Tag Archives: レッスン

自宅でできるボイストレーニングの練習法

ボイストレーニングとなると、個人宅での練習よりも防音設備が整った教室の方が、一般的には通いやすいです。ですがボイストレーニングは声量が必要な歌やセリフの練習だけでなく、発音を正しくしたり滑舌の悪さを治したりと日常生活での問題を治す意味でも利用されます。そういった点では大きな教室ではなく、個人で教えてもらえる所へレッスンに行くのも良いと思います。

滑舌を治す場合も練習が必要だと思いますが、レッスンで治す場所を考えれば姿勢、発声方法です。もしかすると顎や喉のつくりによっては改善しきれない部分があるかもしれませんが、筋肉は鍛えることができます。あまりおおげさに治したくない、でも日常会話を何の不自由もなくやりたいと思うなら、ボイストレーニングから改善していく方法がオススメです。

レッスンを受ける教室の場所というのは、受けに行く側にとって非常に大切です。プロを目指すためのボイストレーニングというのは、毎日の練習と高度な内容が求められます。大声を上げる練習は楽器の練習と違い、一般家庭ではやりにくいと思います。毎日の練習なのでしっかりした設備で一生懸命練習したいとなると、やはり教室に通うことが一番です。先生にもアドバイスしてもらえるので通う価値があります。

自宅でできるボイストレーニングの練習方法は教室でのレッスンと違って限定されます。大声を出せないというのが難点ですが、毎日無理なく自宅で行えるトレーニングがあることも事実です。例えば横隔膜を鍛えるための腹筋を鍛える運動です。腹筋を鍛えることで声量を上げることにも繋がり、横隔膜を鍛えることで歌手に必要なテクニックであるビブラートを使いこなすことができます。毎日ただ腹筋をするだけでは続かないという人は、部屋でテレビを見ながらや音楽を聴いている時にするようにすると、習慣づけることができるかもしれません。ただし、腹筋を鍛えるときはそれだけでは体のバランスが悪くなるので、一緒に背筋も鍛えるようにしましょう。腹筋背筋両方の筋肉のバランスを整えることが理想です。

声量を上げるために他に自宅でできる練習方法としては腹式呼吸があります。胸式呼吸はその名の通り胸で呼吸する方法で、空気を吸ったときに肺を膨らませます。一方腹式呼吸は、空気を吸ったときに胸ではなくお腹を膨らませることで肺を動かしません。初めは難しいかもしれませんが、胸に手を当てて肺を動かさないように意識するとだんだん出来てくるのが分かります。

腹筋も腹式呼吸も慣れるまでは習慣にはならないかもしれませんが、ボイストレーニングの一環としてやっていくと必ず効果が表れるので、頑張って続けてみてください。

Advertisements

ストレッチから始めるトレーニング〜土台作りからはじめよう〜

まずボイストレーニングというものは歌手の方が劇場でうまく声を出すためにやるトレーニングのことでアマチュアの方からその道のプロフェッショナルの方までさまざまな人がこのトレーニングを行っています。また歌手だけではなく役者やお芝居の語り役の人まで大勢の前で声を発する人ならだれしもがやるトレーニングのことです。
また劇場に立つ人でなくても社会人だったら会議などでわかりやすい説明をするためによく伝わりやすい声で話したり、女性の方でもカラオケで友人らにいいところを見せるためにボイストーレニングをして声の調子を合わせたりと様々な人がトレーニングを行っています。
またボイストレーニングは声を良くするだけではなく腹式呼吸を行うことによっておなか周りが引き締まり体がスリムになるということでダイエットにも効果があるといわれています。
それでは具体的にボイストレーニングについて軽く説明していきましょう。
まず具体的なレッスンの前に体をほぐす運動から始めましょう。
まず首を前後左右に5回ぐらい動かしてそのあと三回ぐらい首を回して首のコリを無くしたり調子を整えましょう。
次に首や顔の筋肉(特に頬のあたりの筋肉を重点的に)ほぐしてマッサージをしてリラックスしましょう。
次に体全体を動かすストレッチについて説明しましょう。まず両腕の手のひらを地面にくっつけて両足を開いて股関節と背中、腰の筋肉を伸ばしてリラックスしましょう。こうすることによって自然と姿勢や立ち方が綺麗になって自然とトレーニングに適した体勢になります。そのあと今度は腕をつかずに立ったまま足を左右に開いて、股関節を重点的に伸ばしましょう。やはりトレーニングを行うためには姿勢をしっかりすることが大切です。
これらのストレッチが終わったら肩や足の関節など気になる点をしっかりと回してチェックしましょう。次はいよいよ実際に行うトレーニングについてです。
まず一番最初に自分が普段話す声で普通に声を出し続けましょう。初めのほうは10秒ぐらいで十分です。のちのち繰り返して最終的には25秒ぐらいを目指せるといいですね、次にまず声を大きく出してから徐々に小さくして、その次は徐々に声を大きくさせるやり方、その次は大きくして小さくしてまた大きくする山型、それの逆の谷型、これらを3回ぐらいループする方法です。
次は声を出すときの呼吸法です。ボイストレーニングを行う時の呼吸法は腹式呼吸が一般的に使われていますが、腹式呼吸ってどうやればいいのかわからないという人も多くいるでしょうが、普段行っている呼吸をいつもより大げさにやるというか息を吸うときにおなかが膨れる、息を吐くときにおなかがへこむ、この運動を繰り返しているだけで自然と身につくというわけです。
今回私が紹介したことはボイストレーニングの本当に最初のほうだけです。実際にレッスンを受ければ歌う中でのトレーニングも受けられます。ぜひとも皆さん体験してみてください。

ボイストレーニングのレッスンのポイントと流れについて

大きな声が出ない方や、喋るとすぐに喉が痛くなってしまう方、それから、カラオケで良い点数を出したい方などに
お勧めなのがボイストレーニングです。

ボイストレーニングをすることは、喉に負担をかけず、自分の中で一番良い声を出すことが出来る近道となるかもしれません。
良い声を出すのに必要なのは、腹式呼吸です。
腹式呼吸はその字の通り、息を吸ったときにお腹が膨らみ、はいた時にお腹がへこむ呼吸法のことです。
文字にすると簡単に思えますが、中には、息を大きく吸うと胸が上がり、お腹があまり膨らまない人もいるのでは
ないでしょうか。そんな方は、ボイストレーニングのレッスンで腹式呼吸をマスターすることによって、
無理のない発声が出来るようになる可能性が高いです。
ボイストレーニングのレッスンでは、音楽大学などで専門的な発声を身につけてきた専門家や、長年、
シンガーとして活動してきたキャリアを持つプロなどがインストラクターとなり、発声を基礎から指導してくれます。
発声というと、まず声を出すことを思い浮かべる人は多いと思いますが、インストラクターによっては
身体の凝りや緊張をほぐす為に準備体操をしっかりとやるところからレッスンをスタートさせる場合もあります。
余計な力を抜いた状態で声を出すことで、より自然な発声が身につくので、準備体操も気を抜かずにしっかりと
マスターしておくと良いでしょう。
そして、一般的には、身体が解れた後に発声練習に入るという流れが多いのではないでしょうか。
発声練習では、ピアノの音を聴きながら、中くらいの高さの音から高音までを出していき、
再び中くらいの音を通って低音を出していくという練習がよく行われます。
しかし、性別や年齢、その人の声によっても出し易い音の高さは変わってきますし、
出ない音を無理矢理出させるのではなく、それぞれの人にとって自然な音から発声練習を始めてくれる
インストラクターが多いのではないかと思うので、初心者の方もそれほど心配はいらないのではないでしょうか。
そして、発声練習を終えたあと、実際に曲を歌ってみるという時間を設けてくれることが多いです。
曲選びは、初めてのレッスンのときにインストラクターと相談して決めても良いですし、
どうしても歌いたい曲がある人は、楽譜を持って行っても良いでしょう。
もし、初回の時点で、その曲を歌うのが難しそうな場合は、希望の曲が歌えるようになることを目標に
別の優しい曲からスタートするのもお勧めです。
相性の合うインストラクターと出会い、声を出す楽しさを味わってみてください。