Tag Archives: 腹筋

良い声は良い姿勢から

ボイストレーニングは音楽的な要素が大きい一方、それ以上に体作りの要素が必要なトレーニングです。
体という楽器をフルに使って自由自在に音を出せるようになる必要がありますから、しっかりと強く良い楽器に鍛え上げる必要があるでしょう。

ボイストレーニングにおける体作りと言えば腹筋や声帯をきたえることが効果的だと思われがちですが、実はそれだけではありません。
一番効果のある方法は、姿勢の改善です。
というよりも、姿勢を改善しないことにはどのようなトレーニングを行ってもあまり効果が無いとすら言えます。
その理由は、声をうまく出すためには、必ず胸を大きく開いて楽な呼吸を行っていることが大切だからです。
では、声を出すために一番効果的な姿勢とは一体どのようなものでしょうか。

まず、脚を軽く開いて(というか楽にして)立ち、肩をなるべく下に落とします。
その時、決して背は丸めないでくださいね。
猫背気味の人は、腕を後ろに引くようにすると良いでしょう。

この姿勢をとってみていかがでしょうか?
呼吸がとても楽ではありませんか?
実はこの姿勢をとると、胸が自然と開き、喉の奥から声が出しやすくなるのです。
このまましゃべると、きっと響きの良い声が出ると思いますよ。
また、この姿勢をとっていると、肩から背中にかけてとても気持ちが良くはありませんか?
そうです。
この姿勢は首・肩・背中をほぐして血行を浴してくれるのです。
体が温まると、より一層声は出しやすくなりますね。

しかし、この姿勢を長く続けていると、段々と疲れて来ることに気付くと思います。
それがなぜでしょうか?
実はこの姿勢、胸を張り肩を落とすことで腹筋に力を入れないと体制をキープできない姿勢なのです。
故に、無意識のうちに腹筋が鍛えられてしまうのです。
とはいえ強烈な力が入るわけではありませんから、急にムキムキになるようなことはありません。
しかしながら、ジワジワとボディーブローのように確実に効いて来ます。
ですから、この姿勢を日々意識しながらとることで、気付いたら良い声が出るようになっていると言うことにもつながります。

常にこの姿勢をとる習慣が身についてから更に腹筋や声帯のトレーニングを行うと、高パフォーマンスで鍛えることができるでしょう。
特に声帯のトレーニングは、良い姿勢によって喉の奥から声が出しやすい状況にすることで喉に不必要な負担がかからなくなります。
すると、声帯に必要な負荷を与えながらも傷つきにくく疲弊しにくい状態で訓練を行うことができるのです。

ボイストレーニングの心構え

カラオケなどに行く場合は、やはり歌が上手い方がいいですよね。そんな場合は、ボイストレーニングをすると良いと思われがちですが、ボイストレーニングの本来の目的は、自分の声をコントロールする事なのです。自分の声を思ったように出せるように訓練をする事です。ただ歌が上手くなりたいというのは、動機にはなるでしょうが、本来のボイストレーニングの意味とはちょっと違うと思います。
歌を上手く歌うだけでなく、高い声、低い声、強い、弱い、など自由自在に声が出せたら、とても楽しいですよね。ものまねだって上手に出来るようになるかもしれません。ものまねが上手な人は、自分の声をキチンとコントロール出来ている人なのです。

ボイストレーニングというと、通常ボイストレーナーという声の先生に習いますが、プロを目指すのでなければ、独学で出来ない事もありません。
しかし、問題点が一つあります。発声法や腹式呼吸の方法が果たしてそれで正しいのか?自分では判断はつきにくい事です。
やはり一回でも二回でも、専門のトレーナーさんにレクチャーを受け、正しい発声法や腹式呼吸法を学ぶ事が近道だと思います。日々のトレーニングも重要だし、自分の声を録音して聞いてみるのも重要です。初めは録音された自分の声を聞くのが苦痛かもしれませんが、自分の声を客観的に判断出来る事が重要なのです。でないと自分で効果がわかりませんから。
更に声を出すには声帯だけでなく、背筋腹筋など全身の筋肉を使います。基本となる体力が無ければボイストレーニングもままならないのです。話す声は通常胸式呼吸で話していますが、歌う場合は腹式呼吸が重要になってきます。この腹式呼吸が厄介で、腹式呼吸が出来たとしても、歌う時には何故か胸式呼吸になってしまう人がいます。腹式呼吸で声を出すコツを学ぶのがボイストレーニングの大事な一歩なのです。

最近では、ボイストレーニングの本もありますし、DVDなども発売されています。ネットを検索すれば練習の仕方の動画をアップしてくれている人もいますから、腹式呼吸の為の筋肉トレーニング等も自分で出来そうです。ボイストレーニングに拘わらずとも健康増進にも役立ちますし、筋肉は鍛えておいて損は無いと思います。
何はともあれ、まずはチャレンジする気持ちが重要では無いでしょうか?自力で自分が納得出来る程度まで上達出来る場合もありますし、頑張ってみて、それでもどうにもならない時には、専門家に師事を仰ぐという方法もあるのですから。