Monthly Archives: November 2010

ボイストレーニングでいい声を手に入れましょう

“ボイストレーニングとは、もともとプロのミュージシャン、プロ志望のミュージシャンが、正しい呼吸法と発声法をトレーニングし、上手に歌を歌うためのものです。
しかし、最近は、正しい呼吸法、発声法をマスターしていい声を出すことは人にいい印象を与えることに繋がるなど、歌うこと以外にも広い可能性が期待され、ビジネスマンや、接客業、学生にもボイストレーニングを受ける人が増えています。

例えば、会社の社長。
社員に強いメッセージを伝えるために、言葉のパワーと同じくらい、声のパワーは重要です。
それが適切な言葉のメッセージだとしても、何を言っているかわかりにくいと、言葉はストレートに伝わりません。
明瞭で、かつ重みのある声で、伝えられるメッセージは、それが言葉がシンプルであっても、聞いている人の心にストレートに伝わります。
特に、権威を表すときは、声のイメージも大切です。

ビジネスマンのイメージも声ひとつで変わります。
いい声であいさつをするだけでいい印象を与えられますし、会議で意見を述べるときも、いい声で話せば、その意見が素晴らしいものに聞こえます。
電話でも明瞭な声で応対すれば、仕事のミスが減ります。
いい声は仕事のできる人を演出できる最強のアイテムです。

接客業はどうでしょうか。
サービスを受ける側の立場で考えてみましょう。
例えば、何を言っているかわからない人、不快な声の人に接客された場合、あまりいい気分にはなりません。
サービスの種類によって求められる声の質は違いますが、リラクゼーションを目的としたサービスを受ける場合は、特にリラックスできる声が求められます。
声は天性のものとの考え方もありますが、諦める必要はありません。
もともと癒し系ボイスを持っていない人でも、ボイストレーニングによって、地声を心地よい声にコントロールすることも可能です。

学生さんなら、入試の面接や、就職活動で、いい声を武器にすることができます。
声で快活な印象や、知的な印象を演出することも可能です。
履歴書の情報よりも、声のメッセージは非常に強いイメージとして残ります。

このように、声は、人に与える印象を左右し、仕事や進路、生活、人格までに影響します。
いい声を手に入れれば、いい人生が手に入る、成功しやすくなるのは間違いありません。
ボイストレーニングを、スキルアップの手段のひとつとして取り入れる企業も増えています。
いい声を手に入れるために、ボイストレーニングを始めてみませんか。

Advertisements

ボイストレーニングでビブラートをかける

ボイストレーニングというものですが、多くの方が注目しているのがビブラートです。
歌がうまくなる一つの存在がビブラートでもあるのです。
歌手の方などは特にそういったものを使いこなして歌を歌っています。
歌がうまく聞こえる一つの大きなコンテンツにもなっていますので、
しっかりと活用してみるべきでしょう。
ただし、独学では特に難しいです。
声が震えるように続けて出ていく感覚というものは難しいものです。

そこでビブラートを使いこなしていくようにボイストレーニングを行うのですが、
まず基本となってくるのが腹式呼吸です。
腹式呼吸をして声を出していかなければビブラートというものはかけていくことができません。
喉で作りだしていくものではなく、お腹から作り出されているものです。
また腹式呼吸をしっかりと出来なければ息が続かず、ビブラートも長持ちしません。
ちょっとした腹式呼吸ではなく、
長時間ビブラートが続くようなしっかりとした腹式呼吸ができるようにならなければいけないのです。

そして腹式呼吸にプラスしまして必要になってくるのが裏声です。
裏声を使いこなせるようになりますと、自然とビブラートを使えるようになります。
裏声ですが、キーの高い声を出せるようにしていきます。
普段使っていないキーの音ですので、練習をしていかなければ出せません。
定期的に高音を出す練習を繰り返しておきましょう。
そういった練習がビブラートを出すためには必要です。

またビブラートを出す感覚を自分に覚え込ませることも重要です。
その一つの方法としましては、
意識的にのどちんこ辺りを上げ下げしていくというものがあります。
これはそれほど難しいものではありませんので、
カラオケに行った時などにちょっと行ってみると良いでしょう。
そうしたら声が震えていくような感覚がつかめるはずです。
他にも、演歌というものを利用してみると良いでしょう。
演歌ではよく使われています。
しかも、ゆっくりとしたテンポですので、
ビブラートをイメージした声出しというものもできるようになります。
1人カラオケなどもいま流行っています。
そこで演歌などを1曲マスターしてビブラートの練習をしていくのもおすすめです。

また、ポップスでももちろんかまいません。
中にはかなりの頻度でビブラートを使っている曲も多いです。
そのような曲をまねして歌っていくのもよろしいです。
歌手の真似をすることで歌い方が身につくということも実際に多いからです。