Tag Archives: 声量

ボイトレレッスン

私の行っているボイトレを流れに沿って紹介していきます。

1、自分が一番、出しやすい高さの声で何秒間声を出し続ける事ができるかやってみる。
(常に一定の音量になるように。声が震えたりしない事。最初は10秒くらいから初め、最終的には30秒くらいまでできるようになって下さい。声が続かないからといって絶対に喉を絞めて調節したりしない事、トレーニングの意味がありません。
最初は10秒でも精一杯なはずです。喉をしめてできたり、声が震えたり、音量が最初と最後で変わってしまっては意味がないので注意してください。全てお腹でコントロールする必要があります。)

2、今度は段々、声を大きく出していって下さい。(いわゆるクレッシェンド。滑らかに。突然声の大きさが変わったりしない事。声が震えたりしない事。喉で調節しない事。最初は10秒くらいからはじめ、30秒くらいまでできるようになってください。)

3、今度は段々、声を小さく出していって下さい。(いわゆるデクレッシェンド。滑らかに。突然声の大きさが変わったりしない事。声が震えたりしない事。喉で調節しない事。これも最終的には30秒くらいまでできるようになる必要があります。)

4、声を段々、大きく出していったあと、途中から段々小さくしていって下さい。(10秒、20秒、30秒とそれぞれでやってみる)

5、声を段々、小さく出していったあと、途中から段々大きくしていって下さい。(10秒、20秒、30秒とそれぞれでやってみる)

6、今度は声を大きくしていくほうと小さくしていくほうの時間を変えます。
声をだんだん、大きくしていくのに10秒、声をだんだん、小さくしていくのに15秒というふうに、声を大きくしていくのと小さくしていくほうの時間をそれぞれ異なる時間で自分で設定して先ほどの4と5をやってみる。(例;声を小さくしていくのに5秒、声を大きくしていくのに15秒。 声を大きくしていくのに13秒、声を小さくしていくのに7秒。など色々なパターンが考えられます。自分でそれぞれ時間が最大で合計30秒になるまでの範囲で自分で時間を設定してやってみてください。)

7、時間があれば1〜6を繰り返してやる

声が震えたりしてはいけません。といっても最初のうちは10秒だけでも声を維持させる事が難しいはずです。
だんだんとトレーニングを続け、最終的には30秒間くらいできるようになりましょう。
出来る人はそれ以上やってもいいですが、時間を増やすあまり、喉で声を調節するようになっては意味がないので最初は10秒くらいから初め、だんだんなれていくにつれ時間を増やしていくといいでしょう。

尚、喉で声や息を調節してはだめです。うまくできないのはすべてお腹の責任と考えるのです。お腹を使ってうまく声を維持させてみて下さい。

いい声を出すための腹式呼吸トレーニング

呼吸というものは人間が生まれてから自然と行われているものではありますが、いざ、沢山の息をコントロールしようとなるとうまくできなくなる人は多いと思います。
ある程度意識的に身体に息を溜め込み、吸ったり吐いたりしていくトレーニングも必要と思います。
そしてこの息をコントロールする事は腹式呼吸でリラックスして歌える事にもつながります。
また、このトレーニングは息の調節には口や喉を使ってはいけません。
例えば口を閉じ気味にして息の量を調節するのは駄目です。
全てお腹で息の量をコントロールするようにします。

1、息を5秒間かけてお腹に空気が沢山たまるまで吸って下さい。(最初と最後で吸う息の量が均等になるように)

2、それができたら今度は時間を延ばして10秒間、20秒間、25秒間かけて時間をかけてゆっくりお腹に空気が沢山たまるまで吸ってみて下さい。(急にやると酸欠になるかもしれません。無理はしないように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやっていいです)

3、今度は吸うのではなく、吐きます。息を10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐いていってください。(常に息の量が均等になるように。0〜25秒間の間で時間を自分で設定してやってよい。)

4、今度は吸うのと吐くのを続けてやってみましょう。深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、すぐには吐き出さずに2秒間息をとめたあと、ゆっくり息を均等に吐いていきます。このゆっくり均等に吐いていく時の時間は自分で0〜25秒くらいの間で自分で設定してやってかまいません。(なるべくゆっくり均等に吐けるように。)

5、深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、3と同じようにすぐには吐き出さずに4秒間、6秒間、10秒間とそれぞれ息をとめるほうの時間も自分で設定してみて、その後ゆっくり息を均等に吐いていきます。(なるべくゆっくり。均等に吐いていく時の時間は3と同じよう自分で0〜25秒くらいで設定してやっていい。)

6、深呼吸で息を5秒間かけてお腹にいっぱいになるまで吸ったあと、今度は息はとめずにすぐにそのまま息を吐き始め、息を5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ完全に吐ききって下さい。(均等に吐いていく時間は同じように自分で0〜25秒間くらいで設定してやっていい。

7、今度は吸うほうの時間もかえてみましょう。息を吸う時間を5秒間、10秒間、20秒間から設定してその設定た時間で深呼吸で息を吸った後、5と同じようにすぐに息を吐き始め、5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐ききって下さい。(息を吸う時間と息を吐く時間はこれまでと同じように0〜25秒間くらいで自分で設定してやってかまいません。)

8、1〜7を時間があれば何回か繰り返して下さい

なれないと酸欠になる危険もあるので無理せず行ってください。

自宅でテレビを見ながらでもできる!声量・滑舌・トレーニングの基礎

「歌がうまくなりたい」「魅力的な声になりたい」
筆者もかつてそう思い、あれこれと調べた。その中から効果的かつ手軽にできたトレーニングを紹介したい。

まずごくごく基本となる腹式呼吸について。まったくの初心者の場合、実感がわかないのがここだと思う。
最も簡単だった体感方法が「仰向けに寝転がって呼吸をする」というものだった。
仰向けに寝転がると自然に腹式呼吸になる。この状態で準備運動として「ラ」を息が続くまで吐き続ける。
いきなりではなくて「ラ・ラ・ラ」と発声してから続けるとよい。もちろんお腹が上下するのを意識して、
「ラ・ラ・ラ・ラ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…」
と伸ばす。これを数セットで声量のトレーニングとなる。

単純に口から声を出す、のではなくて「体全体をひとつの楽器として、お腹や肺の空間を使って共鳴させ、
頭の上から響かせる」ようなイメージで。

さらに、必要な腹筋の鍛錬としては仰向けになって足をあげるのが効果的。
角度の目安として30度で1分、10度で1分というように、それぞれの限界時間を測って
限界までを3セット行おう。
さらに環境的に可能なら限界時間に近い歌を歌いながらだとなおいい。
筋肉はごく軽い筋肉痛になる程度まで負荷をかけ、それから休息を与えることによって
以前より増加するのだが(超回復という)これは筋肉の部位によって回復速度が違い、
例えば上腕二頭筋などは2〜3日の休息が必要だが、腹筋は比較的それが速く、
1日おき程度を目安にする。

発声の準備運動や基礎としては、いわゆるタングトリルやリップロール、早口言葉もよい。
赤ちゃんをあやすときに行うような、唇を「ぷるるるる」と震わせる運動。
それから、口を大きく、顔全体を使って「あ・い・う・え・お」の形を作る。
舌を左右に動かして、回転させる運動。
しかるのちに、早口言葉で滑舌の練習をするとよい。

また、早口言葉でなくても、ゆっくり、大きく好きな文章を読むというのも効果的だ。
ただしこちらは場合によっては自宅では難しく、外で行わなければならないかもしれない。
河原や公園などがよいだろう。

逆に、自宅でないとむしろやりにくく、かつお手軽で効果的なのが
「バケツをかぶって歌う」
ことだ。見た目がやや奇妙だが、歌うわりには音がこもるため近所迷惑にもなりにくい。
バケツを被ることによって音が反響し、自分で自分の声が聞こえるのがポイント。
これは音程のトレーニングとなる。

声量と滑舌は比較的鍛えやすく、まずはこれだけでもグッと歌や話し方がレベルアップする。
特に仰向けに寝てからの腹筋運動や発声練習などは自宅で、テレビを見ながらでもできるため
気負わずに習慣として取り入れて欲しい。

きっと、よい効果をもたらすはずだ。

ボイストレーニングで必ず必要となる「腹式呼吸」

ボイストレーニングで、必ず必要とされるのが、「腹式呼吸」です。
これは、演劇でも歌唱でも同じで、まず、腹筋を鍛え、しっかりした腹式呼吸ができるようになることを教え込まれます。
なにも、専門的にトレーニングする教育機関に限ったことではなく、中学校のコーラス部や、演劇部でも、同じように腹式呼吸を、最初のトレーニングにしているところが非常に多いです。
そのくらい、声を出すために、基礎として重要視されている部分なのだとも言えるでしょう。

多くの人が、なぜ、わざわざ、「腹式」がついているのか?と、首を傾げられるようです。
「呼吸は肺でしているのに、お腹で呼吸するってどういうこと?」という疑問を持たれる方もいらっしゃいます。
実は、あまり意識していないことですが、実は、呼吸には2つの違った方法があります。

呼吸の方法には、「胸式」と「腹式」の2種類があり、それぞれ、まったく違った筋肉や骨を使っていることが分かっています。
また、性別でも違いがあり、男性は腹式呼吸をする人が多く、女性は大部分が胸式呼吸ですが、妊娠すると腹式呼吸に変化するということも知られています。

「胸式呼吸」は、胸郭と言われる、肋骨周りの筋肉と肋骨を使って、肺を動かす呼吸方法です。
外から見ると、胸式呼吸をしているときは、胸周りの筋肉と骨が動くことから、肩が上下することで分かります。
「肩で息をする」など言う表現は、まさに胸式呼吸で、喘ぐように短い息をしている時の状態を表現した言葉です。

胸式呼吸は、その構造上、あまり、肺を大きく広げることができません。
また、一度に吸い込むことのできる空気の量も腹式呼吸と比べて少なく、その分呼吸数が少なくなりやすいという特徴があります。
一説によると、鼻で息をすると胸式になりやすいとも言われています。
胸式呼吸は、呼吸するたびに姿勢が崩れやすいという特徴もあり、これは、声を出すのに適していません。

一方で腹式呼吸は、腹腔と言われる、お腹の中の空間で、腹筋を使って横隔膜を上下させることで、肺を引っ張って動かす呼吸法です。
腹筋は胸筋よりも力があり、肺は、より強い力で動かされることで、胸式呼吸よりも大きく膨らむことができます。
これによって、大量の空気を送り込むことができるというわけです。
腹式呼吸は眠っているときなど、リラックスしているときに自動的に切り替わるという特徴もあり、精神安定にも大きな効果があることが分かっています。
分かりやすい例を挙げれば深呼吸がその実例です。

大きな声を出す歌唱のためには、大量の空気を一度に吸い込む必要があります。
人間は、声を発すると同時に息を吸うということは、身体構造上できません。

(息を吐きながら吸うことは、まったく不可能ではないのですが、相当のトレーニングを必要とします。ホルンの循環奏法という演奏技術は、この、「息を吐きながら吸う」という方法をマスターした人にしかできません)

同時に、身体を維持するためにも呼吸が必要になりますから、そのための酸素も供給しなくてはなりません。
そのためには腹式呼吸が最も適しているというわけです。

ボイストレーニングで響く声を手に入れられます

歌を上達させるための、効率の良い方法として、
人気があるものといえばボイストレーニングです。

ボイストレーニングは
週に1度など決められた回数で定期的に通うものが多いので、
飽きっぽい人でも続けることが出来ます。

歌を歌うにあたって大切なことを教えてもらえますし、
ビブラートやこぶしといったテクニックだけではなく、
呼吸法や舌や喉の動かし方といった基礎的な技術から学べますので、
初心者でもたいへん安心です。

ボイストレーニングに通うと、
声について学ぶ仲間を作れることも、楽しいメリットです。

歌を上手に歌うためには、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。

まずは、姿勢です。

背筋を伸ばして立ち、顎を引きましょう。

顎が上がっていると、
喉を締め付けるような発声になりやすいので、
子供っぽい幼稚な声になることが多いです。

また、歌う時に感情をこめすぎるなどして、
首を動かす人が多いのですが、
発声においてはあまり良いこととはいえません。

胴から頭を大きく動かさないようにして、
首をできるだけ動かさずに定位置においておくと、良いでしょう。

極めつけは、上半身の脱力です。

上半身の脱力というものは、なかなか難しいもので、
歌っていると知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いです。

下半身は上半身を支えないといけないので、
しっかりと力が入っていても安心です。

肩や手などが自由に動かせるくらい
リラックスした上半身の体勢を維持しながら、声を出すと、
良い発声方法に繋がります。

そして、一般的に良い声とされるものには、
響きが優れている声が多いです。

歌を歌唱する際にも、喉に負担を用いらずに、
大きな声を出すためには声を響かせることが大事になってくるでしょう。

軟口蓋を使って、声を出すと、
自然と響きのある声を手に入れることが出来ます。

軟口蓋とは、口をあけた時に天井側の部分にある、
喉に近いやわらかい部分です。

口を大きく開けて、声を口より前に響かせるのではなく、
口の中の軟口蓋へ響かせることによって、良い歌声に近づけます。

口の奥をイメージして、
耳の後ろから声を出しているような感覚を身に付けると良いでしょう。

そうすることによって、
少ない息の量でも大きなパワーで声を発することが可能になりますので、
声量のアップに繋がります。

また、ロングトーンや息継ぎが少ない曲を歌うときにも役立ちます。
もう一つ、歌が上達するためには肺活量は多い方が嬉しいです。
息を吸った後、吐ききる動作を、毎日すると良いでしょう。

声量をアップさせるためのボイストレーニング

歌を確実にうまく歌っていくためには、声量というものが大事になります。
大きな歌声を出していくということを行っていく必要性があります。
歌というものが、出すところはしっかりと声を出して対処していく必要があるのです。
しかし、中にはどうしてもおおきな声が出しにくいという方もいます。
また、おおきな声は出せましても、
その声がかすれてしまうというようなことも考えられるのです。
そういった事ではいけませんので、
しっかりと声量をアップさせる方法を考えていくといいのではないでしょうか。

声量をアップさせるためには、ボイストレーニングをしていく必要があります。
しかも、それほど難しくない存在となっています。
例えば、声量をアップさせる方法としますと、ペットボトルを使ったものがあります。
有名なものですので、知っている方も多いでしょう。
呼吸法を覚えていくことにもなりますし、腹式呼吸を覚えていくことにもつながります。
おおきな声が出せる以外にも効果を持ってくる可能性があるのです。

では、その声量をアップさせるということでペットボトルを使っていくものですが、
まずは一気に息を吐き出していくようにします。
そしてその時点でペッドボトルを加えます。
そのペッドボトルがへこむくらいに息をすいます。
その後におおきな声を出していくというものです。
たったそれだけで、
声量をアップさせるようなボイストレーニングをしていくことができるようになるのです。
ただし、1回だけで大きな声が出せるわけではありません。
上記したペットボトルを持ちいたボイストレーニングを複数回行っていくことがお勧めになります。
毎日少しずつでもよろしいです。
しかし、忘れることなく行う必要性があります。
おおきな声を出すということは技術的なものもありますが、
コツというものをつかんでいく必要性があるのです。
コツをつかむためには複数回の練習がどうしても必要になってくるというわけです。

また、バケツをかぶって歌の練習をするという方法も実際にお勧めになります。
おおきな声を家の中でも出しやすくなる方法です。
しかも、バケツをかぶる方法は自分の声を聴きやすいというメリットも存在しているのです。
音程の確認がしっかりとできるようになりますので、
二つの声量アップのためのボイストレーニング方法ですが、
全く難しいものでもありませんので確実に利用していかれるといいのではないでしょうか。
それほど難しいものでもありません。

声量と歌唱力

・身体全体から声を出すとはどういうことか。
声帯が振動することで声は出ているのですが、この声帯をうまく振動させることができればきれいな声が出るのは皆さんご承知のとおりでしょう。
しかし、すべて声帯が声を決定付けるのかというとそれは違います。
人間の身体をギターに置き換えてみると声帯というのはギターの弦に相当します。
そこを振動させて音を発しているのです。
その弦を振動させるためのピックの役割を担っているのが人間で言うところの肺からでる空気にあたり、声帯を操作する訳にはいかないので、肺からでる空気のピックで微調整していくのです。
腹式呼吸が重要なのはこの為です。
そして音色にあたる部分はギターで言うところの胴であり、人間で言うところの口、喉、鼻にあたります。
ここで音を響かせることで艶やかな音や感情豊かな音が作り出されるのです。

・ペラペラな声しか出せないときは。
声がペラペラになってしまう原因はギターで言う胴、人間で言うと口、喉、鼻に問題があります。
この中では喉が一番重要で、喉の開け方が狭くなっていると響かないのでペラペラな音しか出なくなります。
その改善方法がこちらです。
1.喉が広がるまで、あくびをしてみましょう。
2.その口のかたちを変えないまま、アー、ウー、エー、イー、オーと発声します。
このとき、喉が開いていれば、はっきりした発音でないので、出てないからと言ってやり方を間違えていると思わないでください。

・歌唱時の一本調子を改善するには。
気持ちよく歌っていても聴いてみると一本調子だったりすることがよくあります。
そういった場合はまず、歌の盛り上がり所や歌詞の意味を歌う前に把握しておくことが重要です。
そのとき一緒に音の強弱の把握もやっておくといいでしょう。
歌う曲にも配慮がいり、最初は遅いテンポの歌は避けて、できるだけ早いテンポやノリがいいものを選んで練習するようにしましょう。
あとは、歌詞の一節だけを選んでその文章の一部を強く歌い、強く歌うところの位置をずらして練習も効果的です。

・声量を豊かにするには。
声量があるからといって声量が豊かかと言われればそれは間違いです。
もしそうならば大声で歌えばいいことになってしまいます。
豊かな声量と言うものは自分の声を1〜100まで操作して、ここは悲しそうに歌いたいから30くらいの声量で歌うとか、ここは盛り上がるところだから90以上で歌うといったように、声のふり幅が大きいことを言います。
ですから大きな声で歌の練習をするだけではなく、小さい声でも練習しましょう。