Tag Archives: ミドルボイス

ボイストレーニングの多様性

最近、その美容と健康効果が、俄かに世間の注目を集めているボイストレーニング。元々、アメリカが発祥地で、発声法の訓練として始まりました。あのケネディ大統領もプロのトレーナーの指導を受け、1960年の大統領選に臨みました。私たちの心に残る大統領就任時のスピーチは、ボイストレーニングの成果だったと言う訳です。他にも副大統領のリンドン・ジョンソン、スポーツキャスターCowdy、俳優のフェイダナウェイなど、著名な人々も名を連ねています。このようにアメリカでは、ビジネス界でも導入されている程、大変、ポピュラーなものです。日本では漸く、最近になり認知され始めました。歌手願望の人や既にプロとして活動している人、ビジネス人のためのレッスン教室など、それぞれ個人の目的に合わせて選択出来る場所が用意されています。又、自宅でも気軽に行える教材や、マウスピースなどのグッズも市販品からネット購入品まで、容易に入手出来るようになりました。ボイストレーニングの前の、身体を思いっきり伸ばす、首の軽い前後運動をする、この2つは心身の緊張を解すストレッチの役割がありますので、是非、試してみて下さい。ボイストレーニングを行う上で大事な事は、姿勢や立ち方です。真っ直ぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢で立って下さい。猫背気味の人は消化器、循環器、呼吸器など、内臓機能を低下させてしまいます。その猫背で歪んだ背骨の改善に役立ち、肩凝りや腰痛の解消にも繋がります。呼吸の仕方も日常、私達が行う胸式呼吸とは異なり、息を吸った時にお腹が膨らむ、腹筋を使った腹式呼吸が主体です。この方法は歌を歌う時の呼吸法で、息のコントロールが可能になります。タングトリル(巻き舌、ルーと発音します)、リップロール(息を出しながら、唇をプルプルと震わせる)、ロングトーン(同じ音を伸ばす)、ミックスボイス(ミドルボイスとも呼ばれる、地声と裏声の混合)、ファルセット(合唱で歌うソフトな裏声)など、多様に組み合わされた練習法がありますが、中でもリップロールとタングトリルは、特に発音の上達に貢献する練習法だと言われています。発声の練習によって歌の上達や、声の質を高めてくれるボイストレーニングの素晴らしさに、私たちは気付きました。アメリカ同様、芸能やスポーツ界なども含め、マスメディアや医療の現場など、多様なビジネスの分野で今後一層、ボイストレーニングの需要は高まっていくに違いありません。

高い音を出すためのコツ

音域の広い歌を歌えると嬉しいものです。特に透き通った高音が無理なく出せると清々しい気持ちになります。
もちろん元から声の低い人もいれば高い声の人もいますが、トレーニングである程度までは音域を広げることができますし、
裏声を地声のように聞かせるテクニックもあります。
一応の目安はリップロール(唇をプルプル高速で振動させる)をする時に低音から始め高音へと移動していき、
もうこれ以上の高音は出せないというところまで行きます。
その高さは通常歌っている最高音よりも高いはずです。
その高さまでは出せる能力があるということですから、そこを目指して音域を広げていきましょう。

高い声を出す王道はまず呼吸法を徹底することです。
のどで無理をしても長続きはしません。
正しい呼吸法が徹底されれば地声そのものの音域も広がりますし、裏声を使うときにも弱弱しい裏声ではなくしっかりした広がりのある裏声が出せるようになります。
また地声と裏声の境を曖昧にすることができますので発声方法は違っても聞き手にはスムーズに低音から高音まで推移しているように聞かせることもできます。
しっかりと横隔膜を下げ、腹の底から声を出すことです。腹というよりも腰からと言ったほうがイメージしやすいかもしれません。
体に空気を入れる範囲を喉から肺、お腹、さらに横隔膜を下げて腰、足の付け根にまで広げると想像してみてください。
言葉で説明するのは難しいですが、実はこのような呼吸の仕方は無意識のうちにしていることがあります。
それは大きなあくびをする時です。あくびをする時は自然と喉からお腹の底までを1本の通り道にしてより多くの空気を体内に入れようとしています。
今度あくびが出たときには自分がどんな呼吸をしているかに意識を向けてみましょう。

しなやかで強い腹筋や背筋は無理のない発声には欠かせませんので、意識して鍛えるようにしましょう。
喉を緊張させるのではなく弛緩させ楽にします。
そして遠くの人に歌いかけるつもりで発声してみましょう。
この練習も毎日続けると徐々に音域は広がってきます。

裏声にはファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイスなどに分類されるものがあり、また男性と女性では裏声を使う用途と発声法も異なることから目的にあったものを習得する必要があるのですが、上に挙げたようなことはどれにも当てはまるものですから毎日の練習に取り入れてみましょう。
音域が広がるだけでなく、声の質を高め、より「聞かせる」歌が歌えるようになります。

ボイストレーニングで音域を広げる!

今回は音域を広げるためのボイストレーニングについて紹介していきたいと思います。
カラオケなどで好きな歌を歌う際、声が出なくて音域を上げたり下げたりして歌ったことってありませんか?
でも、音域をある程度下げても対応しきれない曲もありますよね。ボイストレーニングで声の使い方、出し方などを
学ぶことで、こういった難しい曲も歌いこなせるようになったり、楽に歌えるようになったりするんですよ。

まず低音が苦手な方から。地声が高めの方は低い音を出すのが苦手の傾向にあります。
低音の発生はのどを大きく開く必要があります。ですので、息が比較的早く多めに出ていくので、
肺活量の足りない方、腹式呼吸で息を吐く際の調整をすることに慣れていらっしゃらない方は
低声を何とか出せても息が足りなくなってしまい、歌を歌うどころではなくなってしまうのです。
この状態になりがちな方は、腹式呼吸で歌うことを心がけてください。
腹式呼吸そのもののトレーニングも行ってくださいね!
また、低音を出すときのコツがあります。
あごを少し引き喉をリラックスした状態に開いてください。肺のあたりからのどを通って声を出すイメージを描きながら
歌ってみてください。重厚なひびきの低音が出やすくなるはずです。

そして高音が苦手な方。地声が低い方に多いのですが、この悩みを抱えている方はとても多いです。
ある程度訓練を重ねれば、現在の地声の限界をのばすことはできます。
呼吸の仕方や、長く伸ばした音であるロングトーンを鍛える、自分の出る最高の高さの音を出す…などの方法で
地声が出る高さをより高くすることはできるんです。正しい発声で、自分の声を鍛えることが大切です
ただ、地声というのはどうしても一定の限界がきます。
じゃあ、それ以上の高さの声は出せないの?
いいえ、そうではありません。
テクニックを磨くことで、それ以上の音域も出せます。
つまり裏声(ファルセットといいます)やミドルボイス・ミックスボイスという中間音域を自然に出せるようにトレーニングを
かさねていくことで、地声よりもかなり高いところの音域まで出せるようになります。
そのほか、リップロールやタングトリルというテクニックを使いこなすことで、歌える音域がひろがります。
ただし、発声の仕方によっては不要に喉に負担をかけるようなことになることもありますので、
自分一人でボイストレーニングする際はのどのケアに努めてくださいね。

音域を広げるボイストレーニング

歌を歌う時に、高い音が出なかったり、低い音が出なかったりすることがありますよね。音域というのは個人差があり、音域が狭いと様々な曲を歌いこなすことができません。しかし、音域というのはボイストレーニングによって広げることが可能だということを、みなさんご存知ですか?プロの歌手が広い音域で歌えるのも、毎日のトレーニングがあるからです。そこで、今回は音域を広げるためのボイストレーニングを紹介します。音域が広がることで、自分の歌いたい曲を、自由に歌えるようになるはずです。

低音を出すことが苦手な方は、地声が高い方に多いようです。低音を出す際に重要なのが、喉を大きく開いて、息を多く出すことです。顎を少し引いて喉を開けやすくし、お腹に声を響かせるような感覚で声を出すと、厚みのある低音を出すことができます。低音を出すためのボイストレーニングには、腹式呼吸の練習と、ロングトーンの練習があります。

腹式呼吸は、お腹に空気を入れるイメージで大きく息を吸い、お腹から息を吐くことを意識しながら行います。気をつけておきたいのは、息をしっかり吸うことです。練習をする際は、お腹に手を当て、息を吸ったときにお腹がちゃんと膨らんでいるか確認しましょう。

ロングトーンの練習は、ゆっくりと息を吸って、その吸った息を全部出し切ることを意識して行います。この練習でも、腹式呼吸の練習と同様に、お腹にしっかりと空気を入れることが大切です。少し休憩を取りながら、最初は「あ〜」、終わりは「お〜」、あ〜おまで全て行うと効果的です。この練習を長く続けることで、声量をアップさせることができるはずです。

高音を出すことが苦手な方は、地声が低い方に多いようです。高音を出すコツは、喉がリラックスした状態で変に力まずに、自分のお腹を意識して呼吸するようにする事です。高音を出す際は、遠くへ向かって歌うようなイメージが大切です。

高音を出すためのボイストレーニングに、ミドルボイスの練習があります。ミドルボイスとは、裏声の出し方の1つで、地声のような声で裏声を発声するという歌い方のことです。ミドルボイスをマスターするためには、まず裏声のまま声帯を閉じる練習が必要です。力強い音が出せるまで裏声で発声を行いましょう。裏声でも力強い音が出せるようになったら、声帯を閉じることができている証拠です。次は声帯を閉じたまま、喉を開く練習です。最初は難しいかもしれませんが、喉をしっかり開いて出す発声に、声帯閉鎖を加える要領で練習するといいと思います。声帯を閉じたまま、喉を開く感覚を身につけることが大切です。

音域を広げるために、ボイストレーニングを始めてみてはいかがですか?

ボイストレーニングの方法

歌手を目指したい方、役者を目指したい方、仕事で接客、営業などの職を目指す方に、今回はボイストレーニングの方法についていろいろと話して行きたいと思います。

ボイストレーニングの基本は声を出すことで、喉、舌などの使い方をマスターし、発音、発声の訓練をします。また生身の声を良くするための発声法、身体トレーニングを行います。次から細かい説明をしていきます。

ボイストレーニングをはじめるにあたっての心得をまずはお話します。一番肝心なことは毎日15分くらいでいいので毎日行うと言うことです。歌や発声もスポーツと同じでいきなりは上手くなりませんので、毎日少しづつの練習が大事なのです。

歌のボイストレーニングで説明していきますと、歌を上手く歌えるようになるには歌を知ることと、腹式呼吸を覚えること臥重要になります。

歌を知ることは自分の好きな歌手がいれば、その歌手の歌を流しながら曲にあわせて何度も口ずさんで歌うと良いでしょう。自然に歌詞も頭に入ってきます。腹式呼吸の方法は、最初にお腹をへこませて口で息をゆっくり吐いていきます。もう少し詳しく説明しますと、口を大きく開きハーと息を吐き、そして口をつぼめフッフッフと息を吐き、最後にフーと肺の空気をだしきり、次に腹を出しながら鼻から息をゆっくり吸います。コツとしてはゆっくりを意識し吐く、吸うを2対1の割合で行うといいでしょう。

歌う声の種類も地声で歌うチェストボイス、地声に裏声をまぜて歌うミドルボイス、ソフトな柔らかい声で合唱などで歌うファルセット、弱くない芯のある強い裏声で歌うヘッドボイスなどがあり、種類ごとに分けて順番に練習して行きます。

練習を始める前には、身体を伸ばしたり首を前後に動かしたりして、体を温めてから行うと効果的です。

練習する場所は家のお風呂場や自分の部屋などでも良いですが、お勧めはカラオケボックスです。どれだけ音量をあげてもだれにも迷惑をかけませんし、なによりマイクを使って声を出せば、自分の歌声がはっきりと聴き取れるからです。

注意したい事はあまり大きな声で歌わないことです。喉を痛める原因になりますし、声が多き過ぎると歌の音程がわからなくなってしまうからです。後連続して歌うのも喉を悪くする原因になりますので、一曲歌い終えたら少し時間を空けてから歌うようにしましょう。

ボイストレーニングのまとめとしましては自分のペースで無理をしないで、基本練習を毎日繰り返し、徐々に高度な練習をしていくようにする事で習得することができます。

声をまず強くしよう。7ステップからです

ボイストレーニングはその文字のとおり、声をトレーニングします。
声を強くすることです。
しかし、いきなり声をプロの様な声を出すことはなかなか難しいことだと思います。
そこで基本となるボイストレーニングを7つ紹介したいと思います。
少しずつでも階段を登るようにうまくなっていきましょう。

まず、1に裏声の発声です。裏声の発声にしっかり慣れて行くことが大事です。普段はめったに使わない裏声に慣れることで使いこなし、切り替えのタイミングも養われます。ここではピッチ・コントロールの練習も同時に行うことができます。
2つ目にチェストボイスという地声の強化です。地声の強化は実は歌にとっては最も重要な事です。喉を開く練習になるのでしっかりと深い声を発声出来る様に練習して行くことが大事になります。
3つ目に裏声の発声の一つ「ヘッドボイス」の練習が大事になります。ヘッドボイスとは頭の上から声を出すようなとよくクラシックの人が出している方法です。ヘッドボイスの習得は高音の幅が広がるので歌える歌の範囲も大きくなると思います。
4つ目に裏声でも難しいと言われている「ミドルボイス」の練習をします。これは裏声でもない地声でもないというちょうど中間の所の歌声の練習です。このボイストレーニングをすることで高音域をパワフルに歌えるようになるのと地声と裏声の境目が目立たなくなります。
5つ目に腹式呼吸の練習です。腹式呼吸は仰向けで寝転がるところから仰向けでの発声で
自分が腹式呼吸が出来ているかと言うのを意識的に身に付けることが可能になります。
そして歌声に安定感が出るのはこの腹式呼吸が出来ることが大きいと言えるでしょう。
6つ目には滑舌の練習です。滑舌を鍛えることで言葉がはっきりと聞こえるようになりますね。
歌は語るように歌うと人の心に響くと良く言いますがこの滑舌と言うのはその大事な言葉を伝える事がしっかりできるので
ボイストレーニングでも滑舌はよく練習に用いられます。
7つ目に最後になりますが、音階を使い地声と裏声をスムーズに切り替える様に練習します。
音階に合わせてしっかりと地声と裏声を切り替えるのは当たり前の様で一番最終的な目的です。
6までをしっかり習得出来た人だからこそ7つ目の練習がやっと出来ることになります。
音階を取るまでにどれだけのボイストレーニングが重要になるかが本当に大変だと思うかも知れませんが、
一つ一つを克服することで素敵な歌声を手に入れることができますね。是非、7ステップを意識してみてください。