Monthly Archives: December 2008

うまく歌える事で歌がもっと好きになる。恥を捨てて発生練習に臨む事が大事

別名発声練習と言われ、声を大きくだして歌の技術工場を目指すトレーニングをボイストレーニングといいます。
どんな歌の下手な歌手でも必ずボイストレーニングを行っています。
自分の声は自分の中で聞こえる声と、他人に聞こえる声は違うので、客観的に鍛える事によって自信にもつながります。

基本的に大きい声を出すわけですが、気を付ける事は声は出し方によっては喉を痛めてしまい逆効果になってしまうこともあります。
まず小さい声から徐々に大きくなるようにボリューム調節をします。
どの楽器にもピアノとフォルテが存在するように、歌も表現力が大変大事になってきます。強弱の使い方はしっかりと頭にとどめておくのがいいでしょう。

もし教室にい通う事にするなら、そこは自分とは別に人が居ます。
ほかの生徒であったり、先生であったり、他人が居ると人によては恥じらいを感じてしまう事もあるかもしれません。
しかし、恥ずかしがって声を小さく出していてはトレーニングにはなりません。
ストレッチや先生によてはおかしい発生練習をさせるところもあるので、恥じらいは一切捨て、むしろ自信満々になりましょう。
開き直る壁を超えれば自分の新しい可能性が見えてきます。

個人でボイストレーニングをする場合、人に見てもらう機会というのはなかなかありません。
そこで画期的なのがカラオケです。
プロの人でなくてもカラオケ上達の為にボイストレーニングをしている人は多数存在しており、私もその一人です。
カラオケというのは久しぶりに通うとうまく歌えない事がよくあります。それは歌が下手になったのでは無く、マイクに不慣れな事が原因です。
しばらく唄うとすぐなれると思います。

歌が上手い人というのは声質が太いという事もありますが、とにかく声をはりあげて唄う人がとても多いです。演歌歌手やロック歌手のような表現力重視の歌手は歌唱力が必然です。

それを出すための訓練が腹式呼吸です。普段我々は肺呼吸を行っているので突然複式呼吸をしてくださいと言われてもやり方がわからず戸惑ってしまいます。
始めて複式呼吸をする人は、仰向けになって呼吸をしてみてください。
肺では無くお腹に空気が入っていくのがわかると思います。仰向けになると自然に複式呼吸になります。

そのままの体制で高い声、低い声を交互に行い、小さい声から高い声につなげていきます。
オリジナルでも良いし動画サイトなどにアップされている動画などを参照していいと思います。

教室、車内、カラオケ、お風呂の中
それぞれ自分に会った場所で無理の無い発生方法で歌の上達を目指し、うまくなる事で、唄う事が数倍楽しくなります。

Advertisements

ビブラートを簡単に掛けてみよう。

まずはビブラートは何かと言うことですね。ビブラートは波を打つように震わせるように歌う方法をいいます。
このビブラートを上手く使うことで歌が上手く歌うことができますし聴かせる様な歌を歌うことができます。
ビブラートが上手く使えると声量が無い人でも綺麗に聴かせることもできます。プロの方はものビブラートを上手く使いこなします。しかしどうしたらいいか分からない人も多いかと思います。ここでは簡単なビブラートの歌い方の練習法を紹介します。

まず、ビブラートと言うものと音程には関係がないと言うことを知っておきましょう。
2つの音をつなげた状態で発音してみましょう。「あ」となる2つの音を交互に発音してください。
ゆっくりとした発音から始めて徐々に早くして行きましょう。2つの音とわからなくなるくらいのスピードに早くなってくれば
自分でも綺麗なビブラートになっている事がわかります。
音階移動が違和感なくスムーズに行えるようになれば完璧と言ってもいいでしょう。自分なりの音の波というのはそれぞれのスタイルや歌いやすい方法でいいと思います。
わかりやすい練習方法としては自分の真似したいと思う歌手の歌声を聞いてどの部分でビブラートが利いているのかと言うことを見つけて歌の練習をするのが有効的だと思います。とてもわかり易い方法で真似というのは一番簡単だったりします。恥ずかしがらずにおもいっきりやってみてください。

それに加えて声量があればかなり歌が上手く聞こえるので本当に上手な歌声になると思いますからかなりいい練習になると思います。腹式呼吸など基本をしっかりマスターすると自然に出るのですがしっかり練習をすることも大事です。

ビブラートでもいいビブラートと良くないビブラートがあります。
それは熟練されたビブラートは聞き心地の良い物で音楽にも合っています。何より自然です。
しかしちりめんビブラートという細かいビブラートは人工的かつ不安定感のあるものになっています。
素人の方でこのようなビブラートになっている方は多いです。ビブラートをかけすぎて歌の本質を見失いがちになっているからです。しっかり歌のどの部分でビブラートが必要かというのを熟知しないとうまいビブラートはかけれません。またビブラートにばかり気を取られて歌がおろそかになっては本末転倒ですね。
そういったものは逆効果になるのでしっかり必要な箇所で使い、うまいビブラートの活用を心掛けましょう。