Tag Archives: ボイストレーナー

ボイトレは、高いハードルではないので、気楽に利用してみましょう

あなたは、スクールに行って専門のトレーナーに教えてもらわないと、ボイトレができないと思っていませんか?
たしかに、プロに教えてもらうと弱点をアドバイスしてもらえるので、上達が早くなることはあります。
しかしながら、そんなにお金をかけなくても、自宅でカラオケを行える方法があるので試してみるのも一つの方法です。
このように多くの情報が行き渡った時代では、ボイトレのノウハウを、プロの歌手を指導したことがあるトレーナーが公開しています。
そのため、そこに基本的な方法が示されているので、それをベースにして練習を行えばよいのです。
自宅で防音設備が整っていれば、自宅でボイトレするのもよいでしょう。
もしそれができなければ、カラオケに行くと遠慮せずに声を出せます。
カラオケは練習のためには最適で、しかも平日で昼間なら非常に安い料金で利用できるので、スクールに行くよりも大きく費用を削減できます。
プロのトレーナーが実際に教える自宅で行えるボイトレの方法は、インターネットなどでも紹介されています。
また、詳しい内容についても紹介されているので、試してみるかどうか、考えてみてもよいでしょう。
ボイトレのスクールが近所にない、あるいは高い授業料を払うのは厳しい、というような方にとって、自宅やカラオケで練習する方法はうってつけでしょう。
プロの歌手になるのでなければ、この方法で十分でしょう。
ほとんどの方にとって、本格的なボイトレは、縁がないというような印象があるのではないでしょうか。
ボイトレは、プロを目指す人だけが関係する所と考えている人も多いはずです。
しかしながら、ボイトレは本来なら必ずしもマンツーマンで教えてもらわないといけないものではなく、専門のスクールに行くことが必要なわけでもありません。
基本的に歌唱力をアップさせる方法であるため、特殊なものではないのです。
したがって、その一部のエッセンスを取り出すことによって、音痴を直すために必要な方法だけを取り出すことができれば、上級者のためのレッスンを作ることも可能です。
プロの人がコントロールしながら行うべき練習だけではなく、自宅で行えるレッスンもあります。
ボイトレは、本当は特別なものではなく、歌が上手くなりたいと思うのであれば、誰でも利用できます。
今までに実践と研究が行われているため、自分で練習をするよりも格段に効率を上げることができるので、成果を短期間で達成するためにも役立ちます。
ボイトレは、高いハードルではないので、気楽に利用してみましょう。

ボイストレーニングスクールのボイストレーナーというのはどのようなものでしょうか?

ボイストレーニングスクールのボイストレーナーというのはどのようなものでしょうか?
ここでは、ボイストレーニングスクールのボイストレーナーについて見てみることにしましょう。
音楽活動だけを行っている人が、ボイストレーナーやボイストレーニングスクールの講師として仕事を行っている場合があります。
また、どの講師が以前にどのような有名なアーティストのレッスンをしたか、というような経歴を紹介しているボイストレーニングスクールもあります。
それは確かに素晴らしいことです。
プロを目指す方にとっては大変勉強になると思います。
ところで、ここで少し見方を変えてみましょう。
本当にボイストレーナーとして、どれだけの実績があるのでしょうか?
昔の音楽活動の履歴だけを誇るような講師が、本当に良い講師と言えるのでしょうか?
残念ながら、ボイストレーナーの公認資格などというものが日本ではありません。
熱心な方は外国で資格を取ることもやっています。
トレーナーとしての経験や勉強を積みながら音楽活動も行っている、あるいは、ボイストレーナーと音楽活動を一緒にやりながらいつもフィードバックを行っている講師の方が、要求に応える能力が大きいはずです。
有名な講師に付いたのだから歌がうまくなる、ということであれば、レッスン料を全く考えないでその講師に教えてもらいますか?
もちろん、どのような講師を選択するのかは自分が決めることです。
しかし、上達の条件というのは、講師と相性が合うということです。
体験レッスンでいい講師に巡り合えるといいですね。
しかし、ここで注意すべきことがあります。
よく、「あなたに合った講師をご紹介します」とか 「あなたに適したカリキュラムを組みます」というような宣伝で入会を勧めるボイストレーニングスクールがあります。
しかし、1回だけの体験レッスンで、本当に「合うとか合わないとか」ということが分かるのでしょうか?
入会して数回レッスンをやっていくうちに、少しずつ「やっぱりこの講師でよかったんだ」ということが、分かってくるのではないでしょうか?
さらに、講師が経験から教えることがそのまま当てはまることもありますし、当てはまらないこともあります。
その方法が講師にはできていて、生徒に試すとうまくいくならOKなのですが、実際には、そうならないことの方が非常に多いと思います。
その際に講師がどのように対応するか?ということが本当の意味でのいい講師ということになるでしょう。

ボイストレーニングスクールにはいろいろな人が通っています

ボイストレーニングというのは、歌手やアナウンサーなどプロを目標にしている人が習うのでは?と思っているかも知れませんね。
でも、安心してください。
ボイストレーニングスクールには、歌手志望や声優志望の方など、声が仕事の人だけでなく、歌を趣味で楽しみたい人、声の悩みを抱えている人、バンドで活動中の人、などのようにいろいろな人が通っています。
職業に関係なく、ボイストレーニングが関係してくる分野はますます広がっています。
音痴と思っていたのにトレーニングをしてみると、すぐに音程がとれるようになった。
しゃべるのが苦手の生徒が、しばらくするとなめらかに話すことができてびっくりした。
リズム感がないので落ち込んでいた生徒が、現在では先生と共に歌っている。
このように、先生についてレッスンを受けたほうが確実に伸びてくるでしょう。
カリキュラムどおりに、CDや指導マニュアルを使って上達するのであれば、ボイストレーニングスクールなんて要りません。しかし、声の悩みを解消しようと、駆け込み寺のようにボイストレーニングスクールを訪ねて来るのはどうしてでしょう?
ボイストレーナーは、声の出し方に悩んで技術や身体の使い方を知りたいというあなたに、動機づけをしてくれるナビゲーターなのです。
コミュニケーションの道具、手段となっている話すことや歌うことが、人の心を動かす力があるということが「声の力」なのです。
あなたの「声の終点」はどこですか?
歌の終点、話し方・読み方の終点、声の悩み解決の終点を、是非探してみましょう。
ボイストレーニングスクールというのは、どのようなところなのでしょうか?
ボイストレーニングスクールというのは、ボイストレーニングを主に運営しているところです。
ボイストレーニングスクールは、利便性が良いところにあります。
通っている生徒の方は、10代から70代の年配の方までいます。
憧れているアーティストのあの曲を歌いたい、音痴のために悩んでいる、滑舌をよくしたい、早口をなんとかなおしたい、もう年なのでジムに通うのはちょっとはずかしい、というような思いをかなえてくれます。
安心して通うことができるそんな空間です。
ボイストレーニングスクールの良いところは、次のような点です。
・駅から近いために雨でも安心
・本格的なレコーディングのレッスンができる
・安いので無理なく長く通える
・夜遅くても自分の好きな時間に通える
・マン・ツー・マンのレッスンなので自分のペースで進められる

ボイストレーニングを受けたいけれど、どこに行けばいいの

 歌がうまくなりたい、そんな気持ちからボイストレーニングに興味を持ち始める人は大勢いると思います。ですが実際には、トレーニングを受けるまでになかなか時間がかかることでしょう。なにしろボイストレーニングというのは、そうそう一般的な習い事とは言えません。大人でも子供でも、ボイストレーニングを受けている人がすぐに身近でみつかることはなさそうです。ということは、たとえあなたがボイストレーニングを受けたいと思ったとしても、具体的な情報が少ないという難点があるのです。
 ではどうするか。いまは、習い事の雑誌やフリーペーパーがたくさん出ていますからそれを参考にされるといいでしょう。ネット上でもクチコミやスクール紹介がでています。こちらも情報源になりますね。そうやっていくつか通えそうなスクールやトレーナーの情報を集めてから、決めてみましょう。
 情報を集めていくと、ボイストレーナーには個人でやっているところとスクール形式で運営されているところがある点に気がつかれると思います。このどちらがいいのか。どちらにもメリット、デメリットがありますから、一概には言えません。大事なのはあなた自身が、ボイストレーニングをうけてどうなりたいと思っているのか、ということなのです。
 たとえば、歌がうまくなりたいという人なら、ヴォーカル系につよいトレーナーを探すのが近道です。あるいは滑舌をよくしたいというのなら、アナウンサー系ですね。そのように目的が非常に特化されている場合は、個人のトレーナーを中心に見ていかれるのがいいでしょう。個人トレーナーは自宅や貸しスタジオなどでトレーニングをしていることが多いです。たしかに施設に関しては、大手のスクールに比べて多少不足しがちな点があります。ただし、それはあくまで大きな箱ものに関してのことで、実際に指導に必要な機材などはレベルの高いものをそろえているトレーナーが多いです。個人トレーナーはいわばこの競争の激しい業界で、自分の看板だけで勝負しています。ですから技術的にも、決して大手スクールの講師に引けを取りません。
 ですが、もしもあなたが選んだボイストレーナーが、あなたと合わない場合はどうしましょう。人間同士ですから、指導方法うんぬんの前に、なんとなくそりが合わないということもあり得ます。そんな時、大手スクールなら話は簡単です。おなじ講座内容の、別講師のクラスへ移るだけですみますね。個人トレーナーの場合は、あなた自身がまたイチからトレーナー選びを始めなくてはなりません。そういった意味では、初心者はある程度講師の人数の揃ったスクールから始められてもいいかもしれません。
 もっとも個人トレーナーでもスクールでも、費用がかかるのは変わりません。もっと安く始めたい、という人にはコーラスのような事をしているサークルや合唱団に入るのもおススメです。そういう団体は、指揮者とはべつに発声専門のボイストレーナーがいることが多いんです。定期的にひとりずつの発声を見てくれますので、大勢で歌を楽しみながらボイストレーニングを受けることもできますよ。

ボイストレーニングにおけるトレーナー選び

ボイストレーニングにおいては、トレーナー選びのミスというのはよくあることです。
個人によって、性別や体の使い方も違っており、歌の理論やジャンルも違います。
大事なのは、自分が追求しているものと、トレーナーの持っている技術が合致しているかどうかです。
良いトレーナーは、自分が持っている知識や技術を教える前に、「どのような歌い手になりたいか?」ということを聞きます。
その回答によって、取るべき道筋や伝えるべき技術がまったく違ってくるからです。
あの人のように高音で歌いたい、あの人のように力強い歌を歌いたい、あの人のように歌をセクシーに歌いたいというように。
初めはそれでも充分です。
そこから、一緒に「理想の歌手」の道筋を辿っていきましょう。
歌の世界というのは、これから広がっていきます。
歌っていて、 喉が疲れやすいのでもっと楽に歌いたい、音程はいいけど単調になる、さらに心に迫ってくる表現がしたい、さらに高い声で歌いたい、さらに遠くまで届くような声量で歌いたい、自分の歌は何かもの足りない、というように思ったことはありませんか?
このようなことのほとんどは、誰にとっても解決可能な問題です。
それは、少しのコツと明確な方法論、さらに方向の決まった練習によって可能です。
自分のどの声をフレーズに対して使うか、どのくらい呼吸を行うか、共鳴する場合はどこを使うか、どれくらい伸ばすか、などのように自分が可能なことの中から一番いいものを選び続ける必要があります。
自分に武器があまりなければ、狭い幅の歌になってしまいます。
良いトレーナーには、筋肉や声帯や体を、どのように使うと歌や声にどのような変化があるのか、長年に渡る経験からくるメソッドがあります。
声区の開拓や呼吸法の改善、声帯や筋肉運動の知識、ボーカル理論、高音の発声法、スムーズな発声法、表現のつけ方、脱力方法、リズム感、ニュアンス、自主練習法の指導までいろいろなメソッドがあります。
疲れないで、長い時間歌えるようになります。
オリジナルの高音発声法で、楽な体のままで、迫力の高音発声が実現できます。
小さな声でもよく響くような声を開拓します。
プロにしかできないようないくつかの技術を、自由に使うことができたとしたらすばらしいと思いませんか。
あなたの歌は、きっと、今よりさらに魅力あふれるものになるでしょう。
自分が理想の歌手への道筋は、必ずあります。
カウンセリングは無料ですので、友達に話すような、気持ちでどうぞ。

言葉が聞き取りにくいといわれるなら、ボイストレーニングを受けてみては

 世の中には、いろいろな習い事があります。趣味でやっている人もあれば、仕事に役立てるためにがんばっている人もいますね。そして、中には自分にとってかなり深刻な問題を解決するべく頑張っている人もいるんです。 
 たとえばボイストレーニングを受けている、と聞いたらどんなことを思い浮かべますか。声優になるために勉強している人でしょうか。それとも歌がうまくなりたい、あるいは真剣に歌手になりたいと思っている人でしょうか。もちろんそういった人たちもボイストレーニングを受けています。いっぽうで、歌のためでなくトレーニングしている人たちもいるんです。
 それは、会話力のためです。たとえば営業を主にしているビジネスマンですね。あるいはアナウンサーなどの仕事に就きたいと思っている人もボイストレーニングを受けています。これらの人たちは歌とは関係なく、自分の声や話し方をよくしたい、直したいと思ってトレーニングを続けているんです。
 会話の場合の悩みは、いろいろあります。声のボリュームがコントロールしにくい、声に力が入り過ぎる、声がこもっているなどですね。それ以外に多いのは、自分の話していることが相手に伝わりにくいというケースです。話している途中、相手から「今、なんていったの?もう一度いって」などとよく聞きなおされるタイプですね。これは、おそらく滑舌がわるいのが原因でしょう。
 そもそも滑舌(活舌ともいいます)というのは、声を出すための舌や口の動きのことを言います。滑舌がわるいと、発声がはっきりせず、ひいては話の内容が相手に分かりにくいという欠点になります。物理的な舌や口の動きがよくないために、言葉のひとつひとつがきっちり区切れて聞こえません。したがって複数の音が混じった状態になって、相手にとって聞き取りにくい言葉になるのです。
 滑舌の改善法としては、話すときに口や舌を大きく動かすというのがあります。この動きが少ないと、聞き手はよく似た音を区別して聞き取れません。具体的には、「パ、ピ、プ、ぺ、ポ」や「マ、ミ、ム、メ、モ」などが区別しにくい音です。ボイストレーニングでは、こういった音を明確に発音するためのトレーニングを行います。たとえば喉や舌や口周りの筋肉を動かすトレーニングや、呼気のコントロール法などを学びます。そうやって正確な発声法を覚えていくうちに、次第に滑舌も良くなってくるのです。
 会話のためのボイストレーニングは、もちろん自宅で学習することもできます。ですが、ちかくにボイストレーニング教室があれば、通うほうがいいかもしれません。なぜなら日常会話の発声法は一度間違った方法で覚えてしまうと、修正に大変時間がかかります。自己流でついてしまった癖をとるために、余分な時間をかけるなら、初めからプロについて発声法を覚えてしまうほうがいいでしょう。
 また歌のためのボイストレーニングと違って、会話の場合、先生はボイストレーナーだけとは限りません。言語聴覚士という資格のある先生が教えている場合もあります。話し方教室という名前でやっているかもしれませんね。ボイストレーニングスクールと合わせて、そういった教室、サークルを探してみるのもいいでしょう。

ボイストレーニングと腹式呼吸

ボイストレーニングとは、喉や舌などを鍛え声を大きくする、高い声をぶれなく出せるようにするなど発声関連の練習・訓練をする事です。
歌手やアカペラ歌手など声を出す事を仕事としている人以外にも、最近は音痴の人や歌が上手くなりたいなどの理由からボイスとレーニングする人が増えています。
ボイストレーニングというと、ただ、声を出していれば良いと思う人もいるかもしれませんがあまり効果は無く、喉を痛めるだけで逆効果です。
声を鍛えたいと思っているのであれば一番最初にするべきことは腹式呼吸トレーニングであり、声を出す発声練習はその後でもかまいません。
何故腹式呼吸が一番大切かというと、胸式呼吸に比べ腹式呼吸の方が入る息の量が多く、息のコントロールをしやすいので声を出す時負担が少ないからです。
声を出す時は息を吸って吐いて空気を体に取り込んでから出します。
取り込んだ息の量が多ければ長く声を出し続ける事ができ、大きさも自由に変えることができるので、取り込んだ量は多い方が声のコントロールがしやすいのです。
胸式呼吸の場合は、息を吸うとき胸や肩が動き、余計な力を入れたまま発声しなければならないので負担が大きく、腹式呼吸の場合は横隔膜を上下させて呼吸するので空気が入りやすく、肩などを動かす事が無いので自然体で発声できます。
腹式呼吸のやり方は簡単ですが、おへそから5センチ下にある丹田を意識して呼吸してください。
丹田に手を当て、膨らませるような感じで鼻から息を吸い、その後は、お腹をぺしゃんこにする感じで口から息を吐き出し、吸う時より時間をかけて吐くことが大切です。
ただ、腹式呼吸をしても無駄に息が漏れてしまえば意味が無いので、声を出す際の息の量などを調整し、横隔膜の使い方を極め息をコントロールしましょう。
息が無駄に出て行かない状況の事を「声の支え」といいますが、これは、感覚をつかむのが難しく、何度もトレーニングしないとつかむ事はできません。
自己流でトレーニングするよい、専門のボイストレーナーが付いた方がやり方が理解しやすいので、余裕のある人は専門教室に通った方が良いと思います。
市販のボイストレーニング本にもやり方は掲載していますが、文章だけではわかりにくいこともあるので、youtubeなどのボイストレーニング動画などを見て研究しましょう。
腹式呼吸を極める事ができたら、発声練習になります。
発声練習を極めると色々な声質の声が出せるようになったり、音程がぶれなくなりますが、毎日の練習が重要ですので、頑張って続けてください。
初めてボイストレーニングする人は腹式呼吸を極めないと次の練習に勧めないので、気合を入れてトレーニングしましょう。