Tag Archives: 初心者

ボイストレーニングの基本について

“歌をうまく歌うために、あるいは役者さんがより声を届かせるためなどにボイストレーニングは行われます。
ボイストレーニングとはひとそれぞれに合った発声法を実現し行っていく発声練習のことです。

「声を出す」という発声全般についておこなわれ、より専門的に、喉や舌の使い方などのテクニックや発音そのものの訓練なども行ったりします。

ボイストレーニングにとって一番大切は基本はその呼吸法にあります。
まず「腹式呼吸」をマスターすることが重要です。
私たちが普段行っている呼吸法は「胸式呼吸」です。
「腹式呼吸」と「胸式呼吸」のちがいは、簡単に言うと、息の入り方に違いがあります。
「胸式呼吸」は肺の上のほうに息が入ってくる感じで、「腹式呼吸」は肺の下側に息が入るようなイメージです。
つまり横隔膜の動きを伴うのが「腹式呼吸」なんです。

ボイストレーニングをする時の腹式呼吸を行う姿勢は、なるべくあごを突き出さずのども窮屈にさせないようにすることが大切です。
胸を軽く張り、せなかも腰も伸ばすようにします。
頭のてっぺんを上から引っ張ってもらっているような感じで立てば、自然と背中が伸びて理想的な姿勢になると思います。

腹式呼吸はまず、体のちからを抜いて、先ほど述べたような姿勢で正しく立ちます。
一度軽く息を吸って、自然に吐きます。
お腹に手をやって腹式を意識します。

自然に息が出たら、次はお腹をゆっくりとへこませるようにしてもう一度口から息を吐きます。
その息を吐ききったところでさらにもっと息を吐き、十分に息を出し切ります。

次は息を吸いますが、吸うときは鼻から吸って口から吐くのが基本です。
コツとしては鼻から吸ってその息がおへそを通り下腹部まで入っていく感じで吸います。

充分吸ったら、数秒間息を止めます。
その後、力を抜いて自然に息を出し切ります。

これを10回くらい続けて行いワンセットとして、2〜3セット毎日行います。

毎日行うことが大切です。

次にボイストレーニングですが、専門的なトレーニングではなく自宅で簡単にできるトレーニングもあります。

歌う曲は自分の好きな曲でいいです。できれば歌詞も曲も暗記できているものが良いです。

まずその曲をハミングで歌います。
次に自分の一番小さな声で歌います。
だんだんボリュームをあげて歌っていき、最後は自分の一番心地よいと感じる声の大きさで歌います。
10分ごとにお水などでのどを潤してください。
30分くらい続けたら終わります。これは喉の調子のよくないときは止めましょう。

ボイストレーニングは基本の積み重ねでもありますのでリラックスして楽しく行うことが大切です。

いい声を出すための腹式呼吸トレーニング

呼吸というものは人間が生まれてから自然と行われているものではありますが、いざ、沢山の息をコントロールしようとなるとうまくできなくなる人は多いと思います。
ある程度意識的に身体に息を溜め込み、吸ったり吐いたりしていくトレーニングも必要と思います。
そしてこの息をコントロールする事は腹式呼吸でリラックスして歌える事にもつながります。
また、このトレーニングは息の調節には口や喉を使ってはいけません。
例えば口を閉じ気味にして息の量を調節するのは駄目です。
全てお腹で息の量をコントロールするようにします。

1、息を5秒間かけてお腹に空気が沢山たまるまで吸って下さい。(最初と最後で吸う息の量が均等になるように)

2、それができたら今度は時間を延ばして10秒間、20秒間、25秒間かけて時間をかけてゆっくりお腹に空気が沢山たまるまで吸ってみて下さい。(急にやると酸欠になるかもしれません。無理はしないように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやっていいです)

3、今度は吸うのではなく、吐きます。息を10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐いていってください。(常に息の量が均等になるように。0〜25秒間の間で時間を自分で設定してやってよい。)

4、今度は吸うのと吐くのを続けてやってみましょう。深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、すぐには吐き出さずに2秒間息をとめたあと、ゆっくり息を均等に吐いていきます。このゆっくり均等に吐いていく時の時間は自分で0〜25秒くらいの間で自分で設定してやってかまいません。(なるべくゆっくり均等に吐けるように。)

5、深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、3と同じようにすぐには吐き出さずに4秒間、6秒間、10秒間とそれぞれ息をとめるほうの時間も自分で設定してみて、その後ゆっくり息を均等に吐いていきます。(なるべくゆっくり。均等に吐いていく時の時間は3と同じよう自分で0〜25秒くらいで設定してやっていい。)

6、深呼吸で息を5秒間かけてお腹にいっぱいになるまで吸ったあと、今度は息はとめずにすぐにそのまま息を吐き始め、息を5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ完全に吐ききって下さい。(均等に吐いていく時間は同じように自分で0〜25秒間くらいで設定してやっていい。

7、今度は吸うほうの時間もかえてみましょう。息を吸う時間を5秒間、10秒間、20秒間から設定してその設定た時間で深呼吸で息を吸った後、5と同じようにすぐに息を吐き始め、5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐ききって下さい。(息を吸う時間と息を吐く時間はこれまでと同じように0〜25秒間くらいで自分で設定してやってかまいません。)

8、1〜7を時間があれば何回か繰り返して下さい

なれないと酸欠になる危険もあるので無理せず行ってください。

初心者にお勧めのボイストレーニング、リップロール

ボイストレーニングを始めてしばらくすると、
次の様な悩みにぶつかる事があります。

「望んだように高音を出すことができない」、
「なんとか声が出る様になってきたんだけど、声にもう一つ深みがない」
などの悩みです。

初心者から上級者まで、
この様な悩みを持つ方は意外に多いのではないでしょうか。

この様な悩みを解消してくれる基礎的なトレーニングが通称、
リップロールと呼ばれるトレーニング方法です。

一言で説明すると、
唇を突き出して息を吐き、
上唇と下唇をプルプルと震わせるトレーニングです。

まだ小さな子どもだった頃、
よくやった事がある方も多いかもしれません。

しかし、このリップロールには様々なメリットがあります。

まず、子どもが本能的にする遊びと極めて形態が近い為に、
喉の筋肉がリラックスした状態で息を吐き、
発声を行う練習になります。

よくカラオケなど聞く
「頼むから止めて!」と言いたくなる様な、
無理をしている発声方法とは、
正反対の発声方法と言っていいでしょう。

言うまでもありませんが、
無理をして声を出す発声方法は、聞く方がつらいだけではなく、
本人も喉を痛めたり、苦痛を感じるなど、様々な問題があります。

従ってリップロールトレーニングに熟達することで、
声に深みが出るだけではなく、
自然な発声でそれまでよりも高い音域の発声が可能になるのです。

また、リップロールで声に深みが出るのは、医学的な根拠もあるそうです。

ボイストレーニングを少しでも行った事がある方なら、
誰もが喉頭(喉仏)を下げる様に注意された事がある筈です。

初心者はどうしても喉頭が上がりがちになってしまい、
無理をしている声質と言うか、
俗に言うキンキン声が中心の発声になってしまうからです。

ところが、自分の喉頭(喉仏)を触りながら、
リップロールによる発声を行ってみてください。
喉頭はずっと下に下がっていると思います。

つまりリップロールを繰り返し行う事で、
喉頭を下げて発声を行う習慣が身につくという訳です。

では、具体的なリップロールの説明です。

子どもの頃を思い出して、唇を前に突き出し、
息を吐きながらブルブルと唇を震わせてみます。

それができれば、今度は長く続ける練習をします。

子ども時代の遊びと違う事としては、
唇のブルブルと言う振動音が安定的に途切れること無く、
続ける事を心がける事です。

これが可能になると、次に発声と組み合わせます。

呼吸はもちろん、腹式呼吸で行い、
次に音階に合わせる様にステップアップしていきます。

このリップロールトレーニングは
発声前の準備運動としても役に立つので、
覚えておいて損は無いボイストレーニング方法だと思います。

腹式呼吸を手に入れて楽しく歌おう

カラオケなどで他人の歌を聞いた時に、それが上手いか下手かの差が感じられるのは、やはり腹式呼吸の有無による。
私の直感では、腹式呼吸ができている人の歌声は心地よく聞こえ、すんなりと心地よく聞いていられるが、喉で絞り上げた歌い方をする人の歌声というのは、聞いていてなかなか心地よいものではない。

さらには、カラオケが苦手、歌うのが嫌い、自信が無いという人には腹式呼吸ができておらず、思うように歌えないという人がほとんどだと思う。
学生の時、あまり歌が上手ではなく、本人も嫌いであった友人が、ある日どこかのタイミングで腹式呼吸を覚えたがために、見違える程歌がうまくなり、EXILE程度なら普通に歌っている友人もいる。そのくらい、腹式呼吸の有無は大きい。

では、どのような状態が腹式呼吸ができている状態なのでしょうか。
慣れないと実感しにくい部分ではあるが、たとえば男性の場合、極端に低い声を出した時は腹式呼吸を使えていることが多い。

合唱で言えばテナーではなく、バスのパートに当たるような、普段の地声よりもとりわけ低い声を出している時である。
イメージしてみると分かると思うが、低い声を出しているときは、喉を開いてお腹から口まで直接空気を吐いているような感じが実感できると思う。
この状態が腹式呼吸であり、これを上手に使うと歌がうまくなる。

小学生くらいの頃、音楽の授業などで1度くらいは経験があると思うが、口に割り箸を挟んだ状態で歌うという方法は理にかなっていると言える。
あの状態だと奥歯と奥歯がくっつくことなく発声をするので、いやがおうにも腹式呼吸を使っている。
このような経験を思い出しながら、腹式呼吸を練習すれば身につけることが可能だ。

あと、良く言われる方法だが、ペットボトルを口に加えて吸い込む方法も有効だ。
ペットボトルは当然ながら固いので、腹式呼吸を使わずして吸い込むのではペットボトルがへこまないのだ。
歌を歌うときに長く息を持たせ、ペットボトルを吸い込む時のような方法で一気にブレス(息継ぎ)をすることで、良い歌声のまま歌い続けることができる。

息を吐く時のイメージは風船をふくらませている時が同じような呼吸方法が必要になる。
練習としては、声を出しながら風船を膨らませる練習などが良いだろう。

これらは、実際には慣れとも言えるが、カラオケに行くたびに意識をしているだけで、全く意識をしていない場合とは異なるので、歌がうまくなりたいと願う人は是非実践してみてほしい。

ちなみ腹式呼吸を操れるようになると、ビブラートをかけるのもお腹でできるようになりますので、歌唱の幅も広がり、より一層歌くことが楽しくなると思います。
歌が上手に歌えるようになると、歌っている自分自身も楽しく、気持ちよくなるので、頑張ってください。

良い声を出すための「正しい、立ち方」とは?

姿勢は、良い声を出すために重要な要素の一つです。

歌手や、舞台俳優さんなどで、猫背の人を思い出すことができるでしょうか?
プロとして活躍されている方々は、みなさん背筋が伸びた良い姿勢をなさっているのが分かることと思います。

猫背になると、肺や腹腔が圧迫されて空気を送り込める量が少なくなってしまいます。

声を出す要素の一つである「息」は、姿勢が悪くては十分な量を確保することができません。
ですから、背筋を伸ばした姿勢は、声量のある声を出すのにとても大切である、ということは言えると思います。

基本的に、歌唱や発声のために良いといわれる姿勢は、

・両足を肩幅程度に開いて、つま先はほんの少し外向けにして、ひざを伸ばして立つ
・背筋は伸ばし、お腹を気持ち前に出すような感じで重心は、やや、うしろ
・頭のてっぺんから、上に吊り上げられているようなイメージ

などと言われます。
声を出すときは、あごは少々上げ気味にするように指導される先生もいらっしゃいます。

声は、お腹から、体の中心をとおって、頭のてっぺんから抜けるイメージで出す、というのがクラッシックなどでよく言われる発声です。
息は口から出ていくけれど、声は上から抜けていくような感覚で発声する、と言われるとなんだか、難しいような感じがしますね。
しかし、このようなイメージで行う発声が、喉の奥から体の内部でよく響いて出る声なのだそうです。

声は、体の中の空洞を反響して外部へと出ていきます。
言ってみれば、スピーカーの箱に当たる、反響箱の役割を体内の空洞部分が果たしているわけです。
日本人を含むアジア人は、生来、腹腔、胸郭が欧米人と比べると小ぶりなので、その点は不利だという意見もあります。
背の低い人より、高い人のほうが、痩せた人より、太った人のほうが、有利な一面はあるかもしれません。

しかし、たとえ体格的には発声に適した、恵まれた体を生まれ持っていたとしても、前述のように、猫背のまま声を出そうとすると、肺や、腹腔などの肝心の部分が内臓に圧迫されて狭まってしまいます。
呼吸のための横隔膜や胸郭の可動範囲も小さくなり、大きな声を出すのに足るだけの空気を吸い込むことも難しくなります。

この状態では、たとえトレーニングされた人であっても、十分な発声をすることはできなくなってしまいます。

正しい姿勢は、体の中に、声を反響させる十分なスペースをあけるとともに、声を出すための原動力となる筋肉の運動や、呼吸の量を十分確保できる姿勢であるとも言えるでしょう。

ボイストレーニングで響く声を手に入れられます

歌を上達させるための、効率の良い方法として、
人気があるものといえばボイストレーニングです。

ボイストレーニングは
週に1度など決められた回数で定期的に通うものが多いので、
飽きっぽい人でも続けることが出来ます。

歌を歌うにあたって大切なことを教えてもらえますし、
ビブラートやこぶしといったテクニックだけではなく、
呼吸法や舌や喉の動かし方といった基礎的な技術から学べますので、
初心者でもたいへん安心です。

ボイストレーニングに通うと、
声について学ぶ仲間を作れることも、楽しいメリットです。

歌を上手に歌うためには、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。

まずは、姿勢です。

背筋を伸ばして立ち、顎を引きましょう。

顎が上がっていると、
喉を締め付けるような発声になりやすいので、
子供っぽい幼稚な声になることが多いです。

また、歌う時に感情をこめすぎるなどして、
首を動かす人が多いのですが、
発声においてはあまり良いこととはいえません。

胴から頭を大きく動かさないようにして、
首をできるだけ動かさずに定位置においておくと、良いでしょう。

極めつけは、上半身の脱力です。

上半身の脱力というものは、なかなか難しいもので、
歌っていると知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いです。

下半身は上半身を支えないといけないので、
しっかりと力が入っていても安心です。

肩や手などが自由に動かせるくらい
リラックスした上半身の体勢を維持しながら、声を出すと、
良い発声方法に繋がります。

そして、一般的に良い声とされるものには、
響きが優れている声が多いです。

歌を歌唱する際にも、喉に負担を用いらずに、
大きな声を出すためには声を響かせることが大事になってくるでしょう。

軟口蓋を使って、声を出すと、
自然と響きのある声を手に入れることが出来ます。

軟口蓋とは、口をあけた時に天井側の部分にある、
喉に近いやわらかい部分です。

口を大きく開けて、声を口より前に響かせるのではなく、
口の中の軟口蓋へ響かせることによって、良い歌声に近づけます。

口の奥をイメージして、
耳の後ろから声を出しているような感覚を身に付けると良いでしょう。

そうすることによって、
少ない息の量でも大きなパワーで声を発することが可能になりますので、
声量のアップに繋がります。

また、ロングトーンや息継ぎが少ない曲を歌うときにも役立ちます。
もう一つ、歌が上達するためには肺活量は多い方が嬉しいです。
息を吸った後、吐ききる動作を、毎日すると良いでしょう。

様々なボイストレーニング

ボイストレーニングにも色々な方法があります。

たとえば、リップロール、タングトリルというものです。

リップロールとは唇を閉じたまま声をだし、
唇を「プルプルプル」と振るわせるものです。

タングトリルとはいわゆる巻き舌の事です。
舌を巻き舌で震わせます。

リップロールは普通にできると思いますが
タングトリルはなかなか難しいと思います。

個人差によってできる人もいればできない人もいるみたいですし。

ただ、練習しだいでまったくできない人も
多少はできるようになるものだと思います。

両者とも行う事で声帯のリラックス効果、
余分な力を抜く効果があるので、ぜひやってみましょう。

そして豆知識として、
裏声というのは音痴を直す効果があるようです。
なぜでしょうか?

ある資料によると
歌を歌う筋肉には声帯を
引き延ばす働きをしている輪状甲状筋というものと、
声門を閉じる働きをしている閉鎖筋グループというのがあるようです。

それに呼気の圧力が加わって音程の調節が決まるみたいですが
その中でも特に重要なのが輪状甲状筋らしいです。

そして、その輪状甲状筋は裏声によって鍛える事が出来るらしいのです。

これを利用しない手はありません。
さっそく裏声を使ったトレーニングをしてみましょう。

1、裏声で身の回りにある文章を読んでみる(新聞欄、小説、セリフなど)
2、ドレミファソラシドを裏声で。また、同じように1オクターブあがって下がっていくのを裏声で。
3、2をスタッカートでやるのと身体の様々な部位を意識してやってみる。
4、2〜3をハミングでやってみる。
5、鼻をつまんで1〜4をやってみる。
6、イの母音で1〜5をやってみる。
7、自分の好きな曲を鼻歌で歌ってみましょう。
8、自分の好きな曲を裏声で歌ってみましょう。

このほかにも自分でアレンジして裏声のトレーニングをしてみましょう。

裏声と表声を交互に出してみてもいいトレーニングになると思います。

また、裏声を出せないという人もいるかもしれませんが
そういう人は自分の声をテープに録音しながら
トレーニングを続けてみるといいと思います。

何も裏声にかぎった事ではありませんが、
声を出すのに大事な事は身体の力を抜く事です。

まずは身体の力が抜けるように、
大の字になって寝て声を出すトレーニングをやってみて下さい。

もちろん、顎の力を抜くためにピンポン玉を使ってみてもかまいません。

この裏声のトレーニングは
予想以上に全てのトレーニングに直結していきます、

声の伸びや、声量や、音程などの歌にかかわる密接な事に
思いのほか関係してくるものなので定期的にやる事を勧めます。