおすすめです。
腹式呼吸を体に覚えさせる方法として、息をまず吐ききってから吸いましょう。
呼吸といいますと、どうしても息を吸うといったことが重視されてしまうことが多いです。
ですが、声を出すにあたっては、息を吐ききって、お腹に力を伝えることが求められるのです。
実際にお腹に手を当てて、息を吐いてみましょう。
少しお腹がへこむような感覚や、力が伝わる感覚を覚えられる方もいらっしゃることでしょう。
そして、息を吐ききると、人間の体は自然と息を吸おうとするので、特別意識せずとも新しい空気が肺にきます。
この動作で、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法は完了です。
しかし、実際に声を出すことと腹式呼吸をどう結び付ければ良いのでしょうか。
そこを考えてみましょう。
今度は、息を吐ききるときに声を出してみましょう。
すると、へその下のあたりに軽く力が加わり、パワーのある声を出すことが出来ます。
練習していくうちに、声量が増えていき、一度に吸うことの出来る呼吸の量が増えます。
腹式呼吸は、毎日継続して練習することが大事です。
仰向けに寝っころがって、お腹に手を当てながら声を出すという方法も、初心者にとって一番わかりやすいのでおすすめです。

仕事に活かせるボイストレーニング

“部署移動で人事部での採用の仕事に就く事になりました。この仕事は人前で話す機会が非常に多いです。
企業説明会では多くの学生の前で話す事になりますし、面接では一対一で話す事になります。
そして痛感したのが、自分がいかに話し下手であるという事でした。
上司の指摘によると、声が上ずっていて聞き取り難くく、また言葉の語尾がはっきりしない、というのが問題との事でした。
そんな時、入社式と新入社員の研修を担当する事になりました。これは100名以上の前で計数時間に渡って話す事になります。
社長や取締役も参加しますので、下手なところを見せる訳にはいきません。早急に対策を講じる必要が出てきました。
そんな時にボイストレーニングの広告を見たのです。
ボイストレーニングと言いますと、歌手の人が受けるものだと思っていましたが、
それ以外にも、一般の人が上手く話せるようになる為に受ける場合も多いそうです。
幸いにも短期集中講座が夜間に開講されていましたので、私は早速受講する事にしました。
初めてのレッスンでまずやったのはなんと顔のトレーニングでした。
顔の筋肉をほぐす事から始まったのでした。口を大きく開ける事が重要で、筋肉が硬いままだと引きつってしまうらしいです。
筋肉がほぐれたら実際に声を出していきます。母音を発音する時の口の開け方を繰り返し練習していきます。
母音の発声をしっかりマスターする事で子音の発声もしっかりしたものになるのです。
翌日は顔が少し筋肉痛になっていました。
2回目の講座では前回の復習が中心となりました。2回目だけあってみんな上手く発声出来ていたように思います。
3回目には腹式呼吸を交えた発声を教えてもらいました。腹から声を出す事の重要性とそのコツを習いました。
4回目からは実戦訓練になりました。教壇に順番に立って決められた文章を話すのです。朗読ではなくスピーチですね。
緊張していまいましたが、習った事を思い出してやってみると意外と評価してもらえました。
5回目が最後の講座になります。ここでは好きなテーマで一人5分間の持ち時間で自由に話します。
前回に予告されていましたので、私は前もって最近の学生について話す内容をまとめてきていました。
私の番が来ました。これまでの総決算として大きな声でハッキリと話す事をこころがけました。
その結果、少々オーバーな話し方になってしまったかも知れませんが、講師の方には最高の評価を与えてもらいました。
そしてこの講座を受けたおかげで、懸案だった入社式と研修も問題なく終了したのでした。

ボイストレーニングでいい声を手に入れましょう

“ボイストレーニングとは、もともとプロのミュージシャン、プロ志望のミュージシャンが、正しい呼吸法と発声法をトレーニングし、上手に歌を歌うためのものです。
しかし、最近は、正しい呼吸法、発声法をマスターしていい声を出すことは人にいい印象を与えることに繋がるなど、歌うこと以外にも広い可能性が期待され、ビジネスマンや、接客業、学生にもボイストレーニングを受ける人が増えています。

例えば、会社の社長。
社員に強いメッセージを伝えるために、言葉のパワーと同じくらい、声のパワーは重要です。
それが適切な言葉のメッセージだとしても、何を言っているかわかりにくいと、言葉はストレートに伝わりません。
明瞭で、かつ重みのある声で、伝えられるメッセージは、それが言葉がシンプルであっても、聞いている人の心にストレートに伝わります。
特に、権威を表すときは、声のイメージも大切です。

ビジネスマンのイメージも声ひとつで変わります。
いい声であいさつをするだけでいい印象を与えられますし、会議で意見を述べるときも、いい声で話せば、その意見が素晴らしいものに聞こえます。
電話でも明瞭な声で応対すれば、仕事のミスが減ります。
いい声は仕事のできる人を演出できる最強のアイテムです。

接客業はどうでしょうか。
サービスを受ける側の立場で考えてみましょう。
例えば、何を言っているかわからない人、不快な声の人に接客された場合、あまりいい気分にはなりません。
サービスの種類によって求められる声の質は違いますが、リラクゼーションを目的としたサービスを受ける場合は、特にリラックスできる声が求められます。
声は天性のものとの考え方もありますが、諦める必要はありません。
もともと癒し系ボイスを持っていない人でも、ボイストレーニングによって、地声を心地よい声にコントロールすることも可能です。

学生さんなら、入試の面接や、就職活動で、いい声を武器にすることができます。
声で快活な印象や、知的な印象を演出することも可能です。
履歴書の情報よりも、声のメッセージは非常に強いイメージとして残ります。

このように、声は、人に与える印象を左右し、仕事や進路、生活、人格までに影響します。
いい声を手に入れれば、いい人生が手に入る、成功しやすくなるのは間違いありません。
ボイストレーニングを、スキルアップの手段のひとつとして取り入れる企業も増えています。
いい声を手に入れるために、ボイストレーニングを始めてみませんか。