Tag Archives: 歌手

ボイストレーニングで腹式呼吸を覚えて魅力的な声に

歌手やアナウンサーなどがよく行なっているとされる、ボイストレーニングは多くの効果があります。
ボイストレーニングは、声をたくさん使うような専門の職業の方以外からも、人気を集めているトレーニングであり、大いなる実用性が見込めるものであると言えます。
声という存在は、人と人とのコミュニケーションを手助けしてくれる大きな価値があり、円満な暮らしを楽しむ上において欠かせないものです。
声がもつ存在感や質感は、その人のイメージを大きく左右するような重大な役割を果たしています。
良い声を手に入れることによって、自分自身のイメージアップに繋がりますし、これからの人生においても一生役に立てることが出来ます。
ボイストレーニングをして、自分の声を向上させましょう。

良い声の出し方をするためには、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法をおこなうことが必要不可欠となってきます。
腹式呼吸を取得するための練習時間や感覚の得方は人それぞれによって変わってきますが、今から記すことを意識すればスムーズにこなせることでしょう。
腹式呼吸をする前に、一度深呼吸をしてみましょう。
呼吸をおこなうことで、人間の体は酸素を得て、リフレッシュすることが出来るのです。
同時に、リラックス効果も期待できるので、声を出す前には深く呼吸することを行なっておくことがおすすめです。
腹式呼吸を体に覚えさせる方法として、息をまず吐ききってから吸いましょう。
呼吸といいますと、どうしても息を吸うといったことが重視されてしまうことが多いです。
ですが、声を出すにあたっては、息を吐ききって、お腹に力を伝えることが求められるのです。
実際にお腹に手を当てて、息を吐いてみましょう。
少しお腹がへこむような感覚や、力が伝わる感覚を覚えられる方もいらっしゃることでしょう。
そして、息を吐ききると、人間の体は自然と息を吸おうとするので、特別意識せずとも新しい空気が肺にきます。
この動作で、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法は完了です。
しかし、実際に声を出すことと腹式呼吸をどう結び付ければ良いのでしょうか。
そこを考えてみましょう。
今度は、息を吐ききるときに声を出してみましょう。
すると、へその下のあたりに軽く力が加わり、パワーのある声を出すことが出来ます。
練習していくうちに、声量が増えていき、一度に吸うことの出来る呼吸の量が増えます。
腹式呼吸は、毎日継続して練習することが大事です。
仰向けに寝っころがって、お腹に手を当てながら声を出すという方法も、初心者にとって一番わかりやすいのでおすすめです。

Advertisements

ストレッチから始めるトレーニング〜土台作りからはじめよう〜

まずボイストレーニングというものは歌手の方が劇場でうまく声を出すためにやるトレーニングのことでアマチュアの方からその道のプロフェッショナルの方までさまざまな人がこのトレーニングを行っています。また歌手だけではなく役者やお芝居の語り役の人まで大勢の前で声を発する人ならだれしもがやるトレーニングのことです。
また劇場に立つ人でなくても社会人だったら会議などでわかりやすい説明をするためによく伝わりやすい声で話したり、女性の方でもカラオケで友人らにいいところを見せるためにボイストーレニングをして声の調子を合わせたりと様々な人がトレーニングを行っています。
またボイストレーニングは声を良くするだけではなく腹式呼吸を行うことによっておなか周りが引き締まり体がスリムになるということでダイエットにも効果があるといわれています。
それでは具体的にボイストレーニングについて軽く説明していきましょう。
まず具体的なレッスンの前に体をほぐす運動から始めましょう。
まず首を前後左右に5回ぐらい動かしてそのあと三回ぐらい首を回して首のコリを無くしたり調子を整えましょう。
次に首や顔の筋肉(特に頬のあたりの筋肉を重点的に)ほぐしてマッサージをしてリラックスしましょう。
次に体全体を動かすストレッチについて説明しましょう。まず両腕の手のひらを地面にくっつけて両足を開いて股関節と背中、腰の筋肉を伸ばしてリラックスしましょう。こうすることによって自然と姿勢や立ち方が綺麗になって自然とトレーニングに適した体勢になります。そのあと今度は腕をつかずに立ったまま足を左右に開いて、股関節を重点的に伸ばしましょう。やはりトレーニングを行うためには姿勢をしっかりすることが大切です。
これらのストレッチが終わったら肩や足の関節など気になる点をしっかりと回してチェックしましょう。次はいよいよ実際に行うトレーニングについてです。
まず一番最初に自分が普段話す声で普通に声を出し続けましょう。初めのほうは10秒ぐらいで十分です。のちのち繰り返して最終的には25秒ぐらいを目指せるといいですね、次にまず声を大きく出してから徐々に小さくして、その次は徐々に声を大きくさせるやり方、その次は大きくして小さくしてまた大きくする山型、それの逆の谷型、これらを3回ぐらいループする方法です。
次は声を出すときの呼吸法です。ボイストレーニングを行う時の呼吸法は腹式呼吸が一般的に使われていますが、腹式呼吸ってどうやればいいのかわからないという人も多くいるでしょうが、普段行っている呼吸をいつもより大げさにやるというか息を吸うときにおなかが膨れる、息を吐くときにおなかがへこむ、この運動を繰り返しているだけで自然と身につくというわけです。
今回私が紹介したことはボイストレーニングの本当に最初のほうだけです。実際にレッスンを受ければ歌う中でのトレーニングも受けられます。ぜひとも皆さん体験してみてください。