Tag Archives: 音域

音域の広げ方-高い音を出すトレーニング-

地声の限界音域を高くするためのボイストレーニングについてです。誰でも発声していて、ある一定の高さを超えると、声が裏返ったり、詰まったりして、それ以上に高い音が出せなくなります。しかし、この地声の限界点は、訓練によってある程度は裏返りをおさえたり、声詰まりが起こる音程を上げることができます。

以下にそのトレーニング方法をご紹介します。

・自分が出せる高音限界を知る
まずは、発声の基本を確認します。喉を開いているか、口はしっかり開いているか、姿勢を正しいか、などです。次に、楽に出せる音域の範囲内で高めの音を、ロングトーンで出してみます。しばらくしたら音量を変化させたり、音程を揺らしながら、そのあたりの音域を自分のできる範囲で安定して発声できているかを確認します。

・喉の力みを抑えつつ腹筋を使う
床に座って膝を立て、脚は開いて安定を保ちます。そのまま後ろに倒れながら鼻からゆっくり息を出します。それを数回繰り返しましょう。元の位置に戻ったとき、自然に息が吸えているはずです。きちんと息を吐ければ吸うことも自然にできるのです。
倒れた状態では、おへその辺りを見るようにしましょう。同じ動作を繰り返しながら、今度は適当な高さの音を鼻から吐く息と一緒に出して伸ばします。しばらく繰り返します。続いて、出す声を三つに分けます。一番最初は二番目よりも4度低い音を意識します。三番目は一番目と同じ高さとします。二番目は自分が出せる限界音域としましょう。これを何度か繰り返します。そして、それを半音ずつあげていきながら繰り返します。

・身体の支えを作る
姿勢正しく立ちます。そこから大きく前後に足を開きます。そして、ドミソミド、ドミソド↑ソミドと発声します。楽に出せる音程からはじめて、半音ずつ上げていって、地声の高音限界まで上げていきます。発声しながら同時に、身体を動かしていきます。発声しながら膝を曲げ、姿勢を崩さずに腰を下へ下していきます。最高音では、一番深く腰を落とします。これを何度か繰り返します。身体の芯を安定させるトレーニングです。

・腹筋と背筋を意識する
上の動作をしながら、腰を落として、最高音を出す前に間をとって、膝を伸ばしつつ、上体を軽く後ろに反らしながら最高音を長めに出します。その時に、腹筋と背筋にかかる力を意識してください。両手に少し重いものを持って発声してもよいです。

・喉を開く
ここまでトレーニングをしてくると、喉の奥の方が落ちてきて喉が閉じがちになっているかもしれません。そこでフォーム調整を兼ねながら「喉を開く」ことに重点を置いたトレーニングをします。音の動きは上と同じです。姿勢を正して、まず片手で真上を指さし、その状態から肘の力を抜いて、肘から上を頭の後ろに垂らします。これが基本の構えになります。そして、音が上がって行くのに合わせて頭上高くを指さします。ゆっくり上げていって、最高音でちょうど指が真上を指すようにします。その時に、手の動きに合わせて、眉と鼻の穴、喉の奥の方が徐々に上がっていくイメージを持ってください。

Advertisements

高い声を出すために~ファルセット~

ファルセットというのは、いわゆる裏声のことです。
地声で広い音域を出そうとするとのどに無理がかかりますし限界がどうしてもあります。
ぜひこのファルセットを自由に使えるようにボイストレーニングをしてみてください。
ファルセットで出す声の美しさというのもあります。コツもありますので、
ぜひ練習されてみることをお勧めします。

ファルセットには大きく分けて3種類あります。
①裏声
②ヘッドボイス
③ホイッスルボイス
です。どのファルセットも通常の地声(チェスト)とは発声の仕方が異なりますので、
慣れるためにチェストのボイストレーニングとは別に分けて行う方がよいです。

あなたは裏声をだせますか?なかには、出し方が分からない方もいらっしゃると思います。
そんなかたは、まずリラックスしてのどを開くことから始めましょう。
のどを開く、というのは下の奥(舌ののどの方の場所です)をぐっと下にさげることです。
うがいをするときにのどを大きくひらいてごろごろしますよね。
あの時、のどが自然に開いているのです。あの感覚を再現してみてください。
意識しすぎると不自然に体に緊張感がでてきたりしますので、よくわからない場合はとりあえずそういう方が裏声が
出しやすいということを覚えておいて、折々にのどを開ける練習をしてみてください。
こころもち、気持ちばかりのどが広がればそれでOKです。
小さな声でやわらかく声を出してみましょう。吐く息は大目になります。抜けていく感じです。
いろんな音程を出してみましょう。小声で出すことができてきたら、だんだん大きな声にしていきましょう。
向う側の壁にぶつけるような感じです。この裏声だけで歌えるようにトレーニングしてみてください。
裏声を使うという感覚がだんだんつかめてくると思います。

ヘッドボイスは普通の裏声に比べて強い裏声です。声の当たりが強い感じです。
へヴィメタルでの歌い方に使われています。ロックのB’z稲葉さんもよくつかわれている発声方法です。
このヘッドボイスの練習は、ふつうのファルセットに十分慣れてから行ってください。
少し声の出し方が異なるので、混乱が起きやすいのです。

ホイッスルボイスは、のどの声帯をかなり閉めた状態でだします。
のどで口笛を吹くように、のどのあたりで隙間をつくる、声帯の隙間から出てくる息もれの音であるともいわれます。
このホイッスルボイスも、練習する場合はヘッドボイスがある程度形になり高音まで出るようになってから
やってみてください。やりすぎはのどを痛めますので要注意でもあります。

音域を広げて、楽しく歌うために必要なファルセットの紹介をさせていただきました。
練習しているうちに突然でるようにもなったりするので、是非挑戦してみてくださいね。

音域をボイストレーニングで広げてみよう

細い声で鳥の鳴き声の様なボーカルが居たとします。その人は一体どうやってボイストレーニングを受けてそこまでの音域を広げて鳥の様な声を手に入れたのでしょうか。
楽器でいうと(クラリネット、チェロ、サックス、バイオリン、ホルン、アルトサックス、ギター、ピアノ、トロンボーン、チューバ、ベース、ティンパニ、オーボエ、テナーサックス、などどの楽器でも音域は存在します。)それぞれの音域があり、どのように練習しようともその範囲は全く変わることはありません。演奏者の技術で出せない音もありますが、楽器の音域は変化することはないでしょう。
しかし、声の音域は違います。ボイストレーニングでいくらでも伸ばす可能性があります。声の音域は音域を広げるトレーニングで伸ばせます。ここが声の最もメジャーな楽器の一番の持ち味でもありとても素晴らしい所です。特に高音域は発声練習によってより伸ばしやすくなるものです。今出せる音域が自分の声の限界だなんて絶対に思わないでください。音域を広げるためのボイストレーニング方法は存在します。

アーティストが音域が広く自分が狭いからかわからないと思う必要は全くありません。音域は広げ方を知ってしまうことで案外簡単にそして楽に広げることができます。正しいボイストレーニングをしているなら音域を意識しなくても広がったりしますから大丈夫です。低音域に関してボイストレーニングでもなかなか広げることが難しいと言われています。声の太さに関して言うと素人の場合は低音域は浅い響きしかしないことが多いからです。そういう意味では声を太く響きの良質なものにしていくボイストレーニングがいきます。音域調査を行なってみて今とボイストレーニング後の成長した声を比べるうと2から3オクターブ広がることもあります。思い切ってマライヤ・キャリーの様な音域を目指しても夢ではないでしょう。

ここで音域を広げるためのボイストレーニングを紹介します。
息をあえて多く含んだ声(裏声)でほーと発声します。音域を広げる為に練習をするので気をつけてほしい点があります。喉を痛めないようにすることです。この方法は無理がないのでオススメです。低音域から初めて1ずつキーを上げます。高くてこええが出せなくなるまでキーをを上げて行きましょう。意識は高い音域になるにつれて体の下の方から声を出すつもりで出します。毎日これを繰り返すことによって音域が広がって行きます。決して声帯が今よりも長く伸ばせるようになるトレーニングではなくもともと出せるはずの高音域を出せるような体の使い方を覚える方法だと思って音域のボイストレーニングを行いましょう。

ボイストレーニングで音域を広げる!

今回は音域を広げるためのボイストレーニングについて紹介していきたいと思います。
カラオケなどで好きな歌を歌う際、声が出なくて音域を上げたり下げたりして歌ったことってありませんか?
でも、音域をある程度下げても対応しきれない曲もありますよね。ボイストレーニングで声の使い方、出し方などを
学ぶことで、こういった難しい曲も歌いこなせるようになったり、楽に歌えるようになったりするんですよ。

まず低音が苦手な方から。地声が高めの方は低い音を出すのが苦手の傾向にあります。
低音の発生はのどを大きく開く必要があります。ですので、息が比較的早く多めに出ていくので、
肺活量の足りない方、腹式呼吸で息を吐く際の調整をすることに慣れていらっしゃらない方は
低声を何とか出せても息が足りなくなってしまい、歌を歌うどころではなくなってしまうのです。
この状態になりがちな方は、腹式呼吸で歌うことを心がけてください。
腹式呼吸そのもののトレーニングも行ってくださいね!
また、低音を出すときのコツがあります。
あごを少し引き喉をリラックスした状態に開いてください。肺のあたりからのどを通って声を出すイメージを描きながら
歌ってみてください。重厚なひびきの低音が出やすくなるはずです。

そして高音が苦手な方。地声が低い方に多いのですが、この悩みを抱えている方はとても多いです。
ある程度訓練を重ねれば、現在の地声の限界をのばすことはできます。
呼吸の仕方や、長く伸ばした音であるロングトーンを鍛える、自分の出る最高の高さの音を出す…などの方法で
地声が出る高さをより高くすることはできるんです。正しい発声で、自分の声を鍛えることが大切です
ただ、地声というのはどうしても一定の限界がきます。
じゃあ、それ以上の高さの声は出せないの?
いいえ、そうではありません。
テクニックを磨くことで、それ以上の音域も出せます。
つまり裏声(ファルセットといいます)やミドルボイス・ミックスボイスという中間音域を自然に出せるようにトレーニングを
かさねていくことで、地声よりもかなり高いところの音域まで出せるようになります。
そのほか、リップロールやタングトリルというテクニックを使いこなすことで、歌える音域がひろがります。
ただし、発声の仕方によっては不要に喉に負担をかけるようなことになることもありますので、
自分一人でボイストレーニングする際はのどのケアに努めてくださいね。

音域の広げ方のコツについて

歌を上手に歌うためには、ボイストレーニングで音域を広げておくことが求められます。
歌を歌うにあたっては、普段話し声に使うような声の高さとはかけ離れているような、さまざまな高低の音を的確に使い分ける必要があると言えるでしょう。
男性歌手であっても、サビなどでは高音を多用しているケースがとても多く、カラオケで原曲キーのまま歌うためには高音の練習をしておく必要があります。
高音というものは、ボイストレーニング初心者にとって本当に難しく感じるでしょうし、苦手に感じることがほとんどです。
高音のトレーニングは、裏声を鍛えることが重要です。
裏声の練習を少しずつ積み重ねていくことによって、高音を強く美しく出せるようになるので、今全く高音が出ないといった人も大丈夫です。
何のトレーニングもしてない状態で出せる音域というものは、一人一人の声質が違うように、それぞれ違うものです。
音域が幅広いからといって、一概に歌唱力に結び付くわけではないのですが、いろいろな歌のバリエーションを増やすにあたっては音域の拡張は避けて通れない存在であると言えるでしょう。
しかし、ボイストレーニングによって幅広い音域をどなたでも手に入れられることが出来るので、練習が大切です。
一般的に、苦手とする音域は自分の話し声から遠いことが多いです。
全ての人にあてはまるわけではありませんが、高音が苦手な方は、普段の話し声が低かったり、低音が出にくい方は、普段の声が高い方が多いです。
低音を出すコツとして、あごを引くことが挙げられます。
喉を開くようにして、声を胸のあたりに響かせるように声を出してみると、低音が出やすいです。
低音は響きも重要なので、息をたくさん吐き出すことと、胸のあたりを意識することがおすすめです。
練習するうちに、だんだんと出やすくなったり、感覚をつかめることもあるので、いろいろと自分に合った方法を探ることが一番のおすすめです。
そして、次に高音のコツについて紹介します。
高音を出す時には、腰を少し落とすようにしながら、お腹の少し下らへんの部分(丹田)に力をぐっと入れます。
丹田に力を入れると、高音はおどろくほどスムーズに出やすくなります。
あまり喉のことばかり考えないで、上半身は力を抜きましょう。
喉や首や肩の力が抜けたら、呼吸を大きくおこないましょう。
息をしっかりと吸って、リラックスした状態で、軟口蓋を挙げて声を出します。
遠くにいる人に聞かせるようなイメージで、声を出すと、声量が上がりやすいです。
そこで注意したいことは、叫ぶのではないということです。
歌声として発声しながら、上に突き抜けていくようなイメージでやさしく声を出してみましょう。

高い声を出せるようにするには

ボイストレーニングに取り組まれる方の目的として、音域をもっと広げたいといったことが挙げられます。
最近は男性のアーティストでもキーが高い曲がとても多いですし、音域が幅広い曲などもよく見受けられます。
サビなどの高音を喉を痛めずに歌いたいといった目標や、カラオケで原曲キーのまま好きな曲を歌いたいといった夢を、ボイストレーニングで叶えることが出来ます。
苦手とする音の高さは個人によって差がありますが、一般的に地声が低ければ歌唱の際には高音を苦手とされる方が多いものです。
普段の声が低くてももともとの生まれつきだからといって、高音の習得をあきらめてはいけません。
まず、地声の高さをアップさせる方法として、腹式呼吸を使って喉を開いて声を出してみることが基本です。
おへその少し下の丹田と呼ばれている部分に力を入れて、あごや首などはガチガチにならないようにリラックスしましょう。
喉を開く、といってもいまいちイメージがつかみにくい表現でありますが、口を開けてあくびを我慢しているような状態を真似してみると、感覚がつかみやすくなるのでおすすめです。
また、喉を開くためには割りばしを利用して練習することも有意義です。
高音の練習は喉を痛めやすいことが多いので、喉を締め付けないようにするために割りばしを利用します。
まず、用意するものは割りばし2膳です。
どちらも割らないまま太い方を口に入れ、両方の奥歯で支えます。
やっている途中は滑稽な格好ですが、喉を締め付けないで開くといった感覚をつかむためには、非常に理解しやすい練習方法です。
このように正しい感覚で歌えるようになったら、次は裏声を出してみることに挑戦しましょう。
裏声は、声が裏返った時の声をイメージするとわかりやすく、普段の話し声や地声とはダイナミックさや声質が大きく変わってきます。
女の子の物まねをするような感覚で、いつもよりも高く普段使っている声とは違った性質の声を出してみると、裏声の感覚を掴みやすいです。
裏声は、最初はとてもよわよわしく声量も確保しずらいものですが、練習を積み重ねていくうちに自然と声量アップが期待できます。
裏声の声量を強くすることが出来ますと、地声と裏声との混ぜ声であるミックスボイスを習得することにも繋がります。
ミックスボイスとは、裏声と地声の良いところどりのような存在であり、地声のような質で声量が確保された声にもかかわらず裏声のような声域の幅広さを持ち合わせており、負担をかけにくく出せるものであります。

音域の広げ方(高音・低音)

音域を広げたい方は、毎日少しずつ練習するとよいでしょう。今まで出したことの無いような高い音に、急にチャレンジしてしまうと、ノドを傷めてしまうことがあります。すぐに治る、軽い炎症程度ならよいのですが、本格的に声帯を傷めてしまい、声が枯れてしまった、という方は大勢いらっしゃいます。音域を広げるためのトレーニングは、できるだけ「安全」な方法を選択しましょう。
音域を広げる、オーソドックスで、もっとも効果的なトレーニングは、鍵盤などを使って「ドレミファソファミレド」から順に、半音ずつ上げて練習していく方法です。ボイストレーナーに弾いてもらうのが理想的ですが、自分で練習する場合は、いきなり高い音にいってしまわないように気をつけましょう。「このくらいは余裕で出せるな」と思っても、必ず半音ずつ上げていくようにします。また、長時間のスパルタなトレーニングも厳禁です。プロの声楽家は、長時間声を出しっぱなしにするような無茶な練習は行いません。長時間練習をする場合も、適宜、休憩をとるようにします。
楽しんで練習したいときは、今の自分の音域よりも少しだけ高い音の音楽に合わせて歌う練習をするとよいでしょう。車の運転をしながら、あるいは、お風呂の中でCDを流しながら歌っているうちに、いつのまにか出ない音が出るようになる、という、魔法のような楽しいレッスンです。この練習は「楽しみながら」行うのがコツで、「はやくこの音を出せるようになろう」と無理をしないことが重要なポイントです。
また、よく「高い音は訓練すれば出るようになっても、低い音は訓練しても出るようにならない」と言われますが、これは神話です。低い方の音域も、ある程度までは、訓練をすれば広げることができます。
低い音も、高い音と同じように少しずつトレーニングしていきます。曲を使う場合も、自分の音域よりも少しだけ低い曲を使い、それに合わせて練習をするようにします。CDなどに合わせて歌おうとするとき、自分の今の音域よりも低い音は、はじめは音が出ないと思いますが、音が出なくても、「息」で歌うようにします。つまり、音が出なくてもあきらめずに、ノドや口を動かす、ということです。毎日少しずつ、あきらめないで行っていると、そのうちに音が出るようになってきます。しかし、痛みなどがある場合には、トレーニングは中止しましょう。
音域を広げるための無理なトレーニングで枯れてしまった声は、元に戻らない事があります。そのことを肝に銘じて、「毎日少しずつ」をこころがけましょう。