Tag Archives: 姿勢

ボイストレーニングの多様性

最近、その美容と健康効果が、俄かに世間の注目を集めているボイストレーニング。元々、アメリカが発祥地で、発声法の訓練として始まりました。あのケネディ大統領もプロのトレーナーの指導を受け、1960年の大統領選に臨みました。私たちの心に残る大統領就任時のスピーチは、ボイストレーニングの成果だったと言う訳です。他にも副大統領のリンドン・ジョンソン、スポーツキャスターCowdy、俳優のフェイダナウェイなど、著名な人々も名を連ねています。このようにアメリカでは、ビジネス界でも導入されている程、大変、ポピュラーなものです。日本では漸く、最近になり認知され始めました。歌手願望の人や既にプロとして活動している人、ビジネス人のためのレッスン教室など、それぞれ個人の目的に合わせて選択出来る場所が用意されています。又、自宅でも気軽に行える教材や、マウスピースなどのグッズも市販品からネット購入品まで、容易に入手出来るようになりました。ボイストレーニングの前の、身体を思いっきり伸ばす、首の軽い前後運動をする、この2つは心身の緊張を解すストレッチの役割がありますので、是非、試してみて下さい。ボイストレーニングを行う上で大事な事は、姿勢や立ち方です。真っ直ぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢で立って下さい。猫背気味の人は消化器、循環器、呼吸器など、内臓機能を低下させてしまいます。その猫背で歪んだ背骨の改善に役立ち、肩凝りや腰痛の解消にも繋がります。呼吸の仕方も日常、私達が行う胸式呼吸とは異なり、息を吸った時にお腹が膨らむ、腹筋を使った腹式呼吸が主体です。この方法は歌を歌う時の呼吸法で、息のコントロールが可能になります。タングトリル(巻き舌、ルーと発音します)、リップロール(息を出しながら、唇をプルプルと震わせる)、ロングトーン(同じ音を伸ばす)、ミックスボイス(ミドルボイスとも呼ばれる、地声と裏声の混合)、ファルセット(合唱で歌うソフトな裏声)など、多様に組み合わされた練習法がありますが、中でもリップロールとタングトリルは、特に発音の上達に貢献する練習法だと言われています。発声の練習によって歌の上達や、声の質を高めてくれるボイストレーニングの素晴らしさに、私たちは気付きました。アメリカ同様、芸能やスポーツ界なども含め、マスメディアや医療の現場など、多様なビジネスの分野で今後一層、ボイストレーニングの需要は高まっていくに違いありません。

いい声を出すための腹式呼吸トレーニング

呼吸というものは人間が生まれてから自然と行われているものではありますが、いざ、沢山の息をコントロールしようとなるとうまくできなくなる人は多いと思います。
ある程度意識的に身体に息を溜め込み、吸ったり吐いたりしていくトレーニングも必要と思います。
そしてこの息をコントロールする事は腹式呼吸でリラックスして歌える事にもつながります。
また、このトレーニングは息の調節には口や喉を使ってはいけません。
例えば口を閉じ気味にして息の量を調節するのは駄目です。
全てお腹で息の量をコントロールするようにします。

1、息を5秒間かけてお腹に空気が沢山たまるまで吸って下さい。(最初と最後で吸う息の量が均等になるように)

2、それができたら今度は時間を延ばして10秒間、20秒間、25秒間かけて時間をかけてゆっくりお腹に空気が沢山たまるまで吸ってみて下さい。(急にやると酸欠になるかもしれません。無理はしないように。0〜25秒の間で自分で時間を設定してやっていいです)

3、今度は吸うのではなく、吐きます。息を10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐いていってください。(常に息の量が均等になるように。0〜25秒間の間で時間を自分で設定してやってよい。)

4、今度は吸うのと吐くのを続けてやってみましょう。深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、すぐには吐き出さずに2秒間息をとめたあと、ゆっくり息を均等に吐いていきます。このゆっくり均等に吐いていく時の時間は自分で0〜25秒くらいの間で自分で設定してやってかまいません。(なるべくゆっくり均等に吐けるように。)

5、深呼吸して息がお腹にいっぱいになるまで吸った後、3と同じようにすぐには吐き出さずに4秒間、6秒間、10秒間とそれぞれ息をとめるほうの時間も自分で設定してみて、その後ゆっくり息を均等に吐いていきます。(なるべくゆっくり。均等に吐いていく時の時間は3と同じよう自分で0〜25秒くらいで設定してやっていい。)

6、深呼吸で息を5秒間かけてお腹にいっぱいになるまで吸ったあと、今度は息はとめずにすぐにそのまま息を吐き始め、息を5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ完全に吐ききって下さい。(均等に吐いていく時間は同じように自分で0〜25秒間くらいで設定してやっていい。

7、今度は吸うほうの時間もかえてみましょう。息を吸う時間を5秒間、10秒間、20秒間から設定してその設定た時間で深呼吸で息を吸った後、5と同じようにすぐに息を吐き始め、5秒間、10秒間、20秒間、25秒間かけてそれぞれ吐ききって下さい。(息を吸う時間と息を吐く時間はこれまでと同じように0〜25秒間くらいで自分で設定してやってかまいません。)

8、1〜7を時間があれば何回か繰り返して下さい

なれないと酸欠になる危険もあるので無理せず行ってください。

良い声を出すための「正しい、立ち方」とは?

姿勢は、良い声を出すために重要な要素の一つです。

歌手や、舞台俳優さんなどで、猫背の人を思い出すことができるでしょうか?
プロとして活躍されている方々は、みなさん背筋が伸びた良い姿勢をなさっているのが分かることと思います。

猫背になると、肺や腹腔が圧迫されて空気を送り込める量が少なくなってしまいます。

声を出す要素の一つである「息」は、姿勢が悪くては十分な量を確保することができません。
ですから、背筋を伸ばした姿勢は、声量のある声を出すのにとても大切である、ということは言えると思います。

基本的に、歌唱や発声のために良いといわれる姿勢は、

・両足を肩幅程度に開いて、つま先はほんの少し外向けにして、ひざを伸ばして立つ
・背筋は伸ばし、お腹を気持ち前に出すような感じで重心は、やや、うしろ
・頭のてっぺんから、上に吊り上げられているようなイメージ

などと言われます。
声を出すときは、あごは少々上げ気味にするように指導される先生もいらっしゃいます。

声は、お腹から、体の中心をとおって、頭のてっぺんから抜けるイメージで出す、というのがクラッシックなどでよく言われる発声です。
息は口から出ていくけれど、声は上から抜けていくような感覚で発声する、と言われるとなんだか、難しいような感じがしますね。
しかし、このようなイメージで行う発声が、喉の奥から体の内部でよく響いて出る声なのだそうです。

声は、体の中の空洞を反響して外部へと出ていきます。
言ってみれば、スピーカーの箱に当たる、反響箱の役割を体内の空洞部分が果たしているわけです。
日本人を含むアジア人は、生来、腹腔、胸郭が欧米人と比べると小ぶりなので、その点は不利だという意見もあります。
背の低い人より、高い人のほうが、痩せた人より、太った人のほうが、有利な一面はあるかもしれません。

しかし、たとえ体格的には発声に適した、恵まれた体を生まれ持っていたとしても、前述のように、猫背のまま声を出そうとすると、肺や、腹腔などの肝心の部分が内臓に圧迫されて狭まってしまいます。
呼吸のための横隔膜や胸郭の可動範囲も小さくなり、大きな声を出すのに足るだけの空気を吸い込むことも難しくなります。

この状態では、たとえトレーニングされた人であっても、十分な発声をすることはできなくなってしまいます。

正しい姿勢は、体の中に、声を反響させる十分なスペースをあけるとともに、声を出すための原動力となる筋肉の運動や、呼吸の量を十分確保できる姿勢であるとも言えるでしょう。

ボイストレーニングで響く声を手に入れられます

歌を上達させるための、効率の良い方法として、
人気があるものといえばボイストレーニングです。

ボイストレーニングは
週に1度など決められた回数で定期的に通うものが多いので、
飽きっぽい人でも続けることが出来ます。

歌を歌うにあたって大切なことを教えてもらえますし、
ビブラートやこぶしといったテクニックだけではなく、
呼吸法や舌や喉の動かし方といった基礎的な技術から学べますので、
初心者でもたいへん安心です。

ボイストレーニングに通うと、
声について学ぶ仲間を作れることも、楽しいメリットです。

歌を上手に歌うためには、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。

まずは、姿勢です。

背筋を伸ばして立ち、顎を引きましょう。

顎が上がっていると、
喉を締め付けるような発声になりやすいので、
子供っぽい幼稚な声になることが多いです。

また、歌う時に感情をこめすぎるなどして、
首を動かす人が多いのですが、
発声においてはあまり良いこととはいえません。

胴から頭を大きく動かさないようにして、
首をできるだけ動かさずに定位置においておくと、良いでしょう。

極めつけは、上半身の脱力です。

上半身の脱力というものは、なかなか難しいもので、
歌っていると知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いです。

下半身は上半身を支えないといけないので、
しっかりと力が入っていても安心です。

肩や手などが自由に動かせるくらい
リラックスした上半身の体勢を維持しながら、声を出すと、
良い発声方法に繋がります。

そして、一般的に良い声とされるものには、
響きが優れている声が多いです。

歌を歌唱する際にも、喉に負担を用いらずに、
大きな声を出すためには声を響かせることが大事になってくるでしょう。

軟口蓋を使って、声を出すと、
自然と響きのある声を手に入れることが出来ます。

軟口蓋とは、口をあけた時に天井側の部分にある、
喉に近いやわらかい部分です。

口を大きく開けて、声を口より前に響かせるのではなく、
口の中の軟口蓋へ響かせることによって、良い歌声に近づけます。

口の奥をイメージして、
耳の後ろから声を出しているような感覚を身に付けると良いでしょう。

そうすることによって、
少ない息の量でも大きなパワーで声を発することが可能になりますので、
声量のアップに繋がります。

また、ロングトーンや息継ぎが少ない曲を歌うときにも役立ちます。
もう一つ、歌が上達するためには肺活量は多い方が嬉しいです。
息を吸った後、吐ききる動作を、毎日すると良いでしょう。

ボイストレーニングの効果と姿勢

ボイストレーニングに取り組むといいますと、何かとハードルを高く感じてしまいがちなものです。
ボイストレーニングという言葉を聞くと、役者さん、アナウンサーの方、歌手の方、なんとなくそのような専門的な職業の方が取り組むだけのものだと思っている方が意外と多いものです。
しかし、声はすべての人の暮らしにとって非常に身近な存在でありますし、日常的に常用されている存在なのです。
ボイストレーニングをすることによって、今出している声よりももっと好印象の声へとグレードアップさせることが出来ますし、カラオケや宴会などによって人前で歌を披露する際にも自信を持つことが期待できます。
聞いていて心地よかったり上手だと感じる歌声は、異性にとっても非常に魅力に感じられるものですし、新たな自分のアピールポイントとしても役立つものであります。
そのような声に近づくために、ぜひボイストレーニングに取り組んでみましょう。
ボイストレーニングに取り組むにあたっては、まずは姿勢が大切になってきます。
もちろん、腹式呼吸といった呼吸法や、声の響かせ方も重要ですが、それらのほんとうの効力を発揮できるのは、正しい姿勢があってこそなのです。
まず、姿勢を意識するにあたって一番重要なものと言えば、「背筋を伸ばすこと」です。
舞台で大きな声を発せられているような役者さんや、歌手の方などを観察してみると、背筋を伸ばされていることに気が付きます。
リラックスしようとするとついつい猫背になってしまいがちですが、歌を歌う時には猫背にならずに、背筋を伸ばすことが大切なのです。
なぜ、猫背がいけないのかと言いますとお腹に力を入れることが難しくなりますし、正しい息の通り道を確保しにくくなるので、呼吸量の効率がたいへん悪くなってしまうからです。
歌を歌うときには、肺活量が多いと嬉しいものです。
背筋を伸ばすことによって、腹筋や横隔膜や肺がバランスを保ちやすくなることから、効率的な息づかいをおこないやすくなります。
背筋を伸ばす以外にも、頭のてっぺんに糸がついていて上へと吊り上がっているイメージを持ったり、身体の重心をやや後ろよりへと意識するとおすすめです。
そして、歌うときにはお尻の穴をきゅっとしめるようなイメージで、下半身で身体をサポートします。
逆に、上半身の力は脱力しておきましょう。
腕や肩、首やあご、上半身は歌う際には何かと力みがちです。
しかしその力みが歌声の緊張や喉への負担に繋がるので、事前にストレッチなどでほぐしておくと安心です。

声優さんの若々しさの秘密はボイストレーニングにある

ボイストレーニングというと、歌を上手に歌うために必要なトレーニングという印象があるかもしれません。
しかし、声を鍛えることは上手に歌う意外にもメリットが大きいのです。

昔から活躍している声優さんがテレビに出ているのを見たことがありますか?
特に古いアニメの吹き替えをしている方などはもう80歳や90歳近い方もいますが、みなさん昔から変わらない若々しい声を保っていらっしゃいますよね。
たまに当時の声の再現を演じたりもされていますが、当時のVTRと比べても全く遜色ありません。
そしてなんと言っても驚くのが、みなさんの見た目がとても若いことです。
姿勢よくキリッと立たれていて、とても高齢の方とは思えませんよね。
この若さの秘密は、一体どのようなことなのでしょうか?
声優さんは老けない体をもって生まれてきた特別な人なのでしょうか?

その若さの秘密こそ、ボイストレーニングにあるのです。
ボイストレーニングと言うと一般的には腹筋と声帯のトレーニングだと思われがちですが、実はそれ以上に重視されているのが正しい姿勢です。
姿勢を保つなんてそんな簡単なことと思われるかもしれませんが、正しい姿勢をとり続けることはとても大変な全身運動なのですよ。
人間は年を取るとどんどんと前かがみになり、姿勢を保てなくなりますね。
これは老化によって全身の筋肉が衰えた証拠です。
老化に逆らってでも姿勢を保つことが、声優さんたちが行っているボイストレーニングなのです。

といっても、声優のみなさんは若々しくいるためにボイストレーニングをしていたわけではないでしょう。
あくまでプロ意識で自分の声を厳しく自己管理した結果、若さまでが保たれたということです。
逆にいえば、声優さんは決して特別な人間ではありません。
もしも声優という職業につかなければ、普通の人と同様に体も声も年相応に衰えたことと思います。
ならば私達は声優ではないけれども、この仕組みを逆手にとって若々しさを保とうではありませんか!

前述の通り、ボイストレーニングの第一歩は正しい姿勢です。
肩を落として背筋を伸ばし、お腹に軽く力を入れた姿勢をキープしましょう。
このとき、お尻が出てしまわないように気をつけてくださいね。
この姿勢は首・肩・背中への血行も促進してくれますから、肩がこっている人や四十肩などで腕が上がりづらい人にもオススメです。
この正しい姿勢はお腹に力が入っているので、この姿勢で歌を歌えば自然とお腹から声が出るようになります。
これをキープしながらカラオケなどで楽しく歌を歌っていると、楽しみながら良い声で歌えるように変わっていくことでしょう。

カラオケでしっかりと歌えるように座ったままのボイストレーニング

ボイストレーニングは立って行うと効果的であるといわれています。
実際に、立って行った方がしっかりとしたボイストレーニングはできます。
しかし、カラオケで立って歌うということはなかなかないでしょう。
帰って立って歌うまで本気で行っているということが、
分かってしまうのは避けたいと思うものでしょう。
ですので、座ったままでもしっかりと歌えるようなボイストレーニングというものをチェックしてくことが重要になります。

そこで座ったままのボイストレーニングというものですが、
椅子に腰かけるのはもちろんですがリラックスを心がけていくことが重要です。
特に重要になるのが、下半身をリラックスしていくというものです。
下半身に力を入れて歌ってしまっている方も少なくはありません。
下半身から力を抜いていくといいのではないでしょうか。
しっかりと力が入らない状態を確認してから座ったままのボイストレーニングを行っていくべきです。

そしてそれに加えまして、きちんと背筋を伸ばすことも意識します。
椅子に座ると知らず知らずのうちに前傾姿勢になってしまうこともあります。
前傾姿勢になってしまいますと、いろいろと問題が起こってしまうこともあります。
声が低くなってしまいまして、高音が出てしまいます。
背筋が伸びているのかを確認して声を出していくべきです。

また、それに加えまして、肩の力を抜いていくということが重要になっているのです。
下半身に力を入れないと述べましたが、
もちろん上半身もリラックスしていくことが重要になります。
特に肩の力を抜いていくことで格段に声を出しやすくなります。
座ったままのボイストレーニングでは、肩に力が入りやすいこともあります。
それを避けるために、歌う前には意識的に肩のストレッチ運動をしていきましょう。
そうすることで、肩の力がいい感じで抜けていくこともできるのです。

そして座っている時には、視線を重視しましょう。
なるべく下は向かないようにして水平を保ちましょう。
視線が下を向いていると高音が出ないこともあります。
そして視線が上を向いていると低音が出しにくいようなこともあります。

また椅子に座る姿勢の全体的な部分ですが、
背もたれに寄りかかったりしません。
そして、体が前かがみになったりしないように注意します。
椅子に座っている時についてですが、イスには浅く腰かけることも重要になります。
そうすることで姿勢が格段に安定して声が出しやすくなるのです。

椅子に座っても以上のことに注意すれば、
いいボイストレーニングができます。