Tag Archives: ペットボトル

腹式呼吸とペットボトルを用いたボイストレーニング

ボイストレーニングをはじめるにあたって、まずマスターしておきたいのは腹式呼吸です。腹式呼吸を身につけてしまえば、胸式呼吸をしていたころでなかった高音や低音があるていど出るようになりますし、また声量があがります。

腹式呼吸というと、お腹で息をするようなイメージを持たれることでしょう。確かに、イメージとしてはそうなのですが、実際にお腹で呼吸をするのではありません。お腹に息を入れるのではなく、肺に息を入れるのですが、このとき、横隔膜をさげることで、お腹がダイナミックに躍動して、まるで腹部で息をしているような状態になるのです。

腹式呼吸ができているのかどうかを確認するためには、鏡の前にたって、呼吸をしてみてください。できれば、きているものを脱いでしまって、腹部をあらわにしたほうがいいでしょう。深く息をしたときに、肩などは動かないままで、横隔膜だけが動いている状態であれば、きちんと腹式呼吸ができています。

腹式呼吸のトレーニングをはじめる前に、まず腹式呼吸の感覚をつかんでいきましょう。やりかたは簡単です。

1.あお向けになってください
2.手を腹部におきましょう
3.深呼吸をしてください

そうすると、息の流れにあわせて、腹部が盛りあがるのがわかることでしょう。この感覚が腹式呼吸です。はじめはうまくできなくても、何度かくりかえすうちに感覚がつかめると思います。この感覚を忘れないようにしましょう。

腹式呼吸の感覚をつかんだあとは、実際にトレーニングをしていきます。今回は、声量をあげるための、ペットボトルを用いたトレーニングを紹介していきます。

まずは、空になったペットボトルを用意します。500ミリリットルのものよりも、1.5リットルか、2リットルのもののほうがいいでしょう。用意したペットボトルを手元においておきましょう。

次に、ゆっくりと空気を吐いていきます。大きく息を吐きます。肺のなかを空っぽにするイメージで、もうこれ以上は吐けないというくらいまで吐きます。すこし苦しいですが、トレーニングですので我慢しましょう。

それから、ペットボトルを口にくわえます。ペットボトルの中の空気を、吸いこみましょう。ペットボトルは潰れますが、気にしないでください。思いきり吸いこんでしまうのがコツです。そのあと、思いきり発声してください。

このトレーニングを繰りかえし行うことで、目に見えて声量がアップします。注意点は、酸欠に気をつけることです。トレーニングをするうちに頭が痛くなるなどの症状がでた場合は、中止してください。

自宅で出来るボイストレーニング入門

ボイストレーニングが最近、日本でも流行りだしたのをご存じでしょうか。
もはやスピーチを仕事にする人や、歌手や舞台俳優ばかりがするものではありません。
ビジネスにおいても、プライベートにおいても、魅力的でよく伝わる発声をマスターして、コミュニケーションを豊かにし、ついでに姿勢も良くなって、肺活量や基礎代謝をアップさせることも目指している、といった人たちも、もう珍しくないのです。

しかし、ボイストレーニングなどというと、大統領の演説特訓のように、プロに習うほど難しいうえ、プロから特別な個人レッスンを受ける必要があるのは、などと思われがちですが、今どきは手軽に習える教室が沢山あり、上はプロの歌い手を目指すコースから、カラオケの一曲をうまく歌えるようにといったごく日常的なニーズに応じるコースまで活況をみせています。

また、特別な決まりをもたないボイストレーニングに共通する、魅力的な発声のための基礎的な方法や多くの発声テクニックは、フリーの動画やインターネット上の情報、あるいは書籍などを通じても、しだいに世の中に広まったので、自宅で出来る練習法もたくさん知られてきています。
ちょっとここで、自宅でも簡単にトライできるボイストレーニングの方法をご紹介しましょう。

まずは、音痴を予防できるというトレーニング方法で、比較的有名なものの一つですが、頭からポリバケツを被り、歌ってみることで、自分の声を反響によって確かめることが出来、音程を修正していくことが可能です。
歌いにくいかもしれませんが、音痴を直すため大きめのポリバケツを選んで、試してみると、思わぬミスを発見して矯正することで相当急激な上達が見込める場合もあり、おすすめです。

次に、魅力的な発声の基本である、大きな声量を目指す練習法をご紹介しましょう。
ボイストレーニングでは、声を豊かに響かせるため、腹式呼吸が重視されていますが、その腹式呼吸の際、沢山の息を吸うには、それなりの肺活量も必要となってきます。

この肺活量アップのため、自宅で簡単に出来る練習法があります。
使用するのは、よく茶や清涼飲料水などとして売られている2リットルのペットボトルです。
しっかり息を吐ききったら、空のペットボトルを口にくわえて、思い切り中の空気を吸い、ぺシャッとするまで吸い込んだら、大きな声を出す、を繰り返し、ボイストレーニングするのです。
この方法は、肺活量がアップする、とよくいわれています。そうすると、声量も大きくなり、余裕のある歌い方もできるようになります。
肺活量には男女差や体格差、年齢さもありますが、練習次第でアップさせられるので、一度チャレンジしてみて下さい。

意外にも簡単・短時間でできる、ボイストレーニング

歌手になりたい!というのは儚い夢かもしれませんが、もう少しだけ自分の歌唱力をUPさせたいと思う方は少なくありません。そんな方が簡単でしかも短時間でできるボイストレーニングを以下、ご紹介致します。

■寝る前にストレッチ&腹筋

歌唱力の一つキーポイント、それは体の柔軟性と腹筋です。体が柔らかいと怪我をしにくいと言いますが、効果はそれだけではありません。毎日のストレッチにより、効率の良い筋肉を保つことができます。歌を歌う時は、喉だけでなく体の様々な筋肉を使うので、効率よく働く筋肉が必須です。ですから、毎晩寝る前にストレッチをして下さい。段々歌唱力への効果が表れてくるでしょう。

また、歌唱力に腹筋は不可欠です。歌を歌う時、声は腹から出すのが基本です。その腹に力が入らないと奥深い声を出すことができませんから、毎日腹筋を鍛えることにより、さらなる歌唱力UPを図りましょう。

■ペットボトルの空気を吸い上げる

歌唱力と肺気量も深い関係にあります。オペラ歌手のほとんどは胸板が厚いことにお気づきかもしれませんが、実は肺気量が関係しているのです。そこで、1.5リットルのペットボトル(もちろん空の)の空気を一気に吸い上げる練習をしてみましょう。

これが意外に難しいのですが、これが一気にできるようになれば肺気量が高まり、質の良い声を出すことができます。一気にやると脳の酸素不足になるかもしれませんから、これは少しずつ、段階を踏んでの鍛錬と考えるとベストです。

■歌唱力のある歌手のものまねをする

意外な練習法ですが、歌唱力抜群と思える歌手、または自分が憧れる歌手のものまねをするのも歌唱力UPにつながります。言語力と歌唱力の共通点ですが、言語力に長けている人は往々にしてものまねがじょうずです。外国語を上手に話す人のものまねができるからなんですね。

実は歌唱力も同じ脳を使っていて、ものまねが上手にできる人は歌唱力の伸びが早いのです。歌唱力の高い歌手(例えば、美空ひばり等)のものまねをしてみましょう。どんなふうに歌っているのかよく観察し、まねして歌ってみるのです。そうすると、不思議と自分の歌唱力がUPしていくのを実感できますよ!

■カラオケボックスで練習

体と喉と腹の基礎ができたら、後は練習あるのみ。カラオケボックスに行って色々な曲を歌って練習しましょう。もちろん、公園やその他歌っていてもおかしくない場所での練習もありですが、カラオケボックスなら思う存分歌えますし、メロディが流れていますから歌唱力と同時に音感を鍛えることもできます。ですので、一番のオススメはカラオケボックスです。

以上の点を踏まえ、気合を入れて歌唱力UPの訓練を行うことにしましょう!

ボイストレーニングで声量をアップさせよう

歌を巧く聞かせることができる条件は、何だと思いますか?
色々なものが条件が頭に浮かぶと思いますが、その中に「声量」があるのではないでしょうか。
声量があると、安定して大きな声を出すことができる様になります。
大きな声というのは、ただ喉から出す大声ではありません。
喉から出す声と言うのは喉を痛めますし、美しい声にはなりませんので、歌には不向きです。
声量がある声は、色々な音域の声を安定して出すことができていますし、声のとおりも非常によくなりますので、それだけ歌が上手に聞こえます。
歌が巧いといわれる歌手の歌を聞くと、声量がある人であることが多いので、声量がいかに大切なのかが解るでしょう。

▼声量をアップさせるためのトレーニング
まず、声量をアップさせるためには「身体のトレーニング」をしていく必要があります。
歌を歌うためには腹式呼吸が重要だということは、もう御存知でしょう。
でも、より声量をアップさせた歌い方をするためには、腹筋をして横隔膜を鍛えなければなりません。
これはあらゆるトレーニングの基本なのですが、実は「腹筋なんて面倒だしやりたくない」と言って、続けない人も多いのです。
せっかくトレーニングをしても、これでは声量をアップさせることはできないので、毎日コツコツと努力することが必要です。

さて、腹筋と並行してやっていきたいのが、ペットボトルを利用したトレーニングです。
大き目のペットボトルをひとつ用意して下さい。
そして、息を吐き出せるだけ吐き出して、「これ以上はいたら苦しい」というところまでやっていきます。
その状態でペットボトルを口にくわえ、思い切り息を吸い込みます。息がしっかりと吸い込めていると、ペットボトルの形が変形します。
吸い込んだ状態で、今度は声を出していきます。
身近にあるアイテムを利用した、非常にお手軽なボイストレーニングですが、この方法を続けることで確実に声量はアップしていきます。
あくまで、腹筋をして横隔膜を鍛えながらやっていくのがオススメ。
少しずつですが、自分の声量がアップしていくことを実感することができるでしょう。

また、ストローを使ったトレーニングもあります。
息を思い切り吸い込んだ状態でストローを口にくわえ、息を吐いていきましょう。
最初は、10秒吐き出したら息が苦しくなってきてしまうと思います。
これが、20秒〜30秒と続けてできる様になれば、声量が上がってきている証拠になります。
簡単な方法ですが、効果も目に見えますし、やってみて損はありません。ぜひ挑戦してみて下さいね。

簡単にできちゃうボイストレーニング術

ボイストレーニングといえば少し堅苦しいイメージを感じるかもしれませんが、実は簡単に実践できます。
人それぞれトレーニングに取り組む動機は違いますので、まずはその動機を明確化することから始めましょう。
紙でもパソコンのメモ帳でもいいので、それを書き出して自分の目的をはっきりさせることが一番初めにすべきことです。

歌が上手くなりたい、と考えるならもっと具体的にイメージしてみましょう。
好きなアーティストの歌が歌えるようになりたいのか、歌えない歌がないぐらいなんでも歌いたいのか。
目的が大きい分、高音を出せるようにしたり、声を大きく出すための発声練習をする必要が出てきます。
歌唱力が身につくまでの時間がかかる事もあります。高い音を出したいだけなら1週間程度で感覚を身につけることができます。

なので無駄なくボイストレーニングを実践するためにも目標を明確化することから始めてください。

次に簡単にすぐ実践できるボイストレーニングの紹介です。
ペットボトルを用いて声を大きく出すようにする方法と、物真似をして色んな声の特徴を掴む方法です。

まず2リットルの一番大きい空のペットボトルを用意します。大きな声を出すのでカラオケルームへ行くのがいいでしょう。自宅だと近所迷惑が気になると思います。
ペットボトルと大きな声を出せる環境の準備できたら、やってみましょう。
まずは喉を痛めないように歌を1曲歌うなり、発声練習をするなりしておいてください。
そして深呼吸をするように大きく息を吸って大きく吐き出します。
これ以上吐ききれないところまで吐いたら、すぐにペットボトルをくわえてボコボコにペットボトルが潰れるまで中の空気を吸い込んでください。
潰れたらすぐにありったけの声で叫んでください。この時、喉に痛みが走らないように気をつける必要があります。
なのでペットボトルのトレーニングをする前に準備体操ということで、声を出しておかないといけないのです。

次に物真似をする方法です。自分の今扱える音域を知るのにもいいですし、色んな歌手の歌い方を参考にするのにも向いています。
ただ聴いてそのまま分かったつもりでいるのと、実際に自分で試してみるのとでは全然力のつきかたが違います。
最初は下手でいいです。真似したい相手の声を実践して掴むというのを意識しながらやってください。友達と遊び感覚でやるのも楽しくて良いでしょう。

今回紹介した方法はいずれも今すぐに実践できる方法です。特別難しいトレーニングをすることもないシンプルなやり方です。
簡単ボイストレーニングで素敵な声を手に入れてください。

声量をアップさせるためのボイストレーニング

歌を確実にうまく歌っていくためには、声量というものが大事になります。
大きな歌声を出していくということを行っていく必要性があります。
歌というものが、出すところはしっかりと声を出して対処していく必要があるのです。
しかし、中にはどうしてもおおきな声が出しにくいという方もいます。
また、おおきな声は出せましても、
その声がかすれてしまうというようなことも考えられるのです。
そういった事ではいけませんので、
しっかりと声量をアップさせる方法を考えていくといいのではないでしょうか。

声量をアップさせるためには、ボイストレーニングをしていく必要があります。
しかも、それほど難しくない存在となっています。
例えば、声量をアップさせる方法としますと、ペットボトルを使ったものがあります。
有名なものですので、知っている方も多いでしょう。
呼吸法を覚えていくことにもなりますし、腹式呼吸を覚えていくことにもつながります。
おおきな声が出せる以外にも効果を持ってくる可能性があるのです。

では、その声量をアップさせるということでペットボトルを使っていくものですが、
まずは一気に息を吐き出していくようにします。
そしてその時点でペッドボトルを加えます。
そのペッドボトルがへこむくらいに息をすいます。
その後におおきな声を出していくというものです。
たったそれだけで、
声量をアップさせるようなボイストレーニングをしていくことができるようになるのです。
ただし、1回だけで大きな声が出せるわけではありません。
上記したペットボトルを持ちいたボイストレーニングを複数回行っていくことがお勧めになります。
毎日少しずつでもよろしいです。
しかし、忘れることなく行う必要性があります。
おおきな声を出すということは技術的なものもありますが、
コツというものをつかんでいく必要性があるのです。
コツをつかむためには複数回の練習がどうしても必要になってくるというわけです。

また、バケツをかぶって歌の練習をするという方法も実際にお勧めになります。
おおきな声を家の中でも出しやすくなる方法です。
しかも、バケツをかぶる方法は自分の声を聴きやすいというメリットも存在しているのです。
音程の確認がしっかりとできるようになりますので、
二つの声量アップのためのボイストレーニング方法ですが、
全く難しいものでもありませんので確実に利用していかれるといいのではないでしょうか。
それほど難しいものでもありません。

ペットボトルで腹式呼吸の練習法

発声練習をすることに欠かせないのが腹式呼吸になります。腹式呼吸のマスターをすることによって高音、低音とそして音域を広げたり声量が深く太くなります。歌をうまく歌いたいと思うのであれば是非習得しておきたい呼吸法になります。
腹式呼吸と言うとお腹で息をしようとすると思います。確かにイメージとしてお腹で息をすると言うのは正しいのですが、実際にお腹で呼吸をするわけではありません。それはお腹に息は入りませんよね。息は肺に入ります。肺に入れる時に横隔膜を下げることでお腹を躍動させることで息をしている状態、これが腹式呼吸になります。
自分が腹式呼吸が出来ているのか、まずはテストしてみましょう。鏡の中で薄着になって腹部がわかりやすいようにしてください。深呼吸をした時に肩は動かないまま横隔膜だけが動いている状態であればきちんとした腹式呼吸が出来ているでしょう。

腹式呼吸のトレーニングの前に腹式呼吸の感覚を体になじませましょう。やり方として仰向けになり、お腹に手を当てて深呼吸してください。息の流れと合わせて腹部が盛り上がるのが分かるはずです。この感覚が腹式呼吸ですので忘れないでください。

ではここからペットボトルを用いた腹式呼吸のボイストレーニングを紹介します。これは声量を大きく上げるトレーニングになりますので是非挑戦してみてください。
最初に空になったペットボトルを用意してください。500ミリリットルのものよりは大きな1.5リットルや2リットルのものの方がいいです。用意が出来たら手元に置いておいてください。そして、ゆっくりと空気を吐いていってください。その時に大きく息を吐いていってください。肺の中を空っぽにするようなイメージでもうこれ以上吐けないところまで吐きましょう。少し苦しいかもしれませんが、トレーニングなのでしっかり行なってください。
その状態からペットボトルを口にくわえます。ペットボトルの中の空気を吸い込みましょう。ペットボトルを潰すくらいの勢いで吸い込んでもらって充分です。潰れることは気にしないでしっかり吸い込んでください。そしてその後におもいっきり発声してください。しっかりとした腹式呼吸になると思います。
このボイストレーニングを繰り返し行うことで目に見えた声量のアップが期待出来ます。
注意点としては息を大きく使いすぎて酸欠にならないように気をつけてください。頭が痛くなったり喉を痛めたりといった場合は練習はお休みするようにしてください。