Tag Archives: ブレス

ボイストレーニングの重要さ

声を出すしくみとは、声帯を息で振動させて音を出すという簡単な事です。
その振動が速ければ高く、また逆に遅ければ低く響きます。

また、振動は大きければ強く、小さければ弱く小さい音に響きます。

人間は無意識にこれを応用して
低い声、高い声、大きい声、小さい声を使い分けています。

歌うという時には、
この簡単な原理を緻密にコントロールする事が必要になります。

このコントロールが上手くできれば、
自分の身体のなかに素晴しい楽器を持つ事になるのです。

では本題に入りましょう。
どのようにすれば コントロール出来るようになるのでしょうか?

簡単に言えば、神経 とその指令を受けて適格に働く筋肉を鍛える事です。

主に、腹筋、背筋、首、肩などの筋肉の働きが発声のために必要になります。

声帯をうまく振動させれなければ、
音程も音量も適格にコントロールできません。

また、声帯を振動させる為の息も、
その送りだす量やスピードの調整が適格でなければ、
低い声から高い声まで綺麗に響きません。

更に喉のなかの空間の広さも声の音質に関わります。
母音による響きの違いも把握しなければなりません。

このように、発声のコントロールは大変な事に思うことが多いと思います。

確かに自由自在にコントロール出来る事は決して簡単ではありません。

しかしこれも、ステップ バイ ステップでボイストレーニングする事で、
必要な神経と筋肉をつくる事ができます。

声には、地声、 裏声、ハーフミックスボイスの3種類があります。

人により持っているレンジ(音域)は、
元が低めの人、高めの人と様々です。

その音域も、低いほうは無理ですが、
高域はトレーニングによってのばす事が可能です。

高い声を出そうと思った瞬間に神経が筋肉を縮めてしまい、
自分で首を締めた状態にしてしまいます。
これはつらくて苦しい発声です。
これもまた前に述べたコントロールができないせいです。

無理矢理に怒鳴って出してしまおうとしても無理で、
声帯を傷つけてしまう恐れがあります。
余談ですが、歌も好き嫌いのものですから、
このような発声が、人によっては、
たまらなく好きという人がいてもおかしくはありません。
でも歌う本人にとっては、間違い無くつらい事でしょう。

特に地声での高音の発声は、速い振動と強い振動が必要なので、
楽に歌えた低音の時とは違った息の調整や、その為の筋肉の使い方、
更に喉の空間の開け方を要求されます。
要するに、息の送り方が重要なのです。 
そこで、ブレス(息継ぎ)の大切さが出て来ます。

歌う時の呼吸では、息をはく方が圧倒的に重要です。
吸う事は意識しない方がいいくらいです。

吸う事に意識過剰になると、よけいな筋肉が働き疲れるだけじゃなく、
肺に入る量も逆に少なくなるからです。
息をはく方は腹筋の使い方がポイントになります。
この腹筋の力で出す息の量やスピードを調整するのです。

短く細切れに発声する(スタッカート)時も、
一息で長く出し続ける(ロングトーン)時も、
共に腹筋が上手く働く事により楽に安定したコントロールができるのです。

低い地声から徐々に高い方に移行して行くと必ず限界が来ます。
その上からは裏声に変えていくのですが、
この裏声(ファルセット)の発声法がとても重要です。 
裏声で発声してる時は喉が締っていないので楽なのです。
これがポイントなのです!

Advertisements

腹式呼吸で簡単にカラオケ上達

カラオケ上達にも不可欠な腹式呼吸は、声量アップにもまた声の音域を広げることにも効果を発揮します。
腹式呼吸を身につけることで、息の送り出しが安定します。
これにより、息の強さを変えずに一定に伸ばしたり、最後まで息を使い切ったり、息を強く出したりといったことが可能になります。

まず、自分が寝ているときを思い出してみてください。
もしくは実際に横になってみてください。
呼吸をするたびに、おなかが上下しているのがわかると思います。
横になっているときには、知らないうちに誰でも腹式呼吸を体験しているのです。
大切なことは、息を吸ったときにおなかが膨らみ、息を吐くときにはおなかが縮むというイメージを持つことです。

おなかの中に空気を入れるつもりで息を吸い、おなかの底から息を吐いていくと言ってもいいでしょう。
腹式呼吸を誤解されている方も多いかもしれませんが、本当におなかの中に空気がたまるわけではありません。

では次に、腹式呼吸を実感する方法をご紹介します。
まずはおなかに手を当てて息をゆっくり吐いていきます。
最初のうちは、おなかをへこませていくようなつもりで息を吐きます。
おなかが縮んでもうこれ以上息が出ないというところまで息を吐ききってもすぐに息を吸ってはいけません。
そのまま吐ききったところで止めておきます。
少し苦しくなるまで我慢してみてください。
ちょっと苦しくなってきたところで息を吸う(ブレスする)わけですが、ここが大切なところです。

口から息を吸おうとせずにおなかをパッとゆるめてやります。
あるいは、へこんでいたおなかを開放してやるつもりとかおなかを広げてあげるつもりなどと言ったほうが感覚的にわかりやすいでしょうか?

するとおなかがポンプのように働いて口を軽く開けただけでも深く息が入ってくるのがわかると思います。

ここで意識を向けておいてほしいのは、息を吸っているというよりは、自然に息が入ってくるこの感覚です。
リラックスしてこの呼吸方法を最初から何度か繰り返してみてください。

腹式呼吸の感覚を掴んだら、次に実際に声を出して練習をしてみましょう。
腹式呼吸には、ロングトーンの練習が適しております。

ロングトーンとは、一定の音を伸ばす練習方法です。
どの音程でも構いませんので、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。息を吐ききるあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐ききれるように練習しましょう。
吐ききれなくなったら、おなかを緊張させた状態でしばらくキープするとより効果的です。

腹式呼吸と胸式呼吸とボイストレーニング

ボイストレーニングの教室に通い始めた初心者の方も多くいるでしょう。
中には、プロを目指している方もいるでしょう。
また、カラオケがうまくなりたいから通うという方もいます。
それぞれの方にそれぞれの目的がボイストレーニングにはあります。

ただし、はじめたばかりの時に誰しもハードルとなってしまうものがあります。
それは、腹式呼吸と胸式呼吸というものです。
教室の方で講師の方に、胸式呼吸であると指摘される機会が多い方もいます。
たしかに、歌う時には胸式呼吸であるよりも腹式呼吸のほうがよろしいという情報は知っている方も多いでしょう。
しかし、その違いを理解していなくて、講師の方に指摘されるごとに困惑してしまう方もいます。

では、その腹式呼吸と胸式呼吸の違いというものですが、
まずは今日意識呼吸のほうを確認してみましょう。
胸式呼吸とは、胸のまわりに呼吸してすいこんだ空気を入れてしまう呼吸方法というものです。
特に問題はないと思っている方もいるかもしれません。
しかし、お腹の中から声を出すことにつながってきませんので、全くよろしいものではありません。
そちらを確認する方法もあります。
自分で胸式呼吸をしていると分かればそれに対処していくことができるのです。
ブレスというものをした場合ですが、肩や胸がもり上がるかどうか、を確認していくだけです。
鏡などを観ながら確認をしてみると格段に分かりやすいです。
ブレスした時に、上半身を観ていきましょう。
服を着ていましても、Tシャツなどの薄い上着でしたら対応できますので、
ボイストレーニングいをする時などは特に着目しなければいけない部分です。

ちなみに肩や胸が動いている場合には間違ったところに空気を入れているということになります。
ですので、そのままでは歌がうまくなることは期待できます。

一方で、腹式呼吸ですが、ブレスをしていきますと腹部が盛り上がるようになります。
お腹に手を添えながら、ブレスしていくといいでしょう。
簡単に確認していくことができます。
普段からそういった呼吸をしていけるようにボイストレーニングをしていくべきです。
ちなみに腹部が動いているのが分かりましても、胸や肩が動いていては意味がありません。
胸式呼吸をしっかりしないブレス方法を自分に覚え込ませるのです。

腹式呼吸と胸式呼吸とボイストレーニングは以上のような方法で可能になります。
また、この機会に運動をしてもよろしいでしょう。
運動をしますとしっかりとした呼吸法を覚えることになります。
ちょっとしたジョギングについてもボイストレーニングの一環と言ってもよろしいのです。