Monthly Archives: December 2011

ボイストレーニングで腹式呼吸を覚えて魅力的な声に

歌手やアナウンサーなどがよく行なっているとされる、ボイストレーニングは多くの効果があります。
ボイストレーニングは、声をたくさん使うような専門の職業の方以外からも、人気を集めているトレーニングであり、大いなる実用性が見込めるものであると言えます。
声という存在は、人と人とのコミュニケーションを手助けしてくれる大きな価値があり、円満な暮らしを楽しむ上において欠かせないものです。
声がもつ存在感や質感は、その人のイメージを大きく左右するような重大な役割を果たしています。
良い声を手に入れることによって、自分自身のイメージアップに繋がりますし、これからの人生においても一生役に立てることが出来ます。
ボイストレーニングをして、自分の声を向上させましょう。

良い声の出し方をするためには、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法をおこなうことが必要不可欠となってきます。
腹式呼吸を取得するための練習時間や感覚の得方は人それぞれによって変わってきますが、今から記すことを意識すればスムーズにこなせることでしょう。
腹式呼吸をする前に、一度深呼吸をしてみましょう。
呼吸をおこなうことで、人間の体は酸素を得て、リフレッシュすることが出来るのです。
同時に、リラックス効果も期待できるので、声を出す前には深く呼吸することを行なっておくことがおすすめです。
腹式呼吸を体に覚えさせる方法として、息をまず吐ききってから吸いましょう。
呼吸といいますと、どうしても息を吸うといったことが重視されてしまうことが多いです。
ですが、声を出すにあたっては、息を吐ききって、お腹に力を伝えることが求められるのです。
実際にお腹に手を当てて、息を吐いてみましょう。
少しお腹がへこむような感覚や、力が伝わる感覚を覚えられる方もいらっしゃることでしょう。
そして、息を吐ききると、人間の体は自然と息を吸おうとするので、特別意識せずとも新しい空気が肺にきます。
この動作で、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法は完了です。
しかし、実際に声を出すことと腹式呼吸をどう結び付ければ良いのでしょうか。
そこを考えてみましょう。
今度は、息を吐ききるときに声を出してみましょう。
すると、へその下のあたりに軽く力が加わり、パワーのある声を出すことが出来ます。
練習していくうちに、声量が増えていき、一度に吸うことの出来る呼吸の量が増えます。
腹式呼吸は、毎日継続して練習することが大事です。
仰向けに寝っころがって、お腹に手を当てながら声を出すという方法も、初心者にとって一番わかりやすいのでおすすめです。

Advertisements

ボイストレーニングには、無限大に広がる大きな可能性があります

従来、ボイストレーニングは、歌を上手く歌える様になる為の手段として一般的な認識がなされてきましたが、昨今では通常の話し声を含め、声質全体のよりよい改善が期待される事から、自分の声にコンプレックスを持つ人たちの悩みの解消にも、大いに役立っています。

ボイストレーニングのスタート前にストレッチを取り入れてみましょう。屈伸運動やマッサージなどで首回り、腹筋、背筋などの筋肉が温められ、解れる事で声が出やすくなる効果が期待出来ます。

基本的で大切な腹式呼吸を正しく行うためには、鼻から息を吸って、口から息を出すイメージです。空気のポンプに似た役割を持つ、おへその下、約5cmの所にある丹田はお腹周り全体が、息を吸うことによって膨らみ、吐くことによってへこむ腹式呼吸法が正しく行われているかを確認する重要なポイントになっています。

横隔膜をきちんと水平に下部に下げる事で、息の効果的な調整がスムーズに運びます。息の吸い過ぎは、胸式呼吸になり兼ねませんので、注意が必要です。

発音練習では最も軟弱と言われる、フォルセットを鍛える事から始まります。ホーの高い音で声を出し発音するやり方は、使い切れていない元々の音域を取り戻す目的で行われ、最終的には、チェストボイスとファルセットを、それぞれ明確に発声出来るようにします。これは、音痴の改善にも効果が期待されている練習法です。

次は裏声の発声の1つ、ヘッドボイス。声楽などの高い音域の歌を、又、ミドルボイス(ミックスボイス)はヘッドボイス同様、裏声の発声の仲間で、高い音域を力強く歌えるように訓練するやり方です。鮮明な言葉を目指す滑舌、発声の仕上げは、音階に沿って地声と裏声を即座に切り替える練習
となります。

それ以降はリップロールやタングトリルで、裏声に慣れる、高低の音のぶれの防止、正確な音の判断、喉を開いた状態での発声などの修得、更に腹式呼吸やビブラートの練習にも大いに役立つロングトーンは、同じ音を長く延長する為のトレーニングとなっています。発声時の立ち方や姿勢も、背筋をピンと伸ばし、腹式の正しい呼吸法で行いましょう。

毎日、自宅で出来る練習法には、声量アップに繋がるペットボトルを活用したもの、又、音程に効果が期待されるバケツを頭から被るやり方もお勧めです。日々の、少しずつでも繰り返し練習する積み重ねが返事や挨拶等に至るまで、全体的に聞き取り易く、周りに好印象を与えるなどの効果を、導き出してくれるのです。毎日、続けましょう。

ボイストレーニングの魅力は何と言っても、年齢や性別に関係なく、老若男女が誰でもいつからでも気軽に始められる、或いは参加出来る点にあるのではないでしょうか。先にも触れましたが、腹筋などの筋肉を強化する腹式呼吸は、腸の働きを促進する上、ダイエットや便秘などにも効果が期待されています。指導するボイストレーナーによって、大きくその方法が異なるボイストレーニング、大切なのは、自分がどんな目的で学ぶのかを明確にする事です。そうすれば、信頼に値する適切なトレーナーを見つけられ、学ぶ内容も自ずと決まってくるでしょう。ボイストレーニングの様々な効果が見直されてきた今、様々な分野で応用される無限大の可能性が広がりつつあります。

滑舌と響きで叶える歌唱力向上

歌を上手に歌えるということは多くの人々の憧れでもありますし、とても楽しいことでもあります。
自分が思った通りの音程を出すのみならず、声を使って多彩な表現をおこなうといったことは、とても奥が深いことでもあります。
歌唱力を身に付けるためには、滑舌を鍛えておくことも大切です。
歌は言葉でもありますし、他人をつき動かしたり感動させられるような歌声を出すためには、まずは歌詞を聞き取ってもらいたいものです。
滑舌が悪くても、毎日早口言葉のトレーニングを重ねたり、表側の歯と歯茎の間を舌で30回ほどグルグルするといった舌のエクササイズによって少しずつ改善していくことは出来ます。
滑舌の改善は、特別にボイストレーナーなどがいなくても行ないやすいものでありますし、短期間でも比較的上達の成果が見込みやすいものであります。
歌において、しっかりと滑舌を意識したい場合には、声を発する場所にちょっとしたポイントがあります。
普段何気なく喋るときよりも、後ろの方、すなわち口の奥の方で音を発することによってハキハキとした印象を与えることが出来ます。
口先だけの発音では深みやキレが生まれてきませんが、奥歯に近い位置から発音するイメージを持つことによって、大きくメリハリをつけることが出来るのでおすすめです。
一般的に、音をつくる地点は下の奥歯と上の奥歯の間が一番良いと言われています。
人によって個人差はあるかもしれませんが、ぜひ口先だけでの軽い発音にならないように意識しながら、聞き取りやすい歌声になるように工夫してみましょう。
しかし滑舌を意識しすぎることによって、力んでしまったり息の吐き方などがおかしくなってしまうケースがあります。
滑舌を良くするためには脱力も大切なので、ぜひ舌の裏側(鏡で確認するとわかりやすい)の力を抜いてリラックスさせておくと良いでしょう。
そして、腹式呼吸をおこない、喉を下げて歌いましょう。
喉を大きく開いて、鼻や眉間や胸など、全身を使って声を響かせます。
声を響かせる感覚は、練習を繰り返すことによって身に付きやすいです。
口の開き方や息の通し方によって少しずつ響きが変わってくるので、小さい声でいろいろな方法を試してみて、最善の策を見つけましょう。
歌を歌うにあたって、良い響きの声を出せるようになると、楽な力で大きな声量が出せるようになるので、効率的にパワフルな歌唱を楽しめるようになります。
幅広い声量を使い分けることは歌唱力における表現において非常に簡単に取り組めることですし、ぜひ腹式呼吸と良い響きでマックスの声量を高めておきましょう。

初心者のためのボイストレーニング方法

ボイストレーニングと聞くと、上級者の方やプロの方が行なっているような難しいものを想像するかもしれません。しかし、実際はそのようなことはありません。ボイストレーニングは、例えば歌を上達させたい人や、人の前で話す機会の多い人など、様々な人が様々な目的で行なっているので、初心者の方でも気軽に始めることができるものなのです。そこで、初心者の方がボイストレーニングを始めていくにはどうすればよいかということを、今知ってみてはいかがでしょうか。ボイストレーニングにも、様々なものがあるのです。
まず、ボイストレーニングには、ボイストレーニングスクール似通うような方法から自宅でも気軽に行うことができるような方法などがあります。まず初心者のかたは、自宅で出来る方法から学んでいくと良いでしょう。自宅で出来る方法として、まず姿勢を正すことを意識しましょう。キチントした姿勢を取らなければ、はっきりとした声というものも出ないものなのです。
まず姿勢を整えたあとは、呼吸法を意識してみましょう。呼吸法といってもあまり難しく考えることなく、少しずつお腹から息を吐いていくようにしていきましょう。そしてこのステップを通過したら、強弱をはっきりさせて吐くように心がけてください。できれば、このような基本的な方法は毎日少しでも行うようにしてください。基本を身につけることが、上達していくポイントとなるのです。
次に、音階を合わせていきましょう。これは自宅でするには難しいと思われるかもしれませんが、ピアノやキーボードがある場合には、音階に合わせて発声していくなどしていくとよいでしょう。これらが家にない場合には、好きな音楽を注意深く聴いてみましょう。それこそ 伴奏の音も逃さないような気持ちで聞いていくことが重要です。これに慣れたあとには、発声練習も同時に行なってみましょう。声に出すことによって、聴くだけの時よりも格段に効果を期待することができるのです。またこの際、楽しんで行うことが非常に重要です。楽しんで発声することによって、更に高い効果を得ることができるのです。
ボイストレーニングをすることによって、歌に自信がない方でも気軽にカラオケに行くこともできるようになりますし、もしプロを目指しているような場合であれば、ボイストレーニングで基礎を固めておくことは非常に重要で、欠かせないことであるといえるでしょう。興味のある方は、気軽に試してみてはいかがでしょうか。