Tag Archives: 話し方

ビジネスマンにお勧め!ボイストレーニングで声を磨く

ビジネスマンの仕事力を上げるツールの一つとして、
注目されているのがボイストレーニングです。
ボイストレーニングといえば、歌手やカラオケが上達したい人のものと
思われがちですが、
鍛えた声はビジネスの現場でも力を発揮するのです。
例えば、電話会議の場面を考えてみましょう。
海外との会議を行う時、時差なく話し合える電話会議システムを
使うことも多いでしょう。
その際、あなたの思いを伝えるのは声だけです。
遠く離れた相手へあなたの企画をプレゼンするのに、
説得力のある声で語れれば、プレゼンの成功の確率も上がるでしょう。
逆に、小さな、自信のない声しか出なければ、
どんなに自信のある企画でも、相手は不安に思うのは想像に難くありません。
では、ビジネスマンが声を鍛えるには、
どのようなボイストレーニングを行えばいいのでしょうか。
まず気をつけたいのは呼吸です。
声の小さい人、話しているうちに声がかすれてくる人は、
胸で息をしている胸式呼吸の人が多いのです。
これを、腹式呼吸で行うのがボイストレーニングのはじめの一歩。
胸式呼吸では肺の上部で呼吸しますが、
腹式呼吸は肺の下の方に空気を入れるイメージです。
これにより、横隔膜が下がり、内蔵が動くことによって、
お腹が膨らむのがわかるでしょう。
腹式呼吸ができているかは、息をするたびに肩が上がったり下がったり
していないかで確かめましょう。
腹式呼吸をすることで、呼吸が安定し、声が出しやすくなります。
喉に不必要な力を入れずに話せますので、
長時間話しても喉が疲れず、声が枯れることもないのです。
次に、声の出るしくみを考えてみましょう。
肺から送り出された空気が、通過する時に声帯を震わせることで音になります。
この声帯の振動音が、口や鼻の中、口の奥の部分にある、
人体の空洞部分に共鳴して、大きな音となるのです。
ビジネスの相手に伝わるはっきりとした声を出すには、
空気がスムーズに通り、出した音をよく響かせることができるよう、
正しい姿勢を保つことが大切です。
まず、胸を張りましょう。
このとき、必要以上に力が入らないようにしましょう。
肩は後ろへ引き、腕は力を抜いて下げます。
足は肩幅くらいに軽く開いて立ちます。
この姿勢をとることにより、肋骨が張り出すので、
より多くの空気を肺にためることができます。
たっぷりの空気はたっぷりとした声を作るのです。
豊かで自信を感じさせる声は、あなたのプレゼンに説得力を与える、
強い味方になり得ます。
ボイストレーニングで、ビジネススキルに磨きをかけましょう。

Advertisements

話すボイストレーニングで魅力的な声を手に入れる

ボイストレーニングとは、歌うためのトレーニングです。
最近では、この歌うボイストレーニングを応用した、話すボイストレーニングが人気です。
話すボイストレーニングで、呼吸法、発声法をマスターすると、いい声、聞き取りやすい声で話せるようになり、シーンに応じて声をコントロールすることができます。
魅力ある声を手に入れることは、ビジネスパーソンにとっては仕事の武器となります。
ビジネスパーソンでなくても、日常生活、人間関係に良い影響を与えるでしょう。
ルックスが好みでない俳優に、なぜか好感を持つのは、魅力ある声の持ち主だからかもしれません。
特に女性は、いい声の男性を魅力的だと感じるようです。

人間は、生まれてすぐは腹式呼吸をしています。
本来、腹式呼吸が自然な呼吸です。
生まれてから数年間は、ストレスや外的影響が少ないので腹式呼吸をしています。
子供は、発声にストレスがありません。
体が小さいのにすごく大きくてよく通る声を出します。
そして、大人になるにしたがって、胸式呼吸に変化します。
これも、自然な変化です。
大人は、発声にストレスがあります。
喉や声帯、体全体の筋肉のこわばりが発声の邪魔をしています。
極度に筋肉が緊張していると、喉が詰まるような感じで上手く声が出せません。
ボイストレーニングの根本は、大人が子供時代の発声を取り戻すことです。
今までできなかったことを習得するのではなく、以前は自然にやっていたことを思い出すのだと考えて、気楽に取り組みましょう。

歌うボイストレーニング、話すボイストレーニングに共通するトレーニングメニューに、腹式呼吸があります。
腹式呼吸をマスターすると、声量のコントロールが容易になります。
また、胸や喉の緊張がとれて楽に発声できるようになります。
歌うボイストレーニングの場合、歌っている間は常に腹式呼吸を使います。
話すボイストレーニングはどうでしょうか。
話すときに歌うような腹式呼吸で発声すると、すごく大きな声が出すぎたり、場違いだったりします。
話す場合は、声を胸、肋骨、胴体に響かせます。
自分の体をスピーカーに見立てて共振させるイメージで発声します。
この発声法では、ボリュームにかかわらず、落ち着いたイメージの声が出ます。
一朝一夕に魅力的な声を手に入れることは難しいですが、トレーニングを続けることで成果は出ます。
実践的トレーニングはもちろん、このような声になりたいというイメージを常に描くことも大事です。

言葉が聞き取りにくいといわれるなら、ボイストレーニングを受けてみては

 世の中には、いろいろな習い事があります。趣味でやっている人もあれば、仕事に役立てるためにがんばっている人もいますね。そして、中には自分にとってかなり深刻な問題を解決するべく頑張っている人もいるんです。 
 たとえばボイストレーニングを受けている、と聞いたらどんなことを思い浮かべますか。声優になるために勉強している人でしょうか。それとも歌がうまくなりたい、あるいは真剣に歌手になりたいと思っている人でしょうか。もちろんそういった人たちもボイストレーニングを受けています。いっぽうで、歌のためでなくトレーニングしている人たちもいるんです。
 それは、会話力のためです。たとえば営業を主にしているビジネスマンですね。あるいはアナウンサーなどの仕事に就きたいと思っている人もボイストレーニングを受けています。これらの人たちは歌とは関係なく、自分の声や話し方をよくしたい、直したいと思ってトレーニングを続けているんです。
 会話の場合の悩みは、いろいろあります。声のボリュームがコントロールしにくい、声に力が入り過ぎる、声がこもっているなどですね。それ以外に多いのは、自分の話していることが相手に伝わりにくいというケースです。話している途中、相手から「今、なんていったの?もう一度いって」などとよく聞きなおされるタイプですね。これは、おそらく滑舌がわるいのが原因でしょう。
 そもそも滑舌(活舌ともいいます)というのは、声を出すための舌や口の動きのことを言います。滑舌がわるいと、発声がはっきりせず、ひいては話の内容が相手に分かりにくいという欠点になります。物理的な舌や口の動きがよくないために、言葉のひとつひとつがきっちり区切れて聞こえません。したがって複数の音が混じった状態になって、相手にとって聞き取りにくい言葉になるのです。
 滑舌の改善法としては、話すときに口や舌を大きく動かすというのがあります。この動きが少ないと、聞き手はよく似た音を区別して聞き取れません。具体的には、「パ、ピ、プ、ぺ、ポ」や「マ、ミ、ム、メ、モ」などが区別しにくい音です。ボイストレーニングでは、こういった音を明確に発音するためのトレーニングを行います。たとえば喉や舌や口周りの筋肉を動かすトレーニングや、呼気のコントロール法などを学びます。そうやって正確な発声法を覚えていくうちに、次第に滑舌も良くなってくるのです。
 会話のためのボイストレーニングは、もちろん自宅で学習することもできます。ですが、ちかくにボイストレーニング教室があれば、通うほうがいいかもしれません。なぜなら日常会話の発声法は一度間違った方法で覚えてしまうと、修正に大変時間がかかります。自己流でついてしまった癖をとるために、余分な時間をかけるなら、初めからプロについて発声法を覚えてしまうほうがいいでしょう。
 また歌のためのボイストレーニングと違って、会話の場合、先生はボイストレーナーだけとは限りません。言語聴覚士という資格のある先生が教えている場合もあります。話し方教室という名前でやっているかもしれませんね。ボイストレーニングスクールと合わせて、そういった教室、サークルを探してみるのもいいでしょう。

ボイストレーニングで腹式呼吸を覚えて魅力的な声に

歌手やアナウンサーなどがよく行なっているとされる、ボイストレーニングは多くの効果があります。
ボイストレーニングは、声をたくさん使うような専門の職業の方以外からも、人気を集めているトレーニングであり、大いなる実用性が見込めるものであると言えます。
声という存在は、人と人とのコミュニケーションを手助けしてくれる大きな価値があり、円満な暮らしを楽しむ上において欠かせないものです。
声がもつ存在感や質感は、その人のイメージを大きく左右するような重大な役割を果たしています。
良い声を手に入れることによって、自分自身のイメージアップに繋がりますし、これからの人生においても一生役に立てることが出来ます。
ボイストレーニングをして、自分の声を向上させましょう。

良い声の出し方をするためには、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法をおこなうことが必要不可欠となってきます。
腹式呼吸を取得するための練習時間や感覚の得方は人それぞれによって変わってきますが、今から記すことを意識すればスムーズにこなせることでしょう。
腹式呼吸をする前に、一度深呼吸をしてみましょう。
呼吸をおこなうことで、人間の体は酸素を得て、リフレッシュすることが出来るのです。
同時に、リラックス効果も期待できるので、声を出す前には深く呼吸することを行なっておくことがおすすめです。
腹式呼吸を体に覚えさせる方法として、息をまず吐ききってから吸いましょう。
呼吸といいますと、どうしても息を吸うといったことが重視されてしまうことが多いです。
ですが、声を出すにあたっては、息を吐ききって、お腹に力を伝えることが求められるのです。
実際にお腹に手を当てて、息を吐いてみましょう。
少しお腹がへこむような感覚や、力が伝わる感覚を覚えられる方もいらっしゃることでしょう。
そして、息を吐ききると、人間の体は自然と息を吸おうとするので、特別意識せずとも新しい空気が肺にきます。
この動作で、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法は完了です。
しかし、実際に声を出すことと腹式呼吸をどう結び付ければ良いのでしょうか。
そこを考えてみましょう。
今度は、息を吐ききるときに声を出してみましょう。
すると、へその下のあたりに軽く力が加わり、パワーのある声を出すことが出来ます。
練習していくうちに、声量が増えていき、一度に吸うことの出来る呼吸の量が増えます。
腹式呼吸は、毎日継続して練習することが大事です。
仰向けに寝っころがって、お腹に手を当てながら声を出すという方法も、初心者にとって一番わかりやすいのでおすすめです。

仕事に活かせるボイストレーニング

“部署移動で人事部での採用の仕事に就く事になりました。この仕事は人前で話す機会が非常に多いです。
企業説明会では多くの学生の前で話す事になりますし、面接では一対一で話す事になります。
そして痛感したのが、自分がいかに話し下手であるという事でした。
上司の指摘によると、声が上ずっていて聞き取り難くく、また言葉の語尾がはっきりしない、というのが問題との事でした。
そんな時、入社式と新入社員の研修を担当する事になりました。これは100名以上の前で計数時間に渡って話す事になります。
社長や取締役も参加しますので、下手なところを見せる訳にはいきません。早急に対策を講じる必要が出てきました。
そんな時にボイストレーニングの広告を見たのです。
ボイストレーニングと言いますと、歌手の人が受けるものだと思っていましたが、
それ以外にも、一般の人が上手く話せるようになる為に受ける場合も多いそうです。
幸いにも短期集中講座が夜間に開講されていましたので、私は早速受講する事にしました。
初めてのレッスンでまずやったのはなんと顔のトレーニングでした。
顔の筋肉をほぐす事から始まったのでした。口を大きく開ける事が重要で、筋肉が硬いままだと引きつってしまうらしいです。
筋肉がほぐれたら実際に声を出していきます。母音を発音する時の口の開け方を繰り返し練習していきます。
母音の発声をしっかりマスターする事で子音の発声もしっかりしたものになるのです。
翌日は顔が少し筋肉痛になっていました。
2回目の講座では前回の復習が中心となりました。2回目だけあってみんな上手く発声出来ていたように思います。
3回目には腹式呼吸を交えた発声を教えてもらいました。腹から声を出す事の重要性とそのコツを習いました。
4回目からは実戦訓練になりました。教壇に順番に立って決められた文章を話すのです。朗読ではなくスピーチですね。
緊張していまいましたが、習った事を思い出してやってみると意外と評価してもらえました。
5回目が最後の講座になります。ここでは好きなテーマで一人5分間の持ち時間で自由に話します。
前回に予告されていましたので、私は前もって最近の学生について話す内容をまとめてきていました。
私の番が来ました。これまでの総決算として大きな声でハッキリと話す事をこころがけました。
その結果、少々オーバーな話し方になってしまったかも知れませんが、講師の方には最高の評価を与えてもらいました。
そしてこの講座を受けたおかげで、懸案だった入社式と研修も問題なく終了したのでした。

ボイストレーニングでいい声を手に入れましょう

“ボイストレーニングとは、もともとプロのミュージシャン、プロ志望のミュージシャンが、正しい呼吸法と発声法をトレーニングし、上手に歌を歌うためのものです。
しかし、最近は、正しい呼吸法、発声法をマスターしていい声を出すことは人にいい印象を与えることに繋がるなど、歌うこと以外にも広い可能性が期待され、ビジネスマンや、接客業、学生にもボイストレーニングを受ける人が増えています。

例えば、会社の社長。
社員に強いメッセージを伝えるために、言葉のパワーと同じくらい、声のパワーは重要です。
それが適切な言葉のメッセージだとしても、何を言っているかわかりにくいと、言葉はストレートに伝わりません。
明瞭で、かつ重みのある声で、伝えられるメッセージは、それが言葉がシンプルであっても、聞いている人の心にストレートに伝わります。
特に、権威を表すときは、声のイメージも大切です。

ビジネスマンのイメージも声ひとつで変わります。
いい声であいさつをするだけでいい印象を与えられますし、会議で意見を述べるときも、いい声で話せば、その意見が素晴らしいものに聞こえます。
電話でも明瞭な声で応対すれば、仕事のミスが減ります。
いい声は仕事のできる人を演出できる最強のアイテムです。

接客業はどうでしょうか。
サービスを受ける側の立場で考えてみましょう。
例えば、何を言っているかわからない人、不快な声の人に接客された場合、あまりいい気分にはなりません。
サービスの種類によって求められる声の質は違いますが、リラクゼーションを目的としたサービスを受ける場合は、特にリラックスできる声が求められます。
声は天性のものとの考え方もありますが、諦める必要はありません。
もともと癒し系ボイスを持っていない人でも、ボイストレーニングによって、地声を心地よい声にコントロールすることも可能です。

学生さんなら、入試の面接や、就職活動で、いい声を武器にすることができます。
声で快活な印象や、知的な印象を演出することも可能です。
履歴書の情報よりも、声のメッセージは非常に強いイメージとして残ります。

このように、声は、人に与える印象を左右し、仕事や進路、生活、人格までに影響します。
いい声を手に入れれば、いい人生が手に入る、成功しやすくなるのは間違いありません。
ボイストレーニングを、スキルアップの手段のひとつとして取り入れる企業も増えています。
いい声を手に入れるために、ボイストレーニングを始めてみませんか。