Tag Archives: 高音

高音をすんなり出すためのポイント

歌を歌う時、「高音がニガテ」という方は多いと思います。得意な音域は上手く歌えるのに、高音になると途端に声が出なくなってしまうなんてこともありますよね。

ここでは、そんな「高音オンチ」を改善するためのポイントをご紹介。自分でできるボイストレーニング法として、ぜひ実践してみてくださいね。

1,体の力を抜く
高音が出ないという方に共通しているのが「体に力が入りすぎている」ということ。特に、胸や肩など上半身に力が入っていると、体の重心が上にきてしまい腹式呼吸が乱れてしまいます。

歌を歌っている最中に首・肩を回してみる、上半身を左右にぶらぶらさせて力を抜いてみるなどのトレーニングが有効です。
もちろん、体を動かしながらだと歌いにくいものですが、まずは力を抜くのが先決。力が抜けて腹式呼吸で歌えるようになってくると、たとえ上半身を動かしていても一定の声量を保って力強い歌声が出せるようになりますよ。

また、床に仰向けに寝て声を出してみるのも効果的なトレーニング法。天井を真っ直ぐ見つめたまま自分の得意な音域で「アー」と声を出してください。
この時、手をへその下あたりに置いて、腹から声を出すことを意識。気持ちよく声が出たら、次は一段階上の音域で「アー」とロングトーン。いつもより楽に声が出ているはずです。

2,軟口蓋を上げる訓練をする
高音が出にくいという方は、歌っている時、口腔内がべしゃっと潰れた形になっていることがほとんど。口腔内に十分な広さが無いため声が響かず、キーキーと苦しそうな声になってしまうわけです。

軟口蓋とは、上あごの少し奥、咽頭の前あたりの部分を言います。舌先を喉の方に伸ばしてみると、ちょうど「硬い部分」と「軟らかい部分」の境目あたりに触れることができるかと思いますが、この「軟らかい部分」が軟口蓋です。

この軟口蓋を上に広げるようなイメージで口腔内のスペースを確保すると、自然に喉が開き、高音がきれいに出やすくなります。ちょうど、あくびをする時の感じですね。卵が喉の奥にあるような感じをイメージしてもいいでしょう。

軟口蓋が上がっている状態(口も開けてください)で、ハミング。鼻に触れてビリビリと振動していたら成功です。
上手くいったら、ハミングをしだいに「アー」に近づけてください。「ンーアー」という感じです。この時の音域は、自分の出しやすい範囲で結構です。

どうでしょう。いつもよりもよく響く声が出たのではないでしょうか。慣れてきたら、軟口蓋がしっかり上がっているか、体の力は抜けているかを確認しながら徐々に音域を高くしていってください。

高音をいつでもすんなり出すというのは、実はプロでも難しいもの。腹式呼吸、軟口蓋を上げるといった基礎的なトレーニングを続けていくことが肝心です。

Advertisements

ファルセットをマスターすると感情に訴える歌が歌える

ファルセットとは、声帯を開き気味にし、息漏れさせた裏声のことです。
ファルセットが出せると、感情に訴える繊細な声を作ることができます。
息漏れが多く、ソフトで声量も控えめ。これがファルセットです。

高音の発声法と思ってしまいますが、音程とは関係なく、
開き気味になっている声帯の状態を指す言葉です。

ファルセットのとき声帯は、開き気味になっているため、多量の息が流れ込み、
声帯の端だけが振動しています。

ソフトな裏声なので、簡単に出来そうに思ってしまいますが、
実は歌うときに、かなりのパワーを必要とします。
横隔膜の筋肉の訓練が出来ていないと、ファルセットはうまくできません。
ファルセットを覚える前に、まず腹式呼吸法や丹田呼吸法をマスターすると良いでしょう。

ファルセットを歌うには、パワーが必要と言いましたが、
肩や喉に力が入っていては、ファルセットは歌えません。
全身をリラックスさせることが重要です。

ファルセットを出すときは、頭の後ろの方を響かせるようにしてください。
その際、喉は1本の筒のようなイメージで、そこを空気が通り抜けるような感じです。
その声を後頭部に当てるようにして発声します。
その感じで「アー」と裏声で声を伸ばしてください。
そのまま徐々に力を抜いていき、声を息漏れさせていきます。
音が、頭を抜けて上空に舞い上がっていくようなイメージです。

声を息漏れさせるかさせないかは、声帯の開け閉めで調整されます。
声帯を閉じれば声は響き、力強くなります。
反対に声帯を開けると声は息漏れし、弱々しくなっていきます。

ファルセットをうまく出すには、
裏声の状態で声帯の開け閉めを自在にコントロールすることが肝心です。

喉や首、肩、お腹に力が入っていると、美しいファルセットは出せません。
ファルセットのとき声帯は、薄く伸びている状態になります。
声帯が縮んでしまっていたら、ファルセットを出すことはできません。
声帯を薄く伸ばすためには、全身をリラックスさせた状態でなければなりません。

裏声には、ファルセットのほかに、ヘッドボイスとホイッスルボイスがあります。

ヘッドボイスとは、芯がある強い張りのある声のことです。ヘヴィメタルの歌い方です。
ヘッドボイスは頭蓋骨に響く声です。叫び声とは違います。

ホイッスルボイスとは、超高音の声のこと。マライヤキャリーのような声をいいます。
声というより、声帯の隙間から出る音のイメージです。

声の響きを訓練するのにハミングの練習は最適ですが、
ハミングはファルセットではありません。

ファルセットが出来るようになると、より感情に届く歌が歌えるようになります。
声帯の開け閉めをうまくコントロールして、いろいろな声質を出せるように練習してください。

ミックスボイスの基礎知識と練習について

ボイストレーニングを習っていると、高い声を出すことの難しさに気付かされるものです。
高い音を出そうと思うと、喉が引っ張られるような感覚を覚えたり、声の大きさがガクンと下がったりと、違和感を感じられる人が増えます。
高音を克服するためには、ミックスボイスの習得が必要不可欠です。
ミックスボイスは、裏声の一種です。
地声と裏声が混ざり合った声ということから、一般的にミックスボイスやミドルボイスなどと言われています。
ミックスボイスは、多くの歌手に利用されています。
高音が魅力の男性歌手の曲のサビなどで、多用されていることが多いです。
声楽的なオペラやクラシックだけでなく、普段からなじみ深いJ-POPやロックなどでも使われているので、無意識のうちに耳にしている人がほとんどでしょう。
音が高いのに声量が維持できており声質に変化が無いということで、一見地声のように聞こえますが、実はそれは地声ではなくミックスボイスです。
ミックスボイスを習得すると、まるで地声並みのパワフルな声をキープしたまま、裏声の声域を歌いこなすことが出来ます。
一気に歌える音域が増えますので、歌唱力アップに大きく役立つことでしょう。
しかし、地声で高音を出すことが出来る方などは、ミックスボイスの習得が必要ないとお感じではないでしょうか。
地声を無理して張り上げなくなることによって、喉に負担をかけにくくなりますし、高音が綺麗に歌えるというメリットがあるので、地声に自信がある方もミックスボイスの習得がおすすめです。
ミックスボイスで出せる音域は地声と比べるとものすごく広いですし、女性歌手の曲をキーを変えずに歌うといったことも練習によっては不可能では無くなります。
そこで、いよいよミックスボイスを練習してみましょう。
ミックスボイスは、地声では無く、裏声の一種なので、まず裏声を出せるスキルを身に付けることから始まります。
裏声は、普段の生活で使っている話し声よりも高いので、高い声をやさしく出してみましょう。
「ホー」と叫んでみたり、アニメのキャラクターなどの声真似をするとわかりやすいかもしれません。
裏声は、練習によってどんどんと力強くすることが出来ます。
裏声をだいたい出せるようになったら、今度は声帯を閉鎖しながら声を出してみます。
声帯閉鎖といいますと、実感がわきにくいですが、呼吸に関連深いです。
息を吐いて、そこから息を止めた状態を維持するとイメージしやすくなります。
息を吐いているときは、声帯が開いていますが、息を止めているときには声帯が閉じている状態です。
喉の奥らへんに意識を注ぎ、イメージをふくらませると声帯が動いていることがわかりやすいです。
息を止めた状態で、声を出してみると、ミックスボイスの感覚をつかみやすいです。

音域をボイストレーニングで広げてみよう

細い声で鳥の鳴き声の様なボーカルが居たとします。その人は一体どうやってボイストレーニングを受けてそこまでの音域を広げて鳥の様な声を手に入れたのでしょうか。
楽器でいうと(クラリネット、チェロ、サックス、バイオリン、ホルン、アルトサックス、ギター、ピアノ、トロンボーン、チューバ、ベース、ティンパニ、オーボエ、テナーサックス、などどの楽器でも音域は存在します。)それぞれの音域があり、どのように練習しようともその範囲は全く変わることはありません。演奏者の技術で出せない音もありますが、楽器の音域は変化することはないでしょう。
しかし、声の音域は違います。ボイストレーニングでいくらでも伸ばす可能性があります。声の音域は音域を広げるトレーニングで伸ばせます。ここが声の最もメジャーな楽器の一番の持ち味でもありとても素晴らしい所です。特に高音域は発声練習によってより伸ばしやすくなるものです。今出せる音域が自分の声の限界だなんて絶対に思わないでください。音域を広げるためのボイストレーニング方法は存在します。

アーティストが音域が広く自分が狭いからかわからないと思う必要は全くありません。音域は広げ方を知ってしまうことで案外簡単にそして楽に広げることができます。正しいボイストレーニングをしているなら音域を意識しなくても広がったりしますから大丈夫です。低音域に関してボイストレーニングでもなかなか広げることが難しいと言われています。声の太さに関して言うと素人の場合は低音域は浅い響きしかしないことが多いからです。そういう意味では声を太く響きの良質なものにしていくボイストレーニングがいきます。音域調査を行なってみて今とボイストレーニング後の成長した声を比べるうと2から3オクターブ広がることもあります。思い切ってマライヤ・キャリーの様な音域を目指しても夢ではないでしょう。

ここで音域を広げるためのボイストレーニングを紹介します。
息をあえて多く含んだ声(裏声)でほーと発声します。音域を広げる為に練習をするので気をつけてほしい点があります。喉を痛めないようにすることです。この方法は無理がないのでオススメです。低音域から初めて1ずつキーを上げます。高くてこええが出せなくなるまでキーをを上げて行きましょう。意識は高い音域になるにつれて体の下の方から声を出すつもりで出します。毎日これを繰り返すことによって音域が広がって行きます。決して声帯が今よりも長く伸ばせるようになるトレーニングではなくもともと出せるはずの高音域を出せるような体の使い方を覚える方法だと思って音域のボイストレーニングを行いましょう。

声域を広げるためのボイストレーニング

声域を広げることは容易ではないかもしれません。しかしトレーニング次第で広げることができます。まず高い音に関してです。トレーニングの仕方は、自分が出せる最も高い音を、苦しくないと感じる力で、安定して出せるようにします。それには腹式呼吸を上手に行い、喉ではなくお腹から声を出す必要があります。おなかが膨らむまで息を大きく吸い込みます。お腹に手を当てながらそれがへこむのを確認しつつ、高い声を出します。そのとき、自分の声が震えてしまう一歩手前が自分の最も高い音です。この最高音を出すことを繰り返し行っていくなら、それを楽に、しかも安定して出せるようになります。これができるようになったら、今度はそれよりもさらに高い音を出します。これまで苦しく感じながら出していた自分の最も高い音を楽に出せるようになったということは、さらに高い音が出せるという証拠です。このトレーニングを繰り返していくことで、高音域を広げることができます。もちろん限界はあります。しかしこのトレーニングによって最高音を比較的楽に出すことができるようになりますので定期的に行うことは非常に効果的です。次に低音域です。低い音が出せるかどうかは声帯に長さが関係してくるため、高音域を広げることよりも難しいことは確かです。しかし高音域を広げるのと同じ方法で、低音域も広げることができます。どちらかというと高音は、頑張り次第で出すことが可能ですが、低音を出すことはかなり技術を要することです。それで低音の場合はそれを上手に出せたときの感覚を覚えることが非常に重要です。低い声を出せたときの感覚を忘れることがないように、繰り返し練習することはとても効果的です。また低い音を出すトレーニングをするときは、「お」を発音するとトレーニングがしやすいです。このようにして広げられた音域を効果的に用いて、上手に歌を歌いたいと思っておられる方は、最低音から最高音まで、トーンを徐々に上げていくトレーニングや、低音からいきなり高音をだすトレーニングを行うことができます。このトレーニングを行うことで、変化に富んだ曲調の曲を難なく歌うことができますし、一番盛り上がるサビの部分を力を抜いて歌うことができます。この音域を広げるためのトレーニングは、定期的に行うこと、そして続けることが大切な要素です。少し大変かもしれませんが、音域を広げることで歌える歌のレパートリーはかなり広がりますので、歌うことがさらに楽しくなることは間違いありません。

ヘッドボイスと使いこなしていくためのボイストレーニング

歌は裏声が特に重要なものになります。
裏声を使いこなせませんと、下手に聞こえてしまうようなこともあるのです。
下手に聞こえてしまうような裏声はよろしくありません。
ただし、裏声にもいくつかの種類があります。
そのいくつかの種類をボイストレーニングで手に入れていくべきです。
それを曲の中が使いこなしていくようになさるべきです。
それほど難しいものではありませんので、
しっかりとチェックしてみるといいのではないでしょうか。

そこで裏声の一つですが、ヘッドボイスというものがあります。
ヘッドボイスというものですが、裏声の出し方の一つになっています。
特にクラシックといったものなどで使われる裏声の出し方となっているのです。
ソプラノ歌手などがよく使いこなしているのです。
高音域を奏でる方法として使う一つの声の出し方となります。
そのようにプロの方が利用しているものですが、
何もプロだけが習得しているものではありません。
一般の方も利用していくことができます。
そもそもボイストレーニングでしっかりと身につけることもできるのです。
最初は難しく誰しも思ってしまいます。
ただし、身につけるためのボイストレーニング方法もあります。

まずトレーニングのテーマとしまして、息漏れをしていないということが重要になります。
そして喉が開いているという特徴も必要です。
以上の二つに注目をしまして、
ボイストレーニングをしていくということがどうしても必要になってきます。

息漏れにつきましては、マイナスも多いです。
息漏れしていると、息が漏れたような音がします。
すーっというものが聴こえてしまうことがあるのです。
結果的に、息も長く続かなくなります。
長い時間、高音を出していくことができないこともあり得るのです。
息漏れに確実に対処していくことがヘッドボイスにはどうしても必要です。

また、喉が開いているという部分ですが、
開いていますとふくらみのある裏声が出るようになります。
まさにクラシックのソプラノ歌手のような声になっていくのです。
高音域でも喉を開けるように練習を繰り返していくことが大切になります。
例えば、男性でしたら女性の曲を何度も練習していくといいのではないでしょうか。
女性の曲を確実に歌えるようになりますと高音の練習にもなります。
そして喉の使い方も熟知していくことができるのです。
喉が閉じていてはなかなか女性の曲を男性は歌えません。
また、女性でありましても、
特に高音が多い曲を練習していくことで喉の使い方がしっかりと理解できるようになります。

ボイストレーニングの重要さ

声を出すしくみとは、声帯を息で振動させて音を出すという簡単な事です。
その振動が速ければ高く、また逆に遅ければ低く響きます。

また、振動は大きければ強く、小さければ弱く小さい音に響きます。

人間は無意識にこれを応用して
低い声、高い声、大きい声、小さい声を使い分けています。

歌うという時には、
この簡単な原理を緻密にコントロールする事が必要になります。

このコントロールが上手くできれば、
自分の身体のなかに素晴しい楽器を持つ事になるのです。

では本題に入りましょう。
どのようにすれば コントロール出来るようになるのでしょうか?

簡単に言えば、神経 とその指令を受けて適格に働く筋肉を鍛える事です。

主に、腹筋、背筋、首、肩などの筋肉の働きが発声のために必要になります。

声帯をうまく振動させれなければ、
音程も音量も適格にコントロールできません。

また、声帯を振動させる為の息も、
その送りだす量やスピードの調整が適格でなければ、
低い声から高い声まで綺麗に響きません。

更に喉のなかの空間の広さも声の音質に関わります。
母音による響きの違いも把握しなければなりません。

このように、発声のコントロールは大変な事に思うことが多いと思います。

確かに自由自在にコントロール出来る事は決して簡単ではありません。

しかしこれも、ステップ バイ ステップでボイストレーニングする事で、
必要な神経と筋肉をつくる事ができます。

声には、地声、 裏声、ハーフミックスボイスの3種類があります。

人により持っているレンジ(音域)は、
元が低めの人、高めの人と様々です。

その音域も、低いほうは無理ですが、
高域はトレーニングによってのばす事が可能です。

高い声を出そうと思った瞬間に神経が筋肉を縮めてしまい、
自分で首を締めた状態にしてしまいます。
これはつらくて苦しい発声です。
これもまた前に述べたコントロールができないせいです。

無理矢理に怒鳴って出してしまおうとしても無理で、
声帯を傷つけてしまう恐れがあります。
余談ですが、歌も好き嫌いのものですから、
このような発声が、人によっては、
たまらなく好きという人がいてもおかしくはありません。
でも歌う本人にとっては、間違い無くつらい事でしょう。

特に地声での高音の発声は、速い振動と強い振動が必要なので、
楽に歌えた低音の時とは違った息の調整や、その為の筋肉の使い方、
更に喉の空間の開け方を要求されます。
要するに、息の送り方が重要なのです。 
そこで、ブレス(息継ぎ)の大切さが出て来ます。

歌う時の呼吸では、息をはく方が圧倒的に重要です。
吸う事は意識しない方がいいくらいです。

吸う事に意識過剰になると、よけいな筋肉が働き疲れるだけじゃなく、
肺に入る量も逆に少なくなるからです。
息をはく方は腹筋の使い方がポイントになります。
この腹筋の力で出す息の量やスピードを調整するのです。

短く細切れに発声する(スタッカート)時も、
一息で長く出し続ける(ロングトーン)時も、
共に腹筋が上手く働く事により楽に安定したコントロールができるのです。

低い地声から徐々に高い方に移行して行くと必ず限界が来ます。
その上からは裏声に変えていくのですが、
この裏声(ファルセット)の発声法がとても重要です。 
裏声で発声してる時は喉が締っていないので楽なのです。
これがポイントなのです!