Tag Archives: 軟口蓋

高音をすんなり出すためのポイント

歌を歌う時、「高音がニガテ」という方は多いと思います。得意な音域は上手く歌えるのに、高音になると途端に声が出なくなってしまうなんてこともありますよね。

ここでは、そんな「高音オンチ」を改善するためのポイントをご紹介。自分でできるボイストレーニング法として、ぜひ実践してみてくださいね。

1,体の力を抜く
高音が出ないという方に共通しているのが「体に力が入りすぎている」ということ。特に、胸や肩など上半身に力が入っていると、体の重心が上にきてしまい腹式呼吸が乱れてしまいます。

歌を歌っている最中に首・肩を回してみる、上半身を左右にぶらぶらさせて力を抜いてみるなどのトレーニングが有効です。
もちろん、体を動かしながらだと歌いにくいものですが、まずは力を抜くのが先決。力が抜けて腹式呼吸で歌えるようになってくると、たとえ上半身を動かしていても一定の声量を保って力強い歌声が出せるようになりますよ。

また、床に仰向けに寝て声を出してみるのも効果的なトレーニング法。天井を真っ直ぐ見つめたまま自分の得意な音域で「アー」と声を出してください。
この時、手をへその下あたりに置いて、腹から声を出すことを意識。気持ちよく声が出たら、次は一段階上の音域で「アー」とロングトーン。いつもより楽に声が出ているはずです。

2,軟口蓋を上げる訓練をする
高音が出にくいという方は、歌っている時、口腔内がべしゃっと潰れた形になっていることがほとんど。口腔内に十分な広さが無いため声が響かず、キーキーと苦しそうな声になってしまうわけです。

軟口蓋とは、上あごの少し奥、咽頭の前あたりの部分を言います。舌先を喉の方に伸ばしてみると、ちょうど「硬い部分」と「軟らかい部分」の境目あたりに触れることができるかと思いますが、この「軟らかい部分」が軟口蓋です。

この軟口蓋を上に広げるようなイメージで口腔内のスペースを確保すると、自然に喉が開き、高音がきれいに出やすくなります。ちょうど、あくびをする時の感じですね。卵が喉の奥にあるような感じをイメージしてもいいでしょう。

軟口蓋が上がっている状態(口も開けてください)で、ハミング。鼻に触れてビリビリと振動していたら成功です。
上手くいったら、ハミングをしだいに「アー」に近づけてください。「ンーアー」という感じです。この時の音域は、自分の出しやすい範囲で結構です。

どうでしょう。いつもよりもよく響く声が出たのではないでしょうか。慣れてきたら、軟口蓋がしっかり上がっているか、体の力は抜けているかを確認しながら徐々に音域を高くしていってください。

高音をいつでもすんなり出すというのは、実はプロでも難しいもの。腹式呼吸、軟口蓋を上げるといった基礎的なトレーニングを続けていくことが肝心です。

ボイストレーニングで響く声を手に入れられます

歌を上達させるための、効率の良い方法として、
人気があるものといえばボイストレーニングです。

ボイストレーニングは
週に1度など決められた回数で定期的に通うものが多いので、
飽きっぽい人でも続けることが出来ます。

歌を歌うにあたって大切なことを教えてもらえますし、
ビブラートやこぶしといったテクニックだけではなく、
呼吸法や舌や喉の動かし方といった基礎的な技術から学べますので、
初心者でもたいへん安心です。

ボイストレーニングに通うと、
声について学ぶ仲間を作れることも、楽しいメリットです。

歌を上手に歌うためには、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。

まずは、姿勢です。

背筋を伸ばして立ち、顎を引きましょう。

顎が上がっていると、
喉を締め付けるような発声になりやすいので、
子供っぽい幼稚な声になることが多いです。

また、歌う時に感情をこめすぎるなどして、
首を動かす人が多いのですが、
発声においてはあまり良いこととはいえません。

胴から頭を大きく動かさないようにして、
首をできるだけ動かさずに定位置においておくと、良いでしょう。

極めつけは、上半身の脱力です。

上半身の脱力というものは、なかなか難しいもので、
歌っていると知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いです。

下半身は上半身を支えないといけないので、
しっかりと力が入っていても安心です。

肩や手などが自由に動かせるくらい
リラックスした上半身の体勢を維持しながら、声を出すと、
良い発声方法に繋がります。

そして、一般的に良い声とされるものには、
響きが優れている声が多いです。

歌を歌唱する際にも、喉に負担を用いらずに、
大きな声を出すためには声を響かせることが大事になってくるでしょう。

軟口蓋を使って、声を出すと、
自然と響きのある声を手に入れることが出来ます。

軟口蓋とは、口をあけた時に天井側の部分にある、
喉に近いやわらかい部分です。

口を大きく開けて、声を口より前に響かせるのではなく、
口の中の軟口蓋へ響かせることによって、良い歌声に近づけます。

口の奥をイメージして、
耳の後ろから声を出しているような感覚を身に付けると良いでしょう。

そうすることによって、
少ない息の量でも大きなパワーで声を発することが可能になりますので、
声量のアップに繋がります。

また、ロングトーンや息継ぎが少ない曲を歌うときにも役立ちます。
もう一つ、歌が上達するためには肺活量は多い方が嬉しいです。
息を吸った後、吐ききる動作を、毎日すると良いでしょう。

ソプラノのボイストレーニング

ボイストレーニングといいますと、クラシックからゴスペル、ポップス、カラオケ、演歌、民謡、役者、はたまた魅力的な話し方まで、いろいろ種類があるかと思います。

わたしは学生時代にボイストレーニングに通っていたことがあります。クラシックのボイストレーニングです。合唱サークルに入っていまして、そこに指揮者としてお願いしていた先生のところに行ってました。もちろん、自主練習やサークルでの練習も行なっていました。パートはソプラノです。

だいぶ昔の話になりますが、思い出しながら書いてみますね。

わたしたちの場合、腹式呼吸で学びました。でも女性って、なかなか腹式呼吸が難しいんですよね。日常生活で心がけるのが一番いいのですが、どうしても胸で呼吸していますね。わたしたちは、腰の後ろに浮き袋がついていると思って、そこに空気を入れるように、と教えてもらいました。まるでカエルかなにかみたいですが、大きな浮き袋を想像するんです。で、そこに息を吸い込んで入れる。そうすると、腰を触っていると、ウエストが膨らむのを感じます。お腹の前のほうじゃなくて、腰の後ろのほうを意識するんです。そうすると、息が深く吸えているのが感じられるんじゃないでしょうか。

高い声を出すためのコツですが、口の上のほうを奥まで触っていくと、軟らかくなったくぼみがあるかと思います。そこは軟口蓋と言いまして、そこを上げて発生するように学びました。そうすると、口の中も大きく開き、頭に共鳴したいい音が出るようになります。最初は感覚がつかみにくいかと思いますが、触ったりして意識してみてください。ちょっとオエッってなりますが…それから、舌は反対に口の舌のほうへ下げます。いわゆるあくびの口ですね。喉から口へ出る息の障害物をなくすと、ダイレクトに声が出てくるようになります。練習していくと、自分の意志で上げ下げも出来るようになりますよ。内科に行って口の中を見せるとき、よく見えるとほめられちゃいます。

歌っていると、喉仏が動いているのが分かると思います。特に高い声を無理して出そうとすると、喉仏に力が入り、上に上がって来て、詰まった感じになるかと思います。喉仏は脱力して、上に上げないようにしてみてください。反対に低い音を出していくと下がっていきます。位置が下がると、声の音色が変わります。ですので、なるべく位置が変わらないよう、発声するのが地声にならないコツです。まあこれは、ソプラノの発声法ですね。アルトだと、常に下に下げておくんだと聞いたことがあります。