Tag Archives: 呼吸

上手く歌える為にする初心者ボイストレーニング

ボイストレーニングを始めて見たいという方は
プロになる為という方はもちろん多いですが、カラオケをちょっと上手く歌えるようになりたいので、無理なく訓練してみたい、今より少しだけでいいから声を上手く出してみたいという方は多いです。

打ち上げや飲み会で、ブームが去ったとはいえ、カラオケは身近な存在にかわりないですから、行く機会も多いでしょうし、ちょっとだけ上手く歌えたり、声を出す事に自信がつけば、場が楽しくなり、周りが楽しむようにする余裕が出てきます。

ボイストレーニングというものを難しく捉えず気楽に訓練する方法は沢山あるので、肩の力を抜いてトレーニングしましょう。

ボイストレーニングは呼吸が基本になります、呼吸をコントロールし喉で声を作るというより、呼吸を無駄なく声に変えていく感じです。

歌を歌う時は、腹式呼吸でお腹から声を出せという表現がありますが、いまいち解りにくいと思います、特に専門家の話を聞く程余計にややこしくなったりしますが、あれはお腹から出すというよりも、肺に沢山空気を入れて息を作る事です。

胸で息をすると、肩が上下します、これは肺にあまり空気が入って無い状態なので、息の量が少なく声に変えるには非効率的です。

人間は意識しないと、空気が入る肺というものが小さく感じているみたいで、実は肺というのは肋骨全体分位ある巨大なものです、上は鎖骨の下くらいから、下はミゾオチ辺りまで広範囲で、この肺全体に空気をいれるようとすると、内臓が下に下がる感じになり、お腹が膨らみます。

この肺の大きさを意識すると言うのがとても重要になりますが、この肺を一杯使って呼吸する事自体、体中に酸素を巡らせて健康にも非常によく、姿勢までよくなるとされてます、猫背治療でも呼吸は大切で、根本は呼吸が浅い人が多く、大抵胸式呼吸で腹式になっていません。

歌を歌う時は呼吸と姿勢はとても大切ですから、この肺を使った腹式呼吸を行えるようになるのが、ボイストレーニングの初歩です。

腹式呼吸には周辺の筋肉を使うので、筋トレで作る筋肉ではなく、内部筋肉は呼吸で鍛える事が出来、ボイストレーニングでその筋肉を鍛えれば、より声が出やすくなります。

トレーニングとしては、自分の出しやすい音程にし、どれ位長く声が出せるか?音量調節したり、最初と最後で音量が変わる事が無い様にしましょう。

この時、声は喉で出さず、深い呼吸でお腹から出す様に意識します。
最初は10秒位で短くてもOKです、しっかりと出す事を続けて練習していけば、無理なく長く安定した
声が出せるようになっていきます。

小さい声から徐々に大きく、逆に小さくを繰り返してみます、少しづつ音量変化の時間を長くしていきます。

慣れない間はトレーニングしすぎて喉を痛めてしまうので、最初は10分位でも良いので、呼吸を声に変える感覚を掴んでいきましょう。

必ず歌でも話声でも声が出やすくなっていきます。

いい声を出すための腹式呼吸トレーニング

呼吸というものは人間が生まれてから自然と行われているものではありますが、いざ、沢山の息をコントロールしようとなるとうまくできなくなる人は多いと思います。
ある程度意識的に身体に息を溜め込み、吸ったり吐いたりしていくトレーニングも必要と思います。
そしてこの息をコントロールする事は腹式呼吸でリラックスして歌える事にもつながります。
また、このトレーニングは息の調節には口や喉を使ってはいけません。
例えば口を閉じ気味にして息の量を調節するのは駄目です。
全てお腹で息の量をコントロールするようにします。

1、息を5秒間かけてお腹に空気が沢山たまるまで吸って下さい。(最初と最後で吸う息の量が均等になるように)

2、それができたら今度は時間を延ばして10秒間、20秒間、25秒間かけて時間をかけてゆっくりお腹に空気が沢山たまるまで吸ってみて下さい。(急にやると酸欠になるかもしれません。無理はしないように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやっていいです)

3、今度は吸うのではなく、吐きます。息を10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐いていってください。(常に息の量が均等になるように。0〜25秒間の間で時間を自分で設定してやってよい。)

4、今度は吸うのと吐くのを続けてやってみましょう。深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、すぐには吐き出さずに2秒間息をとめたあと、ゆっくり息を均等に吐いていきます。このゆっくり均等に吐いていく時の時間は自分で0〜25秒くらいの間で自分で設定してやってかまいません。(なるべくゆっくり均等に吐けるように。)

5、深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、3と同じようにすぐには吐き出さずに4秒間、6秒間、10秒間とそれぞれ息をとめるほうの時間も自分で設定してみて、その後ゆっくり息を均等に吐いていきます。(なるべくゆっくり。均等に吐いていく時の時間は3と同じよう自分で0〜25秒くらいで設定してやっていい。)

6、深呼吸で息を5秒間かけてお腹にいっぱいになるまで吸ったあと、今度は息はとめずにすぐにそのまま息を吐き始め、息を5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ完全に吐ききって下さい。(均等に吐いていく時間は同じように自分で0〜25秒間くらいで設定してやっていい。

7、今度は吸うほうの時間もかえてみましょう。息を吸う時間を5秒間、10秒間、20秒間から設定してその設定た時間で深呼吸で息を吸った後、5と同じようにすぐに息を吐き始め、5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐ききって下さい。(息を吸う時間と息を吐く時間はこれまでと同じように0〜25秒間くらいで自分で設定してやってかまいません。)

8、1〜7を時間があれば何回か繰り返して下さい

なれないと酸欠になる危険もあるので無理せず行ってください。

ボイストレーニングで必ず必要となる「腹式呼吸」

ボイストレーニングで、必ず必要とされるのが、「腹式呼吸」です。
これは、演劇でも歌唱でも同じで、まず、腹筋を鍛え、しっかりした腹式呼吸ができるようになることを教え込まれます。
なにも、専門的にトレーニングする教育機関に限ったことではなく、中学校のコーラス部や、演劇部でも、同じように腹式呼吸を、最初のトレーニングにしているところが非常に多いです。
そのくらい、声を出すために、基礎として重要視されている部分なのだとも言えるでしょう。

多くの人が、なぜ、わざわざ、「腹式」がついているのか?と、首を傾げられるようです。
「呼吸は肺でしているのに、お腹で呼吸するってどういうこと?」という疑問を持たれる方もいらっしゃいます。
実は、あまり意識していないことですが、実は、呼吸には2つの違った方法があります。

呼吸の方法には、「胸式」と「腹式」の2種類があり、それぞれ、まったく違った筋肉や骨を使っていることが分かっています。
また、性別でも違いがあり、男性は腹式呼吸をする人が多く、女性は大部分が胸式呼吸ですが、妊娠すると腹式呼吸に変化するということも知られています。

「胸式呼吸」は、胸郭と言われる、肋骨周りの筋肉と肋骨を使って、肺を動かす呼吸方法です。
外から見ると、胸式呼吸をしているときは、胸周りの筋肉と骨が動くことから、肩が上下することで分かります。
「肩で息をする」など言う表現は、まさに胸式呼吸で、喘ぐように短い息をしている時の状態を表現した言葉です。

胸式呼吸は、その構造上、あまり、肺を大きく広げることができません。
また、一度に吸い込むことのできる空気の量も腹式呼吸と比べて少なく、その分呼吸数が少なくなりやすいという特徴があります。
一説によると、鼻で息をすると胸式になりやすいとも言われています。
胸式呼吸は、呼吸するたびに姿勢が崩れやすいという特徴もあり、これは、声を出すのに適していません。

一方で腹式呼吸は、腹腔と言われる、お腹の中の空間で、腹筋を使って横隔膜を上下させることで、肺を引っ張って動かす呼吸法です。
腹筋は胸筋よりも力があり、肺は、より強い力で動かされることで、胸式呼吸よりも大きく膨らむことができます。
これによって、大量の空気を送り込むことができるというわけです。
腹式呼吸は眠っているときなど、リラックスしているときに自動的に切り替わるという特徴もあり、精神安定にも大きな効果があることが分かっています。
分かりやすい例を挙げれば深呼吸がその実例です。

大きな声を出す歌唱のためには、大量の空気を一度に吸い込む必要があります。
人間は、声を発すると同時に息を吸うということは、身体構造上できません。

(息を吐きながら吸うことは、まったく不可能ではないのですが、相当のトレーニングを必要とします。ホルンの循環奏法という演奏技術は、この、「息を吐きながら吸う」という方法をマスターした人にしかできません)

同時に、身体を維持するためにも呼吸が必要になりますから、そのための酸素も供給しなくてはなりません。
そのためには腹式呼吸が最も適しているというわけです。

ボイストレーニングのレッスンとは、どのようなものなのでしょうか?

ボイストレーニングのレッスンを受けると、夢中になれる音楽ライフを始めることができます。
ボイストレーニングのレッスンとは、どのようなものなのでしょうか?
ここでは、「カラオケが上手になりたい」というケースを例にとってみてみることにしましょう。
第一のステップは、ヒアリング&カウンセリングです。
『魅力的なパフォーマンスや歌が歌えるようになりたい』、『大好きなアーティストに少しでも近づきたい』というような要望がありますが、まずはあなたが『どのような自分になりたいのか』ということをよく聞かせてください。
まだ具体的に要望が決まっていなくても大丈夫です。
感じたこと、思ったこと、悩み、なんでもかまいません。
スタートラインというのは、レッスンを受ける人の数だけがありますので、共に考えていきましょう。
『どのような自分になりたいのか』ということを確認できたら、それに向けた計画を一緒に立てていきます。
これから自分が上達していくことを想像しながら、プランをしっかり立てていきます。
第二のステップは、ウォーミングアップです。
まずは簡単なストレッチです。
歌を歌う場合は身体全体を使います。
気分をリラックスさせたり、血流を良くしたりしながら事前準備を行います。
腕を伸ばす、首や肩を回す、屈伸、伸脚など、体育の授業の前に行っていたようなストレッチを行って、身体をよくほぐしていきましょう。
次に、ブレストレーニングです。
声をいきなり出すのは、準備運動をまったくしないで100m走をするのと同じことです。
発声の準備をするために、まずは声を出さないでブレス(息)を流しましょう。
身体の使い方を確かめながら息を流して、そこに声をのせていきます。
そして現状を把握するために、発声をしたり歌を歌ってもらったりして、実際にあなたの声を聞かせてもらいます。
第三のステップは、エクササイズです。
第二のステップで確認した声の診断をベースに、レッスンを行っていきます。
できるだけ実践に近い形で、レベルにあった課題曲や練習曲を部分的かつ全体を通してレッスンしていきます。
エクササイズは、呼吸や姿勢、表現力などいろいろです。
現在、本当にあなたにとって必要なスキルを共に身に着けていきましょう。
第四のステップは、Check Timeです。
レッスンの終わりに、歌声をもう一度聞かせてもらって、第三のステップの効果を確認していきます。
そして講師から見た上達の進捗や完成度を、あなたの感覚とすり合わせていきます。
さらに、上達するためにアドバイスもしていきます。

声を出すためのストレッチ、そして息の吐き方トレーニング

トレーニングを始める前の準備として身体の体操(ストレッチ)をしましょう。

意外に思われるかもしれませんがこのストレッチというものはとても重要です。
これから先、トレーニングをする前にはこのストレッチを必ずやって下さい。
これをやる事によってボイストレーニングの効果が何倍にもなります。
このストレッチこそがボイストレーニングといってもいいくらいです

1、首を左右、前後に倒す。首を回す。(それぞれ5回くらい)
2、首の横の筋肉をよくもみほぐす
3、顔をマッサージする(頬骨の辺りなど)
4、両足を左右に開いた状態で座り、手を足につける。つまりは開脚のこと(左右、それぞれ5回ずつ)
5、立った状態から足をできるだけ左右に開く。(膝を曲げてはいけない)
6、その他、気になる関節を回転運動などで慣らす(手首、腰、足首など)
7、手を組んで、身体を思いっきり上に伸ばす(背中を伸ばす運動)
8、1〜7までを繰り返す

そしてストレッチが終わったところで、次に息を吐くトレーニングです。

今まで声をあまり出してこなかった人は特に重点してトレーニングする必要があります。

1、人指し指を自分の前に立てる。この時、身体の力を充分に抜いてください。
2、その指をロウソクだと思って5秒間かけて吹き消してみて下さい。(5秒目にいっきに消す事)
3、次は腕を出来るだけ伸ばしてその指ロウソクを5秒間かけて吹き消してみて下さい。(5秒目にいっきに消す事)
4、それができたら10秒間、20秒間と時間を伸ばしていって下さい。(近くに指を立ててやるのと離してやるの両方。)
5、指ロウソクを終了し、今度はリラックスした状態で息をだんだん強くだしていってみましょう。(息がなくなるまで。できるだけ長い時間をかけて。指ロウソクと違い、口をとがらせたりなどしてはいけない。息の調節には口や喉を使わず、全てお腹でコントロールするように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやる。)
6、今度は息をだんだん弱くだしていってみましょう。(息がなくなるまで。できるだけ長い時間をかけて。指ロウソクと違い、口をとがらせてはいけない。息の調節には口や喉を使ってはいけなく、全てお腹でコントロールするように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやる。)
7、今度は息をだんだん強くだしたあと、途中でまた弱くしていって下さい。(息がなくなるまで。できるだけ長い時間をかけて。指ロウソクと違い、口をとがらせてはいけない。息の調節には口や喉を使ってはいけなく、全てお腹でコントロールするように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやる。)
8、今度は息をだんだん弱くしたあと、途中でまた強くしていって下さい。(息がなくなるまで。できるだけ長い時間をかけて。指ロウソクと違い、口をとがらせてはいけない。息の調節には口や喉を使ってはいけなく、全てお腹でコントロールするように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやる。)
9、ペットボトルを口にくわえ、息の力だけでそのペットボトルをつぶしたり戻したりする。(酸欠に注意!無理は禁物)
10、1〜9を何回か繰り返してみて下さい。

このトレーニングを毎日繰り返せば、いい声に生まれ変わります。

ボイストレーニングで変化を感じたこと

“カラオケが大好きなのでもっと上達したいと思うようになりました。カラオケ仲間が数人いるのですがその中の一人がボイストレーニングを受けているという話をある日し始めたのです。みんな興味を持ったようでどこのスクールに行っているのかや月謝はいくらかなどと質問をし始めました。しかし自分がもっとも聞きたかったことはボイストレーニングをすると本当に歌がうまくなるのかということです。実際にその友人は最近とても歌が上手になったと感じていました。成果は出ているのだと思いました。
話を聞いているうちに自分も本格的なボイストレーニングを学びたいと思うようになりました。仲間には内緒で習いたいと思いましたので友人が通っている教室は避けようと思いました。仕事をしているのであまり頻度は高くありませんが大人になってから習い事をするということにとてもワクワクする気持ちを覚えました。
そうしてボイストレーニングを学んだわけですが大事なのは歌う前にいくつかスポーツをするときと同じく準備運動をするということでした。いきなり運動をしても体が思うように動かないのと一緒で突然歌ったところで理想の歌声は出ないそうです。いくつかの軽いストレッチ法を学びましたので以来歌う前には必ず実践しています。驚くことに以前よりも軽くストレッチをした後は声がスムーズに出るように感じました。
声をいきなり出すのではなく声を出す準備が必要であるということで息を出す練習法を学びました。息を出す方法と呼吸法が分かりまして声を出すことは簡単に思っていたのですがとても奥深いと感じました。特に息を吐く力というものがとても大事だということが分かりまして自宅でもトレーニングをしています。
たくさん息を体の中に溜め込むことでより深みのある声量になれるそうです。声を大きく出したり小さく出したりと歌を歌うことの中で使えることがたくさんあります。そこで息をコントロールできるということはとても大事なことなのです。歌を歌うということはとても簡単なことだと思っていたのですが実は奥深いということを理解できました。
仕上げのレッスンとして歌を上手に歌うことを学びました。声量のトレーニングから表現まで目からうろこのことがたくさんありましてボイストレーニングを学んでよかったと思っています。
仲間とカラオケに行ったときにもしかして自分の歌の変化に気が付かれたかもしれません。ボイストレーニングで自分の歌はかなり変わったと思っています。