Tag Archives: リップロール

ボイストレーニングの基本、腹式呼吸と発声練習

ボイストレーニングをしようと考えるなら、腹式呼吸は大切な要素です。
まずはボイストレーニングの基本となる、腹式呼吸について書いていきたいと思います。

背筋を伸ばし足を軽く開いて、姿勢を作ります。
お腹に手を当てながら、お腹の空気を出すように意識して、息を吐きます。
その時に、お腹が凹むのを感じて下さい。

息を吐ききったら、今度は鼻からゆっくりと空気を入れていきます。
お腹の中に、たっぷり新鮮な空気を送り込むイメージです。
お腹が膨らむのを感じて下さい。
十分に吸ったら、数秒間とめて、その後自然に息を吐き出します。
これを10回程繰り返します。
一日数セット行う事で、腹式呼吸のトレーニングになります。
時間がある時に、こまめにするように心がけましょう。

複式呼吸ができるようになれば、その呼吸法を利用して発声練習をします。
ゆっくり大きく息を吸い込み、「あー」と出せるところまで声を出し続けます。
この時のポイントが、声が揺れないように、一定に出せる声の大きさを心がけます。
「あ」が終われば「い」「う」と言う風に、ア行を全てやります。
腹筋が鍛えられ、だんだんと長い時間声が出せるようになります。
これがロングトーンという発声練習です。

ロングトーンと同時にスタッカートも練習しましょう。
スタッカートは、「あっあっあっ」と声を短い間隔で切りながら発声します。歯切れ良く、リズムにのって発声しましょう。

基本のロングトーンとスタッカートに慣れてきたら、クレッシェンドとデクレッシェンドで、変化を付けてみましょう。

クレッシェンドは「あー」言う時に、段々と声を大きくしていきます。
最初は10秒ぐらいかけて、慣れてくれば、30秒ぐらいかけて行います。
デクレッシェンドはその逆で、段々と声を小さくしていきます。
これを混ぜながら、何度か繰り返します。
どちらかを短くしてみたり、長くしてみたり、色々とアレンジもできます。

最後が、これらの腹式呼吸、発声練習に加えて、リップロールとタングトリルも加えていきましょう。
リップロールは、唇を軽く閉じて声を出し、唇をふるわせる事です。
唇が濡れていた方が上手くいきます。

タングトリルは、「ラ」の発声の状態に舌先を巻きます。
その状態で息を吹くと、舌がふるえます。
慣れてきたら、タングトリルをしながら声を出すようにします。

リップロールもタングトリルも、発声練習には欠かせない要素です。
最初は難しいかもしれませんが、練習して習得できるように頑張りましょう。

Advertisements

ボイストレーニングの多様性

最近、その美容と健康効果が、俄かに世間の注目を集めているボイストレーニング。元々、アメリカが発祥地で、発声法の訓練として始まりました。あのケネディ大統領もプロのトレーナーの指導を受け、1960年の大統領選に臨みました。私たちの心に残る大統領就任時のスピーチは、ボイストレーニングの成果だったと言う訳です。他にも副大統領のリンドン・ジョンソン、スポーツキャスターCowdy、俳優のフェイダナウェイなど、著名な人々も名を連ねています。このようにアメリカでは、ビジネス界でも導入されている程、大変、ポピュラーなものです。日本では漸く、最近になり認知され始めました。歌手願望の人や既にプロとして活動している人、ビジネス人のためのレッスン教室など、それぞれ個人の目的に合わせて選択出来る場所が用意されています。又、自宅でも気軽に行える教材や、マウスピースなどのグッズも市販品からネット購入品まで、容易に入手出来るようになりました。ボイストレーニングの前の、身体を思いっきり伸ばす、首の軽い前後運動をする、この2つは心身の緊張を解すストレッチの役割がありますので、是非、試してみて下さい。ボイストレーニングを行う上で大事な事は、姿勢や立ち方です。真っ直ぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢で立って下さい。猫背気味の人は消化器、循環器、呼吸器など、内臓機能を低下させてしまいます。その猫背で歪んだ背骨の改善に役立ち、肩凝りや腰痛の解消にも繋がります。呼吸の仕方も日常、私達が行う胸式呼吸とは異なり、息を吸った時にお腹が膨らむ、腹筋を使った腹式呼吸が主体です。この方法は歌を歌う時の呼吸法で、息のコントロールが可能になります。タングトリル(巻き舌、ルーと発音します)、リップロール(息を出しながら、唇をプルプルと震わせる)、ロングトーン(同じ音を伸ばす)、ミックスボイス(ミドルボイスとも呼ばれる、地声と裏声の混合)、ファルセット(合唱で歌うソフトな裏声)など、多様に組み合わされた練習法がありますが、中でもリップロールとタングトリルは、特に発音の上達に貢献する練習法だと言われています。発声の練習によって歌の上達や、声の質を高めてくれるボイストレーニングの素晴らしさに、私たちは気付きました。アメリカ同様、芸能やスポーツ界なども含め、マスメディアや医療の現場など、多様なビジネスの分野で今後一層、ボイストレーニングの需要は高まっていくに違いありません。

初心者にお勧めのボイストレーニング、リップロール

ボイストレーニングを始めてしばらくすると、
次の様な悩みにぶつかる事があります。

「望んだように高音を出すことができない」、
「なんとか声が出る様になってきたんだけど、声にもう一つ深みがない」
などの悩みです。

初心者から上級者まで、
この様な悩みを持つ方は意外に多いのではないでしょうか。

この様な悩みを解消してくれる基礎的なトレーニングが通称、
リップロールと呼ばれるトレーニング方法です。

一言で説明すると、
唇を突き出して息を吐き、
上唇と下唇をプルプルと震わせるトレーニングです。

まだ小さな子どもだった頃、
よくやった事がある方も多いかもしれません。

しかし、このリップロールには様々なメリットがあります。

まず、子どもが本能的にする遊びと極めて形態が近い為に、
喉の筋肉がリラックスした状態で息を吐き、
発声を行う練習になります。

よくカラオケなど聞く
「頼むから止めて!」と言いたくなる様な、
無理をしている発声方法とは、
正反対の発声方法と言っていいでしょう。

言うまでもありませんが、
無理をして声を出す発声方法は、聞く方がつらいだけではなく、
本人も喉を痛めたり、苦痛を感じるなど、様々な問題があります。

従ってリップロールトレーニングに熟達することで、
声に深みが出るだけではなく、
自然な発声でそれまでよりも高い音域の発声が可能になるのです。

また、リップロールで声に深みが出るのは、医学的な根拠もあるそうです。

ボイストレーニングを少しでも行った事がある方なら、
誰もが喉頭(喉仏)を下げる様に注意された事がある筈です。

初心者はどうしても喉頭が上がりがちになってしまい、
無理をしている声質と言うか、
俗に言うキンキン声が中心の発声になってしまうからです。

ところが、自分の喉頭(喉仏)を触りながら、
リップロールによる発声を行ってみてください。
喉頭はずっと下に下がっていると思います。

つまりリップロールを繰り返し行う事で、
喉頭を下げて発声を行う習慣が身につくという訳です。

では、具体的なリップロールの説明です。

子どもの頃を思い出して、唇を前に突き出し、
息を吐きながらブルブルと唇を震わせてみます。

それができれば、今度は長く続ける練習をします。

子ども時代の遊びと違う事としては、
唇のブルブルと言う振動音が安定的に途切れること無く、
続ける事を心がける事です。

これが可能になると、次に発声と組み合わせます。

呼吸はもちろん、腹式呼吸で行い、
次に音階に合わせる様にステップアップしていきます。

このリップロールトレーニングは
発声前の準備運動としても役に立つので、
覚えておいて損は無いボイストレーニング方法だと思います。

ボイストレーニングの種類を知ってみよう

ボイストレーニングというものは、想像ほど難しいものではありません。ボイストレーニングの種類によっては、自宅でできるような簡単なものもあるのです。そこで、歌を上達させていきたいという方は、このボイストレーニングの種類について知っていってみてはいかがでしょうか。一概にボイストレーニングといっても様々な種類があるので、きっと自分でもできるボイストレーニングというものを見つけ出すことができるでしょう。
まず最初に紹介するのは、リップロールというボイストレーニング方法です。このリップロールというのは、高い声を出すうえで非常に有効なトレーニング方法であると言えるのです。どのようなボイストレーニング方法かというと、その名の通り唇を使たトレーニング方法なのです。リップロールは、息を吐きながら唇を振動させていくというトレーニング方法で、生体に圧力をかけて結果高音を出せるようになるということなのです。簡単にできるトレーニングであることから、他のボイストレーニングを始める前の準備としても有効ですし、毎日続けることも容易なのです。そのため、基本となるトレーニングであるともいえるでしょう。このリップロールをすることによって、まずきれいに裏声を出すことも可能になります。これで、声が低いという方でも女性ボーカルの歌を歌ってみたりすることも可能になるのです。また、息がぶれなくなり、自分でコントロールすることも可能になります。このような効果を持ったリップロールを、まず知ってみてはいかがでしょうか。
次に、腹式呼吸の練習をしてみましょう。腹式呼吸も立派なボイストレーニングの一つで、これによって声を安定して出すことができるようになったり、高温を出すことも容易になるのです。腹式呼吸というものはどうやるのかというと、その名の通りまずはお腹でしていくのです。胸のあたりでするのではなく、吐くことに重点を置いて、呼吸をしていくのです。普段から気を付けるようにすることができるので、リップロールと同じように毎日続けていくことができるボイストレーニングであると言えるでしょう。
この他にも、様々なボイストレーニングというものが存在しています。歌を上手にしていきたいという方は、まずはこのような簡単なボイストレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。これらをすることによって、基本を押さえることができるようになり、格段に上達していくことになるのです。

自宅でテレビを見ながらでもできる!声量・滑舌・トレーニングの基礎

「歌がうまくなりたい」「魅力的な声になりたい」
筆者もかつてそう思い、あれこれと調べた。その中から効果的かつ手軽にできたトレーニングを紹介したい。

まずごくごく基本となる腹式呼吸について。まったくの初心者の場合、実感がわかないのがここだと思う。
最も簡単だった体感方法が「仰向けに寝転がって呼吸をする」というものだった。
仰向けに寝転がると自然に腹式呼吸になる。この状態で準備運動として「ラ」を息が続くまで吐き続ける。
いきなりではなくて「ラ・ラ・ラ」と発声してから続けるとよい。もちろんお腹が上下するのを意識して、
「ラ・ラ・ラ・ラ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…」
と伸ばす。これを数セットで声量のトレーニングとなる。

単純に口から声を出す、のではなくて「体全体をひとつの楽器として、お腹や肺の空間を使って共鳴させ、
頭の上から響かせる」ようなイメージで。

さらに、必要な腹筋の鍛錬としては仰向けになって足をあげるのが効果的。
角度の目安として30度で1分、10度で1分というように、それぞれの限界時間を測って
限界までを3セット行おう。
さらに環境的に可能なら限界時間に近い歌を歌いながらだとなおいい。
筋肉はごく軽い筋肉痛になる程度まで負荷をかけ、それから休息を与えることによって
以前より増加するのだが(超回復という)これは筋肉の部位によって回復速度が違い、
例えば上腕二頭筋などは2〜3日の休息が必要だが、腹筋は比較的それが速く、
1日おき程度を目安にする。

発声の準備運動や基礎としては、いわゆるタングトリルやリップロール、早口言葉もよい。
赤ちゃんをあやすときに行うような、唇を「ぷるるるる」と震わせる運動。
それから、口を大きく、顔全体を使って「あ・い・う・え・お」の形を作る。
舌を左右に動かして、回転させる運動。
しかるのちに、早口言葉で滑舌の練習をするとよい。

また、早口言葉でなくても、ゆっくり、大きく好きな文章を読むというのも効果的だ。
ただしこちらは場合によっては自宅では難しく、外で行わなければならないかもしれない。
河原や公園などがよいだろう。

逆に、自宅でないとむしろやりにくく、かつお手軽で効果的なのが
「バケツをかぶって歌う」
ことだ。見た目がやや奇妙だが、歌うわりには音がこもるため近所迷惑にもなりにくい。
バケツを被ることによって音が反響し、自分で自分の声が聞こえるのがポイント。
これは音程のトレーニングとなる。

声量と滑舌は比較的鍛えやすく、まずはこれだけでもグッと歌や話し方がレベルアップする。
特に仰向けに寝てからの腹筋運動や発声練習などは自宅で、テレビを見ながらでもできるため
気負わずに習慣として取り入れて欲しい。

きっと、よい効果をもたらすはずだ。

高い音を出すためのコツ

音域の広い歌を歌えると嬉しいものです。特に透き通った高音が無理なく出せると清々しい気持ちになります。
もちろん元から声の低い人もいれば高い声の人もいますが、トレーニングである程度までは音域を広げることができますし、
裏声を地声のように聞かせるテクニックもあります。
一応の目安はリップロール(唇をプルプル高速で振動させる)をする時に低音から始め高音へと移動していき、
もうこれ以上の高音は出せないというところまで行きます。
その高さは通常歌っている最高音よりも高いはずです。
その高さまでは出せる能力があるということですから、そこを目指して音域を広げていきましょう。

高い声を出す王道はまず呼吸法を徹底することです。
のどで無理をしても長続きはしません。
正しい呼吸法が徹底されれば地声そのものの音域も広がりますし、裏声を使うときにも弱弱しい裏声ではなくしっかりした広がりのある裏声が出せるようになります。
また地声と裏声の境を曖昧にすることができますので発声方法は違っても聞き手にはスムーズに低音から高音まで推移しているように聞かせることもできます。
しっかりと横隔膜を下げ、腹の底から声を出すことです。腹というよりも腰からと言ったほうがイメージしやすいかもしれません。
体に空気を入れる範囲を喉から肺、お腹、さらに横隔膜を下げて腰、足の付け根にまで広げると想像してみてください。
言葉で説明するのは難しいですが、実はこのような呼吸の仕方は無意識のうちにしていることがあります。
それは大きなあくびをする時です。あくびをする時は自然と喉からお腹の底までを1本の通り道にしてより多くの空気を体内に入れようとしています。
今度あくびが出たときには自分がどんな呼吸をしているかに意識を向けてみましょう。

しなやかで強い腹筋や背筋は無理のない発声には欠かせませんので、意識して鍛えるようにしましょう。
喉を緊張させるのではなく弛緩させ楽にします。
そして遠くの人に歌いかけるつもりで発声してみましょう。
この練習も毎日続けると徐々に音域は広がってきます。

裏声にはファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイスなどに分類されるものがあり、また男性と女性では裏声を使う用途と発声法も異なることから目的にあったものを習得する必要があるのですが、上に挙げたようなことはどれにも当てはまるものですから毎日の練習に取り入れてみましょう。
音域が広がるだけでなく、声の質を高め、より「聞かせる」歌が歌えるようになります。

様々なボイストレーニング

ボイストレーニングにも色々な方法があります。

たとえば、リップロール、タングトリルというものです。

リップロールとは唇を閉じたまま声をだし、
唇を「プルプルプル」と振るわせるものです。

タングトリルとはいわゆる巻き舌の事です。
舌を巻き舌で震わせます。

リップロールは普通にできると思いますが
タングトリルはなかなか難しいと思います。

個人差によってできる人もいればできない人もいるみたいですし。

ただ、練習しだいでまったくできない人も
多少はできるようになるものだと思います。

両者とも行う事で声帯のリラックス効果、
余分な力を抜く効果があるので、ぜひやってみましょう。

そして豆知識として、
裏声というのは音痴を直す効果があるようです。
なぜでしょうか?

ある資料によると
歌を歌う筋肉には声帯を
引き延ばす働きをしている輪状甲状筋というものと、
声門を閉じる働きをしている閉鎖筋グループというのがあるようです。

それに呼気の圧力が加わって音程の調節が決まるみたいですが
その中でも特に重要なのが輪状甲状筋らしいです。

そして、その輪状甲状筋は裏声によって鍛える事が出来るらしいのです。

これを利用しない手はありません。
さっそく裏声を使ったトレーニングをしてみましょう。

1、裏声で身の回りにある文章を読んでみる(新聞欄、小説、セリフなど)
2、ドレミファソラシドを裏声で。また、同じように1オクターブあがって下がっていくのを裏声で。
3、2をスタッカートでやるのと身体の様々な部位を意識してやってみる。
4、2〜3をハミングでやってみる。
5、鼻をつまんで1〜4をやってみる。
6、イの母音で1〜5をやってみる。
7、自分の好きな曲を鼻歌で歌ってみましょう。
8、自分の好きな曲を裏声で歌ってみましょう。

このほかにも自分でアレンジして裏声のトレーニングをしてみましょう。

裏声と表声を交互に出してみてもいいトレーニングになると思います。

また、裏声を出せないという人もいるかもしれませんが
そういう人は自分の声をテープに録音しながら
トレーニングを続けてみるといいと思います。

何も裏声にかぎった事ではありませんが、
声を出すのに大事な事は身体の力を抜く事です。

まずは身体の力が抜けるように、
大の字になって寝て声を出すトレーニングをやってみて下さい。

もちろん、顎の力を抜くためにピンポン玉を使ってみてもかまいません。

この裏声のトレーニングは
予想以上に全てのトレーニングに直結していきます、

声の伸びや、声量や、音程などの歌にかかわる密接な事に
思いのほか関係してくるものなので定期的にやる事を勧めます。