Tag Archives: 歌唱力

ボイストレーニングの始め方について

ボイストレーニングは誰にでも気軽に出来るものです。
ボイストレーニングと聞くと、敷居が高いものと考えがちですが、そんな事はありません。
プロの方が、ボイストレーニングを受けているように考えてしまいますが、色々な方がボイストレーニングを実践しています。
ボイストレーニングを実践している方の目的は様々です。
もちろん歌が上手くなりたい、とボイストレーニングを実践している方が多いと思います。
歌が上手くなるためには、やはりボイストレーニングが効果的です。
また、話す事を職業としている方にもボイストレーニングを実践している方は多いでしょう。
アナウンサーやキャスターなどが、発声方法としてボイストレーニングを取り入れています。
やはり、弱々しい声より、はっきり聞きやすい声の方が、聞き手にも話の内容が理解されやすいと思います。
また、一般の方でもボイストレーニングを実践してみると、色々な場面において役に立つものです。
もちろんカラオケなどで、歌を歌う時、上手に歌う事が出来たら、カラオケを心から楽しむ事が出来ますよね。
歌を上手に歌いたい、という事は誰でも思っている事ではないでしょうか。
また、仕事で営業をしている方なども。はっきり話せるという事は仕事において大変重要な事と言えます。
そんなボイストレーニングですが、どのように始めたら良いのでしょうか。
ボイストレーニングは、まず腹式呼吸をマスターするところから初めてみてはいかがでしょうか。
歌唱力をアップさせるために、欠かせないのが腹式呼吸の会得です。
通常、私たちは胸式呼吸と呼ばれる呼吸をしています。
胸式呼吸は酸素を取り込める量が少ないのです。
ですから、歌を歌う場合は何度も息継ぎをしなくてはいけません。
一方、腹式呼吸は一度に酸素をたくさん取り込めるので、息継ぎが少なくて済みます。
また、力強い声も出せるようになります。
腹式呼吸は、まず鼻で吸って口で吐く、という事から意識して初めてみると良いでしょう。
さらに、息を吸い込む時にお腹を膨らませて、息を吐く時にお腹をへこませてみて下さい。
最初は違和感があるかもしれません。
しかし、続けていくうちにコツがわかってくると思います。
呼吸に気をつけているだけでも、ボイストレーニングになります。
また、どうしても腹式呼吸が身につかない場合、筋力トレーニングを取り入れてみるのも効果があります。
特に上半身の筋肉を鍛える事によって、複式呼吸が身につきやすくなります。

Advertisements

ボイストレーニングは、ただ発声練習を行うだけでなく、心をリラックスしていきます

ボイストレーニングと言うと、難しい呼吸法や発声練習を思い浮かべるかもしれません。
しかし、誰にでも歌うことはできる表現法です。
ボイストレーニングは、歌を楽しく歌えるだけでなく、「聴いている人の心に訴えるような、歌を歌ってみたい」「少しでも誰かを自分の歌で元気にしたい」というような方の想いを、表現していきます。
歌がいくら好きでも、自由に声が使えないと、楽器を弾かないで演奏を行おうとしているようなものですね。
呼吸法、ボーカルテクニック、リズムなど、歌を上手に歌うためにはやはりその方法を習っておくことが大切です。
しかし、その前に、さらに気持ちよく自由にあなたの声を出してみませんか?
びっくりするかも知れませんが、多くの人が声を出すのに慣れていないのです。
そして、多くの人が、どれくらい自分の声が響くのか、声を軽く出した際の開放感、などを知らないでいるのです。
ボイストレーニングは、ただ発声練習を行うだけでなく、心をリラックスしていくことでもあるんです。
カラオケが苦手というような方だけでなく、歌うのが好きなのに、どうしてこんなに苦しいのだろうか、というように思ったことはありませんか?
例えば、高い声が苦しく力が無駄に入った、歌うことで精一杯いっぱいで余裕がない、などのように、歌いたいと思っているのに、思っているように歌が歌えないというようなストレスは、ボストレーニングやボーカルレッスンで改善していきます。
もう少し何とか自信を持って歌いたい、あの歌手の歌やあの曲をさらに気持ちよく歌いたい、自分らしく歌って音楽を楽しみたい、みんなから素晴らしかったと喜んでもらいたい、というためには、楽しく気持ちよく、そしてステキに歌うことができるボストレーニングやボーカルレッスンがおすすめです。
ボーカルスクールでは、一般的に次の2点について指導していると思います。
・発声法を正しく行ってボイトレをして、自由にある程度声が使えるようにする。
・歌唱力のレベルを上げるためのリズムやテクニックを身につける。
しかし、本当は、体の使い方と心のあり方が分かることが大事ではないでしょうか。
ただなんとなく上手くなりたい、と努力してみても、あなた自身が歌いたいというような思いがなければ、何も伝えることはできません。
また、ボイトレのレッスンも苦しいことだけに思えて、上達もしてこないでしょう。
そのため、あなたの歌に対する思いが一番大事ではないでしょうか。