Tag Archives: ヘッドボイス

ファルセットをマスターすると感情に訴える歌が歌える

ファルセットとは、声帯を開き気味にし、息漏れさせた裏声のことです。
ファルセットが出せると、感情に訴える繊細な声を作ることができます。
息漏れが多く、ソフトで声量も控えめ。これがファルセットです。

高音の発声法と思ってしまいますが、音程とは関係なく、
開き気味になっている声帯の状態を指す言葉です。

ファルセットのとき声帯は、開き気味になっているため、多量の息が流れ込み、
声帯の端だけが振動しています。

ソフトな裏声なので、簡単に出来そうに思ってしまいますが、
実は歌うときに、かなりのパワーを必要とします。
横隔膜の筋肉の訓練が出来ていないと、ファルセットはうまくできません。
ファルセットを覚える前に、まず腹式呼吸法や丹田呼吸法をマスターすると良いでしょう。

ファルセットを歌うには、パワーが必要と言いましたが、
肩や喉に力が入っていては、ファルセットは歌えません。
全身をリラックスさせることが重要です。

ファルセットを出すときは、頭の後ろの方を響かせるようにしてください。
その際、喉は1本の筒のようなイメージで、そこを空気が通り抜けるような感じです。
その声を後頭部に当てるようにして発声します。
その感じで「アー」と裏声で声を伸ばしてください。
そのまま徐々に力を抜いていき、声を息漏れさせていきます。
音が、頭を抜けて上空に舞い上がっていくようなイメージです。

声を息漏れさせるかさせないかは、声帯の開け閉めで調整されます。
声帯を閉じれば声は響き、力強くなります。
反対に声帯を開けると声は息漏れし、弱々しくなっていきます。

ファルセットをうまく出すには、
裏声の状態で声帯の開け閉めを自在にコントロールすることが肝心です。

喉や首、肩、お腹に力が入っていると、美しいファルセットは出せません。
ファルセットのとき声帯は、薄く伸びている状態になります。
声帯が縮んでしまっていたら、ファルセットを出すことはできません。
声帯を薄く伸ばすためには、全身をリラックスさせた状態でなければなりません。

裏声には、ファルセットのほかに、ヘッドボイスとホイッスルボイスがあります。

ヘッドボイスとは、芯がある強い張りのある声のことです。ヘヴィメタルの歌い方です。
ヘッドボイスは頭蓋骨に響く声です。叫び声とは違います。

ホイッスルボイスとは、超高音の声のこと。マライヤキャリーのような声をいいます。
声というより、声帯の隙間から出る音のイメージです。

声の響きを訓練するのにハミングの練習は最適ですが、
ハミングはファルセットではありません。

ファルセットが出来るようになると、より感情に届く歌が歌えるようになります。
声帯の開け閉めをうまくコントロールして、いろいろな声質を出せるように練習してください。

高い声を出すために~ファルセット~

ファルセットというのは、いわゆる裏声のことです。
地声で広い音域を出そうとするとのどに無理がかかりますし限界がどうしてもあります。
ぜひこのファルセットを自由に使えるようにボイストレーニングをしてみてください。
ファルセットで出す声の美しさというのもあります。コツもありますので、
ぜひ練習されてみることをお勧めします。

ファルセットには大きく分けて3種類あります。
①裏声
②ヘッドボイス
③ホイッスルボイス
です。どのファルセットも通常の地声(チェスト)とは発声の仕方が異なりますので、
慣れるためにチェストのボイストレーニングとは別に分けて行う方がよいです。

あなたは裏声をだせますか?なかには、出し方が分からない方もいらっしゃると思います。
そんなかたは、まずリラックスしてのどを開くことから始めましょう。
のどを開く、というのは下の奥(舌ののどの方の場所です)をぐっと下にさげることです。
うがいをするときにのどを大きくひらいてごろごろしますよね。
あの時、のどが自然に開いているのです。あの感覚を再現してみてください。
意識しすぎると不自然に体に緊張感がでてきたりしますので、よくわからない場合はとりあえずそういう方が裏声が
出しやすいということを覚えておいて、折々にのどを開ける練習をしてみてください。
こころもち、気持ちばかりのどが広がればそれでOKです。
小さな声でやわらかく声を出してみましょう。吐く息は大目になります。抜けていく感じです。
いろんな音程を出してみましょう。小声で出すことができてきたら、だんだん大きな声にしていきましょう。
向う側の壁にぶつけるような感じです。この裏声だけで歌えるようにトレーニングしてみてください。
裏声を使うという感覚がだんだんつかめてくると思います。

ヘッドボイスは普通の裏声に比べて強い裏声です。声の当たりが強い感じです。
へヴィメタルでの歌い方に使われています。ロックのB’z稲葉さんもよくつかわれている発声方法です。
このヘッドボイスの練習は、ふつうのファルセットに十分慣れてから行ってください。
少し声の出し方が異なるので、混乱が起きやすいのです。

ホイッスルボイスは、のどの声帯をかなり閉めた状態でだします。
のどで口笛を吹くように、のどのあたりで隙間をつくる、声帯の隙間から出てくる息もれの音であるともいわれます。
このホイッスルボイスも、練習する場合はヘッドボイスがある程度形になり高音まで出るようになってから
やってみてください。やりすぎはのどを痛めますので要注意でもあります。

音域を広げて、楽しく歌うために必要なファルセットの紹介をさせていただきました。
練習しているうちに突然でるようにもなったりするので、是非挑戦してみてくださいね。

高い音を出すためのコツ

音域の広い歌を歌えると嬉しいものです。特に透き通った高音が無理なく出せると清々しい気持ちになります。
もちろん元から声の低い人もいれば高い声の人もいますが、トレーニングである程度までは音域を広げることができますし、
裏声を地声のように聞かせるテクニックもあります。
一応の目安はリップロール(唇をプルプル高速で振動させる)をする時に低音から始め高音へと移動していき、
もうこれ以上の高音は出せないというところまで行きます。
その高さは通常歌っている最高音よりも高いはずです。
その高さまでは出せる能力があるということですから、そこを目指して音域を広げていきましょう。

高い声を出す王道はまず呼吸法を徹底することです。
のどで無理をしても長続きはしません。
正しい呼吸法が徹底されれば地声そのものの音域も広がりますし、裏声を使うときにも弱弱しい裏声ではなくしっかりした広がりのある裏声が出せるようになります。
また地声と裏声の境を曖昧にすることができますので発声方法は違っても聞き手にはスムーズに低音から高音まで推移しているように聞かせることもできます。
しっかりと横隔膜を下げ、腹の底から声を出すことです。腹というよりも腰からと言ったほうがイメージしやすいかもしれません。
体に空気を入れる範囲を喉から肺、お腹、さらに横隔膜を下げて腰、足の付け根にまで広げると想像してみてください。
言葉で説明するのは難しいですが、実はこのような呼吸の仕方は無意識のうちにしていることがあります。
それは大きなあくびをする時です。あくびをする時は自然と喉からお腹の底までを1本の通り道にしてより多くの空気を体内に入れようとしています。
今度あくびが出たときには自分がどんな呼吸をしているかに意識を向けてみましょう。

しなやかで強い腹筋や背筋は無理のない発声には欠かせませんので、意識して鍛えるようにしましょう。
喉を緊張させるのではなく弛緩させ楽にします。
そして遠くの人に歌いかけるつもりで発声してみましょう。
この練習も毎日続けると徐々に音域は広がってきます。

裏声にはファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイスなどに分類されるものがあり、また男性と女性では裏声を使う用途と発声法も異なることから目的にあったものを習得する必要があるのですが、上に挙げたようなことはどれにも当てはまるものですから毎日の練習に取り入れてみましょう。
音域が広がるだけでなく、声の質を高め、より「聞かせる」歌が歌えるようになります。

ヘッドボイスと使いこなしていくためのボイストレーニング

歌は裏声が特に重要なものになります。
裏声を使いこなせませんと、下手に聞こえてしまうようなこともあるのです。
下手に聞こえてしまうような裏声はよろしくありません。
ただし、裏声にもいくつかの種類があります。
そのいくつかの種類をボイストレーニングで手に入れていくべきです。
それを曲の中が使いこなしていくようになさるべきです。
それほど難しいものではありませんので、
しっかりとチェックしてみるといいのではないでしょうか。

そこで裏声の一つですが、ヘッドボイスというものがあります。
ヘッドボイスというものですが、裏声の出し方の一つになっています。
特にクラシックといったものなどで使われる裏声の出し方となっているのです。
ソプラノ歌手などがよく使いこなしているのです。
高音域を奏でる方法として使う一つの声の出し方となります。
そのようにプロの方が利用しているものですが、
何もプロだけが習得しているものではありません。
一般の方も利用していくことができます。
そもそもボイストレーニングでしっかりと身につけることもできるのです。
最初は難しく誰しも思ってしまいます。
ただし、身につけるためのボイストレーニング方法もあります。

まずトレーニングのテーマとしまして、息漏れをしていないということが重要になります。
そして喉が開いているという特徴も必要です。
以上の二つに注目をしまして、
ボイストレーニングをしていくということがどうしても必要になってきます。

息漏れにつきましては、マイナスも多いです。
息漏れしていると、息が漏れたような音がします。
すーっというものが聴こえてしまうことがあるのです。
結果的に、息も長く続かなくなります。
長い時間、高音を出していくことができないこともあり得るのです。
息漏れに確実に対処していくことがヘッドボイスにはどうしても必要です。

また、喉が開いているという部分ですが、
開いていますとふくらみのある裏声が出るようになります。
まさにクラシックのソプラノ歌手のような声になっていくのです。
高音域でも喉を開けるように練習を繰り返していくことが大切になります。
例えば、男性でしたら女性の曲を何度も練習していくといいのではないでしょうか。
女性の曲を確実に歌えるようになりますと高音の練習にもなります。
そして喉の使い方も熟知していくことができるのです。
喉が閉じていてはなかなか女性の曲を男性は歌えません。
また、女性でありましても、
特に高音が多い曲を練習していくことで喉の使い方がしっかりと理解できるようになります。

歌唱力を上げるために知っておきたいこと

楽しい人生を過ごすにあたって、カラオケや飲み会など歌を披露する機会は何かと多いものです。
そこでもっと上手に歌が歌えればな、と考えられている方が多いことでしょう。
そのような方はぜひ、ボイストレーニングにチャレンジしてみましょう。
ボイストレーニングは敷居が高そうに感じられる方が多いですが、ほんの少しの知識と練習によって、素敵な声や歌唱力や音感など大きな価値を得ることが出来ます。
まず、ボイストレーニングや歌を上手く歌うために知っておいた方が良い知識を紹介させていただきます。
皆さんはカラオケなどでどのような声で歌われているでしょうか。
普段使っているしゃべり声とあまり変わらないといった方もいらっしゃると思いますが、実はボイストレーニングの世界ではそれは良くないこととされているのです。
歌を歌うためには、しゃべり声とは別物である、「歌声」を用意する必要があります。
なぜかと申しますと、喉を痛めやすいことや、声の美しさや音域が劣るということが挙げられます。
カラオケですぐ喉が枯れてしまったり、声が悪いと嘆いている方は、ぜひボイストレーニングに取り組んでみましょう。
歌声はお腹から声を出すようなイメージで、腹式呼吸をすることによって、美しく引き出すことが出来ます。
練習を重ねるうちに、上達するので最初から綺麗に声を出しすぎなくても大丈夫です。
歌声には、音の高さに応じて声区と呼ばれる概念があります。
声区を一つずつ紹介しましょう。
まず、普段会話するときに使われている音域であるような声区であれば、チェストボイスや地声と言われます。
練習を積まなくても出しやすく、しっかりとした太い声であることが多いです。
チェストボイスは、歌を歌うにあたって土台となってくるような基本的なものです。
続いて、チェストボイスよりも高い音を出そうとしたら、裏声を使うことになります。
裏声は、普段の話し声とは違って、高くやわらかい印象を受けることが多いです。
裏声の声区は、ミックスボイスとヘッドボイスとファルセットという、三種類もあります。
ミックスボイスは、地声と裏声が混ざり合った(ミックス)されたような声質で、聞いてみると裏声ですが力強く、地声と質がよく似ています。
一般的な歌手などでもよく利用されているので、なじみ深い存在です。
ヘッドボイスはそれよりも高い音であり、声楽やオペラなどでよく使われています。
地声ほどパワフルではありませんが、やわらかな高音です。
最後に、ファルセットとは、息が漏れている弱い裏声です。
裏声は、最初は誰だって出せないものですが、練習によって鍛え上げることが出来ます。

ボイストレーニングには、無限大に広がる大きな可能性があります

従来、ボイストレーニングは、歌を上手く歌える様になる為の手段として一般的な認識がなされてきましたが、昨今では通常の話し声を含め、声質全体のよりよい改善が期待される事から、自分の声にコンプレックスを持つ人たちの悩みの解消にも、大いに役立っています。

ボイストレーニングのスタート前にストレッチを取り入れてみましょう。屈伸運動やマッサージなどで首回り、腹筋、背筋などの筋肉が温められ、解れる事で声が出やすくなる効果が期待出来ます。

基本的で大切な腹式呼吸を正しく行うためには、鼻から息を吸って、口から息を出すイメージです。空気のポンプに似た役割を持つ、おへその下、約5cmの所にある丹田はお腹周り全体が、息を吸うことによって膨らみ、吐くことによってへこむ腹式呼吸法が正しく行われているかを確認する重要なポイントになっています。

横隔膜をきちんと水平に下部に下げる事で、息の効果的な調整がスムーズに運びます。息の吸い過ぎは、胸式呼吸になり兼ねませんので、注意が必要です。

発音練習では最も軟弱と言われる、フォルセットを鍛える事から始まります。ホーの高い音で声を出し発音するやり方は、使い切れていない元々の音域を取り戻す目的で行われ、最終的には、チェストボイスとファルセットを、それぞれ明確に発声出来るようにします。これは、音痴の改善にも効果が期待されている練習法です。

次は裏声の発声の1つ、ヘッドボイス。声楽などの高い音域の歌を、又、ミドルボイス(ミックスボイス)はヘッドボイス同様、裏声の発声の仲間で、高い音域を力強く歌えるように訓練するやり方です。鮮明な言葉を目指す滑舌、発声の仕上げは、音階に沿って地声と裏声を即座に切り替える練習
となります。

それ以降はリップロールやタングトリルで、裏声に慣れる、高低の音のぶれの防止、正確な音の判断、喉を開いた状態での発声などの修得、更に腹式呼吸やビブラートの練習にも大いに役立つロングトーンは、同じ音を長く延長する為のトレーニングとなっています。発声時の立ち方や姿勢も、背筋をピンと伸ばし、腹式の正しい呼吸法で行いましょう。

毎日、自宅で出来る練習法には、声量アップに繋がるペットボトルを活用したもの、又、音程に効果が期待されるバケツを頭から被るやり方もお勧めです。日々の、少しずつでも繰り返し練習する積み重ねが返事や挨拶等に至るまで、全体的に聞き取り易く、周りに好印象を与えるなどの効果を、導き出してくれるのです。毎日、続けましょう。

ボイストレーニングの魅力は何と言っても、年齢や性別に関係なく、老若男女が誰でもいつからでも気軽に始められる、或いは参加出来る点にあるのではないでしょうか。先にも触れましたが、腹筋などの筋肉を強化する腹式呼吸は、腸の働きを促進する上、ダイエットや便秘などにも効果が期待されています。指導するボイストレーナーによって、大きくその方法が異なるボイストレーニング、大切なのは、自分がどんな目的で学ぶのかを明確にする事です。そうすれば、信頼に値する適切なトレーナーを見つけられ、学ぶ内容も自ずと決まってくるでしょう。ボイストレーニングの様々な効果が見直されてきた今、様々な分野で応用される無限大の可能性が広がりつつあります。

声をまず強くしよう。7ステップからです

ボイストレーニングはその文字のとおり、声をトレーニングします。
声を強くすることです。
しかし、いきなり声をプロの様な声を出すことはなかなか難しいことだと思います。
そこで基本となるボイストレーニングを7つ紹介したいと思います。
少しずつでも階段を登るようにうまくなっていきましょう。

まず、1に裏声の発声です。裏声の発声にしっかり慣れて行くことが大事です。普段はめったに使わない裏声に慣れることで使いこなし、切り替えのタイミングも養われます。ここではピッチ・コントロールの練習も同時に行うことができます。
2つ目にチェストボイスという地声の強化です。地声の強化は実は歌にとっては最も重要な事です。喉を開く練習になるのでしっかりと深い声を発声出来る様に練習して行くことが大事になります。
3つ目に裏声の発声の一つ「ヘッドボイス」の練習が大事になります。ヘッドボイスとは頭の上から声を出すようなとよくクラシックの人が出している方法です。ヘッドボイスの習得は高音の幅が広がるので歌える歌の範囲も大きくなると思います。
4つ目に裏声でも難しいと言われている「ミドルボイス」の練習をします。これは裏声でもない地声でもないというちょうど中間の所の歌声の練習です。このボイストレーニングをすることで高音域をパワフルに歌えるようになるのと地声と裏声の境目が目立たなくなります。
5つ目に腹式呼吸の練習です。腹式呼吸は仰向けで寝転がるところから仰向けでの発声で
自分が腹式呼吸が出来ているかと言うのを意識的に身に付けることが可能になります。
そして歌声に安定感が出るのはこの腹式呼吸が出来ることが大きいと言えるでしょう。
6つ目には滑舌の練習です。滑舌を鍛えることで言葉がはっきりと聞こえるようになりますね。
歌は語るように歌うと人の心に響くと良く言いますがこの滑舌と言うのはその大事な言葉を伝える事がしっかりできるので
ボイストレーニングでも滑舌はよく練習に用いられます。
7つ目に最後になりますが、音階を使い地声と裏声をスムーズに切り替える様に練習します。
音階に合わせてしっかりと地声と裏声を切り替えるのは当たり前の様で一番最終的な目的です。
6までをしっかり習得出来た人だからこそ7つ目の練習がやっと出来ることになります。
音階を取るまでにどれだけのボイストレーニングが重要になるかが本当に大変だと思うかも知れませんが、
一つ一つを克服することで素敵な歌声を手に入れることができますね。是非、7ステップを意識してみてください。