Tag Archives: 歌が上手くなるには

ボイストレーニングは我流でできるかどうか

ボイストレーニングと聞くと、我流でもできるのではと思いがちです。とくに歌う所として代表的なのが身近なところで、カラオケボックスです。1時間1人何百円、ワンドリンク制、昼時間帯が安くて夕方以降はちょっと高くなります。練習することが目的なら一人で何曲も歌いこむ、歌っているうちに曲も覚えていきますし、自分にキーが合うかどうかについても知って調整できます。一緒に来ている仲間に気を使わず、無理に盛り上げなくても次々と自分の好きな曲をセッティングしていけます。

そうして歌うことも実践的なカラオケ、娯楽や宴会に向けての練習の場とするのは良いですが、実質的なスキルアップにはやや不足がちです。意外と知られていないのが、ボイストレーニングの仕方です。どうしても我流になってしまって、それで十分と思ってしまいます。それももちろん一時凌ぎにはなりますが、適切なトレーニングを学べば後々の練習にも活かせるのでとても有効な方法です。

あくまでも我流でやっていったときのデメリットとして、曲も変わらないというのがあります。最新の曲がアップされていないから、やや時期が過ぎた曲がようやくカラオケに出てくるという時期の遅れがまずあります。歌いたいときに歌えるディスクがないので歌う間もなく歌われずに過ごすことがよくあります。そうするとだんだんと自分の歌える曲というのが古くなっていって、いったい何年前の曲を追っかけているのと不思議に思われることがあります。

たとえば、福山雅治、Bz、Mrchildrenのファンで、曲が歌いやすくて歌っていた人も、なかなか最新の曲がアップされずに結局は数年前の曲しか歌えないということがあります。いまだに歌うのが桜坂とか、bad communicationとか、innocent worldといったような進歩がない曲目をセレクトしてみたり。そうすると数年前に止まったままになっているのに気付きますが、それでも最新の曲をなかなか歌えない場面に直面しています。

我流での練習はこういうふうに思ったように進まないことが多々あり、ボイストレーニングの初心者が練習するにはセレクトがいまいちなことがあります。初心者向けの曲目をセレクトして練習していくほうが上達するのが早く、また我流ではなかなか覚えなかった曲目についてもどんどんチャレンジしていけるのがボイストレーニングです。自分の歌えるレパートリーがしだいに増えてくると、歌うのもどんどん上達していくので受講するのをおすすめします。

Advertisements

カラオケでみんなを圧倒させるには

こんにちは。みなさんは普段、友人や家族と一緒にカラオケに行くことはありますでしょうか。私は最近、趣味の仲間と一緒にカラオケに行って歌ったり、おしゃべりを楽しんだりしているのですが、やっぱり歌を上手に歌ってみんなを圧倒させたいですよね。私も、学生の頃から、かなりの音痴でみんなに笑われることが多かったのですが、最近ではかなり上達して、みんなとカラオケに行くのがだんだん楽しくなって来ました。また、最近ではカラオケ本体に採点機能がついていて、全国ランキングなども見ることができるので、その順位をアップさせたり、友達と競ったりまた、その結果をブログなどに載せるのも楽しいですよね。今日は皆さんに私が音痴を克服したコツをご紹介したいと思います。
私が一番最初に実践したのは、ボイストレーニングという練習です。最近では、学校などでも教わるみたいなのですが、ボイストレーニングは、まずお腹から声を出す腹式呼吸をすることから訓練していきます。喉から声を出していると、歌えば歌うほどだんだん喉が痛くなってくるので今までは、長くは歌えなかったのですが、ボイストレーニングを始めてからはいつまでも歌い続けられるようになりました。やはり、1日で簡単にできるようになるものではないですから、地道に練習を重ねることが大切です。続けていると次第に地声とは違う、美しい響きのある声に変わってきます。歌うときは、これらの方法だけではなく、姿勢や落ち着いていることなども重要な要素になってきます。
また、これだけではなく、喉や舌の使いかたで声などが全く変わってくるので、体全体で声をだすという意識を持つと、更に良いかもしれません。やはり、プロの歌手の声などを聞いていると、音程などだけではなく、声の響きがその歌手の評価につながっている気がします。音程は、練習すればなんとかなりますが、声の質はボイストレーニングを中心とした、長期的な改善が必要となってきます。
私も今、検討しているのですが、ボイストレーニングをより効率的に、効果的に行うには、スクールなどできちんと先生に教えてもらうのも良いと思います。私もインターネットで調べたのですが、正しいボイストレーニングをすることによって、声域が広がり高い音を出せるようになったり、プロが実際に使っているビブラートなどといったテクニックもできるようになるんだそうです。
ぜひみなさんも、ボイストレーニングを実践してみて、カラオケでお友達を圧倒させてみてはいかがですか。

歌がうまくなるためには好きな曲や歌いやすい曲でボイストレーニング

“歌がうまくなるためには、いろいろなトレーニング方法があります。
いわゆる、ボイストレーニングというものをしていく必要があるのです。
そのボイストレーニングですが、いくつかの方法があることは確かなのですが、
もっとも多くの方がやる気になってくれるのが、
好きな曲や好きなアーティストの曲で練習をするというものです。
そういったものを活用して練習していくということは大きなプラスを秘めています。
実際に、誰しも歌がうまくなりといと思うきっかけは、
好きな曲をしっかりと歌いたいということ方始まるのです。
ですので、初心者の方のボイストレーニングは、
好きなアーティストの好きな曲というものを利用していくことがお勧めです。

では、まずそのアーティストの特徴をつかむことから始めてみましょう。
何度もCDなどを聴いてみますと、いろいろと見えてくる部分があるはずです。
声量はどの程度なのかということも確認できます。
そして、ピッチの正確さというものも感じることができます。
他にも声質というものもあるでしょう。
アーティストによりまして、声質というものは本当に様々なものになっています。
他にも、リズム感の良さというものにも注目してみると良いでしょう。
どのような店舗で歌っているのかを知ることも歌がうまくなる第一歩です。
そして、声域の広さなども確認していくことが必要です。
どのくらい音程の上げ下げをしているのかもチェックしていくのです。

以上のようなものについてですが、
中には好きなアーティストがあまりに難しくて特徴的な歌い方をしてしまっていることもあります。
もともとハイトーンボイスの歌手もいます。
そういった場合には、自分の歌いやすいアーティストや歌いやすい曲を探していく方がよろしいです。
歌いやすい曲で練習をすると声もかなり出やすくなります。
基本的なボイストレーニングにはもってこいです。

そしてそれらの自分の練習する曲が決まりましたら、真似をしてみましょう。
歌い方や声質の真似でもよろしいです。
結果的に最初は自分のものにならなくて当たり前です。
まねて歌い方を覚える方がお勧めになります。

ただし、本当にすべてをまねていくとしましたら、CDだけでは足りません。
そのアーティストのライブDVDなどを確認してみるといいでしょう。
発声方法やブレスといったものを見ることもできます。
そして、テクニックや表現方法なども勉強になります。
自分が特に難しいと感じたところをアーティストがどのようにうたっているのかも確認できるのがDVDです。
見るということもボイストレーニングにつながってきます。

ボイストレーニングは体を動かしてから行うべき

“歌がうまくなりたい方や、
声をしっかりと出していきたい方に注目していただきたいのがボイストレーニングです。
ボイストレーニングは、それほど難しいものではなく自宅で出来るものまであります。
もちろん、そのようなコースのあるスクールに通うと確実です。
しかし、お金をかけたくないという方は、
まずは自宅で行えるようなトレーニング方法を知っていくと良いのではないでしょうか。

そのボイストレーニングですが、まずはしっかりと体を動かすということを行う必要があります。
声を出すということと歌うということは、かなり密接に結びついているからです。
身体を動かすとといううことですが、何もランニングをしなければいけないわけではありません。
いわゆるストレッチというものを行います。
関節などを動かしやすくしましたり、身体を柔らかくするようなことを行っていきます。
そういったことが声を出しやすくするなどの効果を発揮してくれるようになるのです。

ではそのストレッチの方法を確認していきましょう。
まずは首の運動が重要です。
喉に直結する部分ですので、重点的にストレッチしていくことがお勧めです。
首につきましては前後左右にゆっくりと倒していくことが必要です。
手などで頭を押さえながら行っていくのもよろしいでしょう。
数回繰り返して行うと首のほうがだいぶほぐれてきますので、おすすめできる運動となります。

また歌というものはしっかりと口を開いていくことも必要です。
ですので、顔のマッサージを行います。
顔のマッサージですが、主に頬の部分をほぐすように行いましょう。
そうすることで、口がしっかりと開くようにもなるのです。
口がしっかりと開くとおおきな声を出せるようになりまして、
効率的なトレーニングをしていくことができるようになります。

そして背筋についてもストレッチは行います。
背筋についてはしっかりと伸ばしていくことが必要です。
そもそも、いい声を出すためにはいい姿勢というものが必要です。
猫背になってしまいますと、声がしっかりと出ません、
ボイストレーニングの意味さえなくなってしまいます。
背筋をしっかりとほぐしていきまして、伸びやかな声を出せるように考えていくことが重要なのです。

以上の運動を必ず歌を歌う時などに行っていくことが必要です。
例えば、ボイストレーニングを行っているスクールではそういった運動を必ず取り入れてきます。
やるとやらないとでは声の質が全く違うということを知っているからです。