Tag Archives: ミックスボイス

ボイストレーニング〜ミックスボイスの練習方法

ミックスボイスとは、簡単に言うと地声と裏声や息などを混ぜたような声のことをいいます。このミックスボイスがなかなか出せないと悩む方も多くいます。ミックスボイスをうまく出すコツですが、まずあくびをしている状態を作ります。本当にあくびをしてみましょう。そしてそのとき発せられる声を出すようにしてみます。そして高い音からから少しづつ低く下げていきます。

最初は裏声でそ、だんだん音がを下げていく段階で、地声の音に入ってますが、いつもの地声とは違う感じがするでしょう。あくびで声を出すと、息も入ってきますが、地声と裏声も両方ミックスされています。この感覚が非常に大切ですのでまずは気軽にこの感覚を感じてみましょう。

そもそもあくびをしている状態の時は喉仏が下がり、逆に上舌から上あごまでは、上がっているといえます。簡単に言うと喉が大きく開いているので声を共鳴させることができる空間が存在するといえます。ここにミックスボイスが上手に出せる秘訣があります。そして先ほどのあくびの感覚に慣れてきたら実際に練習してみましょう。あくびを噛み殺したような状態を意識してハミングの練習をしましょう。んん〜のハミングから初めて、最初は「ラ〜」の音で練習するとよいでしょう。「んんラ〜」といった具合です。「ラ〜」の音は喉仏が下がりやすい音なのでよりミックスボイスが出しやすくなります。音の大きさは、大きめがよいでしょう。音の高さは、まず楽に出せる高さから、少しずつ音程を高くしておこないましょう。

「ら」行に慣れてきたら「ま」行、「は」行の発音でおこないましょう。「は」行のときは「ん」の発音からスタートができないので「んんまははははははははー」と、つなげるとスムーズにおこなえます。同様に「んんみひひ・・」「んんむふふ・・」「んんめへへ・・」というイメージでおこないます。徐々に地声の低い音から裏声の高い音まで音域を広げて発声練習をおこないましょう。ただ無理して音程の幅を急に広げないようにしましょう。自分の喉の調子に合わせて少しづつ音域を広げていきましょう。

以上のようにコツコツと地道に練習すると、グラデーションのように少しづつ声を変えることができるようになります。そうすると歌ったときに声がひっくりかえることなく、ミックスボイスが出て、なめらかに裏声へと移ることが可能になります。なめらかに音を変化できるようになればミックスボイスをマスターできたということになります。地道に頑張りましょう。

ボイストレーニングの多様性

最近、その美容と健康効果が、俄かに世間の注目を集めているボイストレーニング。元々、アメリカが発祥地で、発声法の訓練として始まりました。あのケネディ大統領もプロのトレーナーの指導を受け、1960年の大統領選に臨みました。私たちの心に残る大統領就任時のスピーチは、ボイストレーニングの成果だったと言う訳です。他にも副大統領のリンドン・ジョンソン、スポーツキャスターCowdy、俳優のフェイダナウェイなど、著名な人々も名を連ねています。このようにアメリカでは、ビジネス界でも導入されている程、大変、ポピュラーなものです。日本では漸く、最近になり認知され始めました。歌手願望の人や既にプロとして活動している人、ビジネス人のためのレッスン教室など、それぞれ個人の目的に合わせて選択出来る場所が用意されています。又、自宅でも気軽に行える教材や、マウスピースなどのグッズも市販品からネット購入品まで、容易に入手出来るようになりました。ボイストレーニングの前の、身体を思いっきり伸ばす、首の軽い前後運動をする、この2つは心身の緊張を解すストレッチの役割がありますので、是非、試してみて下さい。ボイストレーニングを行う上で大事な事は、姿勢や立ち方です。真っ直ぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢で立って下さい。猫背気味の人は消化器、循環器、呼吸器など、内臓機能を低下させてしまいます。その猫背で歪んだ背骨の改善に役立ち、肩凝りや腰痛の解消にも繋がります。呼吸の仕方も日常、私達が行う胸式呼吸とは異なり、息を吸った時にお腹が膨らむ、腹筋を使った腹式呼吸が主体です。この方法は歌を歌う時の呼吸法で、息のコントロールが可能になります。タングトリル(巻き舌、ルーと発音します)、リップロール(息を出しながら、唇をプルプルと震わせる)、ロングトーン(同じ音を伸ばす)、ミックスボイス(ミドルボイスとも呼ばれる、地声と裏声の混合)、ファルセット(合唱で歌うソフトな裏声)など、多様に組み合わされた練習法がありますが、中でもリップロールとタングトリルは、特に発音の上達に貢献する練習法だと言われています。発声の練習によって歌の上達や、声の質を高めてくれるボイストレーニングの素晴らしさに、私たちは気付きました。アメリカ同様、芸能やスポーツ界なども含め、マスメディアや医療の現場など、多様なビジネスの分野で今後一層、ボイストレーニングの需要は高まっていくに違いありません。

ミックスボイスの基礎知識と練習について

ボイストレーニングを習っていると、高い声を出すことの難しさに気付かされるものです。
高い音を出そうと思うと、喉が引っ張られるような感覚を覚えたり、声の大きさがガクンと下がったりと、違和感を感じられる人が増えます。
高音を克服するためには、ミックスボイスの習得が必要不可欠です。
ミックスボイスは、裏声の一種です。
地声と裏声が混ざり合った声ということから、一般的にミックスボイスやミドルボイスなどと言われています。
ミックスボイスは、多くの歌手に利用されています。
高音が魅力の男性歌手の曲のサビなどで、多用されていることが多いです。
声楽的なオペラやクラシックだけでなく、普段からなじみ深いJ-POPやロックなどでも使われているので、無意識のうちに耳にしている人がほとんどでしょう。
音が高いのに声量が維持できており声質に変化が無いということで、一見地声のように聞こえますが、実はそれは地声ではなくミックスボイスです。
ミックスボイスを習得すると、まるで地声並みのパワフルな声をキープしたまま、裏声の声域を歌いこなすことが出来ます。
一気に歌える音域が増えますので、歌唱力アップに大きく役立つことでしょう。
しかし、地声で高音を出すことが出来る方などは、ミックスボイスの習得が必要ないとお感じではないでしょうか。
地声を無理して張り上げなくなることによって、喉に負担をかけにくくなりますし、高音が綺麗に歌えるというメリットがあるので、地声に自信がある方もミックスボイスの習得がおすすめです。
ミックスボイスで出せる音域は地声と比べるとものすごく広いですし、女性歌手の曲をキーを変えずに歌うといったことも練習によっては不可能では無くなります。
そこで、いよいよミックスボイスを練習してみましょう。
ミックスボイスは、地声では無く、裏声の一種なので、まず裏声を出せるスキルを身に付けることから始まります。
裏声は、普段の生活で使っている話し声よりも高いので、高い声をやさしく出してみましょう。
「ホー」と叫んでみたり、アニメのキャラクターなどの声真似をするとわかりやすいかもしれません。
裏声は、練習によってどんどんと力強くすることが出来ます。
裏声をだいたい出せるようになったら、今度は声帯を閉鎖しながら声を出してみます。
声帯閉鎖といいますと、実感がわきにくいですが、呼吸に関連深いです。
息を吐いて、そこから息を止めた状態を維持するとイメージしやすくなります。
息を吐いているときは、声帯が開いていますが、息を止めているときには声帯が閉じている状態です。
喉の奥らへんに意識を注ぎ、イメージをふくらませると声帯が動いていることがわかりやすいです。
息を止めた状態で、声を出してみると、ミックスボイスの感覚をつかみやすいです。

ミックスボイスをボイストレーニングで手に入れる

ミックスボイスというものに注目している方も数多くいらっしゃいます。
そのミックスボイスですが、高音が出やすくなるとも言われています。
歌を歌う時にどうしても高音が出ないという方は、
積極的にそちらのほうをとレーニングして対応していけるようにしましょう。
ボイストレーニングを行うとしっかりと出せるようになりますので、
歌を少しでもうまくしていきたい方は注目です。

そこでまずはミックスボイスというものについての理解を深めましょう。
基本的に裏声と地声を混ぜ合わせるようなイメージの声をそのように呼びます。
ですので、ミックスボイスというような言われ方をしているのです。
そちらを手に入れるメリットですが、
裏声で出すことの出来る音域につきまして地声の様な声を利用できるようになります。
飛躍的に歌も楽に歌えるようになります。
完全な裏声でずっと歌い続けますと、喉を傷めたり途中で声がかすれてしまいます。
それでは歌がうまく聞こえません。
そういったデメリットを防いでいくことがミックスボイスではできるのです。

では、どのようなボイストレーニングで手に入れることができるのかをチェックしていくといいでしょう。
まずはリラックスです。
これはボイストレーニング全体に言えることなのですが、
リラックスをすることで格段に声を発生しやすくなります。
ミックスボイスもリラックス状態でなければ出すことができません。
特に喉の力を抜くのがコツになります。
喉に力が入るとミックスボイスはそもそも出せません。
喉がリラックスした状態を確認してトレーニングをしていくべきです。

また、息が漏れないということを重要視していくことが必要になります。
息漏れがしないような状態を確保していくのです。
行き漏れがないということは声帯が閉じているということになります。
声帯が閉じていますと、息を格段に声に変換することができやすくなります。
そしてその結果として高音が出やすくなるという特徴を持っているのです。

それに加えまして、裏声を出す練習をします。
裏声をしっかりと出していくことで、ミックスボイスの取得が格段に近くなります。
裏声を操れるようになりますと、圧倒的に歌もうまくなるのです。
裏声を出す練習を毎日くりかえりボイストレーニングの一環として行います。
前に書いたような、リラックスした状態で、息漏れのない状態を確保していくのです。
それだけでも裏声というものは出しやすいです。

以上がミックスボイスのボイストレーニング方法です。
しっかりと使いこなせていけるように、練習を重ねていきましょう。

地声と裏声のボイストレーニングにて

日本においてはおおまかな声の種類があり、地声と裏声に分かれます。声の専門過程にしてみれば少々曖昧な分け方になりますが、これによって説明することが容易になります。ミックスボイスは地声と裏声を混ぜて中間の声であり、裏声のように高い声を容易に出すことができます。楽に出すことができ、地声と同様、芯や張りがあります。

しかしながら、ミックスボイスを特別扱いするものではなく、しっかりとした基礎を学んでいくと高い声域のミックスボイスの発声になるのが当たり前です。どのようなジャンルの音楽でも同じで、クラシックもジャズもロックンロールも、上手な人の高い声域には裏声が混ざっています。ミックスボイスは歴史的にも前前からありました。

ミックスボイスを手に入れようとするなら、第一にエクササイズによって、息や声帯の弾力を高めていく必要があります。体勢を整えなければなりません。体勢を整えるのは、声帯に関係する呼吸、咽頭、頭部、各所を鍛えていきます。

ミックスボイスの構成要素である地声と裏声も、基礎のボイストレーニングによって一歩上の声帯を得られるようにしましょう。良い構成要素を合わせることで、良い声が出来あがります。それぞれが最良であるなら、最良のミックスボイスになります。逆に良くない声の出し方をしているとミックスすることが困難で、かりに出来たとしても滑らかさが欠如してしまいます。

ボイストレーニング時には、どちらの声をベースにしてもかまいません。地声をベースに裏声を混ぜるても、裏声をベースに地声を混ぜてもよいです。一方のみをトレーニングしても問題ありません。また、ベースから混ぜるのではなくて、直接ミックスボイスを発声することに的を絞る方法もあります。地声から始めるなら、少し低音から半音ごとに上げていくとやりやすいでしょう。当初はウォームアップの練習方法です。

裏声をベースにするときのコツとしては、裏声には2種類あるという認識です。段階があり、地声から最も遠いのがフォルセットという声で、美しい響きをしています。

2つめはロックやソウルで用いられる高音です。このジャンルでの裏声は、1つめとはまるで異なる音質です。

裏声を上達させるには、その声をどんどん使っていくことです。しかし、裏声は案外喉を使ってするため、練習は15分程度までにしておきます。少量のボリュームから開始して、十分な準備をしていくことが大切です。準備が終わっても、無理をして音量を上げるなどせず、練習をしながら慣れてきたら 強めに声を出してみましょう。

ミックスボイスの効果と出し方

ボイストレーニングが注目を集めています。気軽に歌える場所が増えて、声の美しさが誰でも訓練で伸ばせるようになってきたのです。
ボイストレーニングをする上では、日本では声の種類が大まかには2種類に分けられています。
それは、地声と裏声で、両方ともを混ぜた『ミックスボイス』も存在しています。

どんな音楽ジャンルでも、基礎の発声をしっかりしていれば換声点を超えるにあたり、そのような高音域での発声の仕方を通過する時点がくる、というのは小中学校における音楽の歌の授業で歌わされる際に解ることです。が、その通過中の声の出し方を、ポップスというジャンルでは、歌詞とともに魅力のあるサビとして、ささやきがちで意味深な、良いイメージに仕立てるのがミソです。

ちなみに、ポップな音楽では、純なファルセットが、地声の部分との対比によって、ささやき声や切なさ、といった個性的な声域として対照的にひき立つのであって、ポップな音楽において、えんえんファルセットな場合、力強く激しくせつない、という印象にはあまりならないのが普通です。
それでは、ポップスとはいいにくいため、サビとそれ以外の間が、あたかも小説の台詞と、地の文、といったくらいに激しく区別をつけてありますので、歌う技法もそれによって異なります。実声に以下にファルセットの声種的特色を含ませていくか、も実声とファルセットの対立と同様に、刺激的なポップなどの切ない系の歌い方やその表現にとって、大事だというふうに捉えられている現状です。

男声のクラシックでも、ジャズでもポップスでも、どの音楽ジャンルにおいても、上手な人の高音域、というものはそんな裏声の芯のない呼気の切なさに満ちて、歌の主旨を和らげ、ソフトで耳障りを良くすることで、一方的なシャウトにならない心配りがされているものです。

吐く息を声ほどにも大きくするミックスボイス、あるいはファルセットをだすのに、あまり知られていませんが、消費エネルギーが結構要るものなのです。それも、腹のあたりが中心なので、引き締め体操のつもりでレッスン、というのがとても効果的で一石二鳥です。

地声をそうとわからせないようにたくさんの呼気でソフトに和らげるミックスボイスを歌えるようになるには、とにかく腹式呼吸だけを意識して、時に地声の特徴である胸式呼吸らしさ、といったものを払拭することです。

そして、はっきりと物をいうのではなく、遠い所を見て、曖昧に自然などへ音で何かを伝えようというような、どっしりとした心持ちになれるようリラックスすることです。

ボイストレーニング ミックスボイスの練習方法

ミックスボイスとは、裏声と地声を混ぜ合わせるようなイメージで声を出すことです。
混ぜ合わせるというのはあくまでもイメージですので、実際には高音発声をする時の地声と言っても良いかもしれません。裏声並みに高い声が楽に出せて、地声並みに張りや芯があります。

実際に裏声と地声を混ぜるように発声しようとしてもうまくいきませんし、すぐに出来るようになるものでもありません。まず大切なことは発声フォームを身に付けることです。

声帯の筋力を強化したり、腹式呼吸で息をコントロールする練習もミックスボイスを出すための下地を作るのに必要となります。
胸部~下半身の呼吸エリアはもちろんの事、声帯を囲む喉頭エリアや、共鳴のフォームを支えるポイントとなる頭部エリアも含まれ、それぞれのエリアを発展させるトレーニングがあります。

さて、裏声と一言で言っても、実はいろいろな段階の裏声があります。まず最も地声から離れた声質に位置する純粋なファルセットという声があります。薄く繊細な美しい響き。これを第1の裏声としましょう。

 次にソウル系やロック系のシンガーが高音でシャウトする時の声。これも裏声です。
あるいは裏声の比率の非常に高いミックスボイスです。この時の裏声あるいはミックスボイスのベースとなっている裏声、これは先程の裏声とは随分違う音質の声です。これを第2の裏声としましょう。
ミックスボイスに直接関わるのは、こちらの第2の裏声の方です。
多くの人は裏声というと先にあげた純粋なファルセットをイメージするため、そちらの裏声と地声を混ぜようとします。しかしこの2つの真反対の声質を直接近づけると、声はひっくり返ってしまいます。

 第2の裏声とてミックスという作業が簡単な訳ではありません。多くの場合、慣れるまでは何度もひっくり返ります。
スムースなミックスのため是非お勧めしたいのが、この第2の裏声をそれ単体である程度発達させてやるという事です。
それには呼吸のサポートも必要ですし、喉のリラックスも必要です。

 第2の裏声を発達させるにはその声を使うことです。ただこの声は裏声とはいえ意外に喉を使うので慣れるまでは練習時間は5~10分位までにしましょう。
また静かな音量から始めて充分にウォームアップする事も必要です。ウォームアップが済んでも普通の音量を心がけ無理に張り上げません。
ある程度の期間練習を続けて、慣れてきたら少しずつフォルテでも出してみましょう。

ミックスボイスに限らず、全身のインナーマッスルで柔らかく呼吸を支える事こそ、自由な発声のカギとなります。