Tag Archives: 音程

リズムと音程

・リズム感を養うには。
ロックやジャズなど外国で生まれた音楽は日本人にとってリズムを取るのが難しい音楽です。
しかし、歌を歌う上で、リズム感がないのは最悪ですので訓練してリズム感を鍛えましょう。
訓練方法は以下の通りです。
自分で☆を何個か書き、拍を取るところを★で書きます。
★、☆、☆
☆、★、★、☆
☆、★、☆、★、☆
このように書いていきメトロノームを使って拍を取る練習をしてください。
これができない場所の場合は洋楽を聴き、リズム感を養うと言うやり方でもいいです。

・音痴になぜなるのか。
音痴はほとんどの場合、後天的な影響が大きく環境によって左右される現象で、あまり、音楽に縁がなく歌を歌ってこなかったりして練習量が足りない人に多いです。
ですので、今からトレーニングをすれば、音痴は治ります。
自分が歌ったものを録音して元の歌と聞き比べるだけでも違うので、毎日練習してみてください。
自分は音痴だと気にしすぎるのもいけないので気楽にトレーニングに励みましょう。

・音程をはずしてしまう
音痴ではないにしろ、曲の一部分だけはずしてしまう方は意外に多いです。
プロのミュージシャンでさえ半音ずれるようなことは多々あります。
歌いたい曲を初めから丁寧にメロディーを聴いて、歌ったときに今歌っているメロディーの先の音程をイメージしておくようにしましょう。
フレーズを区切って覚えるのも効果的です。

・音痴の人と音程がずれる人の違い
音痴の人は自分が歌ったときに音程が外れているのに気がつかないのが特徴です。
音は空気の振動によって伝わるのは皆さんご存知だと思いますが、自分が発した声は骨を通して直接耳に届きます。
これを骨伝導と言うのですが、自分の声をレコーダーに録音して聴いてみると自分はこんな声だったのかと驚くことがありますよね。
それは空気を通して伝わるのではなく、骨から直接耳に伝わるからなんです。
スピーカーから空気を通して伝わる音程と自分が歌うときに骨から伝わる音程を正しく合わせられない人が音痴といわれる人です。

音程がずれるだけの人は喉の動かし方や声の出し方がわかっていないために特定の音の発声になると音程がずれてしまう人のことで、この人たちはずれている自覚があるので、音痴の人よりはトレーニングで歌をちゃんと歌えるようになるまでの時間が短くてすみます。
どちらにも言えることですが、直すには諦めずに何回も歌い歌うことに慣れる努力を怠らないことが一番音痴を直す近道です。

Advertisements

声量をアップさせるためのボイストレーニング

歌を確実にうまく歌っていくためには、声量というものが大事になります。
大きな歌声を出していくということを行っていく必要性があります。
歌というものが、出すところはしっかりと声を出して対処していく必要があるのです。
しかし、中にはどうしてもおおきな声が出しにくいという方もいます。
また、おおきな声は出せましても、
その声がかすれてしまうというようなことも考えられるのです。
そういった事ではいけませんので、
しっかりと声量をアップさせる方法を考えていくといいのではないでしょうか。

声量をアップさせるためには、ボイストレーニングをしていく必要があります。
しかも、それほど難しくない存在となっています。
例えば、声量をアップさせる方法としますと、ペットボトルを使ったものがあります。
有名なものですので、知っている方も多いでしょう。
呼吸法を覚えていくことにもなりますし、腹式呼吸を覚えていくことにもつながります。
おおきな声が出せる以外にも効果を持ってくる可能性があるのです。

では、その声量をアップさせるということでペットボトルを使っていくものですが、
まずは一気に息を吐き出していくようにします。
そしてその時点でペッドボトルを加えます。
そのペッドボトルがへこむくらいに息をすいます。
その後におおきな声を出していくというものです。
たったそれだけで、
声量をアップさせるようなボイストレーニングをしていくことができるようになるのです。
ただし、1回だけで大きな声が出せるわけではありません。
上記したペットボトルを持ちいたボイストレーニングを複数回行っていくことがお勧めになります。
毎日少しずつでもよろしいです。
しかし、忘れることなく行う必要性があります。
おおきな声を出すということは技術的なものもありますが、
コツというものをつかんでいく必要性があるのです。
コツをつかむためには複数回の練習がどうしても必要になってくるというわけです。

また、バケツをかぶって歌の練習をするという方法も実際にお勧めになります。
おおきな声を家の中でも出しやすくなる方法です。
しかも、バケツをかぶる方法は自分の声を聴きやすいというメリットも存在しているのです。
音程の確認がしっかりとできるようになりますので、
二つの声量アップのためのボイストレーニング方法ですが、
全く難しいものでもありませんので確実に利用していかれるといいのではないでしょうか。
それほど難しいものでもありません。